空心菜とは何?栄養や代用品について分かりやすく紹介

代用・食品

中華料理によく使われる「空心菜」。

炒め物やスープ、サラダに入れることが多いですよね。シャキシャキとした食感が特徴で様々な料理に合います。

そんな空心菜ですが、スーパーなどの身近なお店では売っていないことも。わざわざ取寄せるのは大変なので、空心菜が切れている時は、他の食材で代用することができます。

今回は、「空心菜の代用品」をご紹介していきます。空心菜の栄養についても触れているので、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

■空心菜とは

「空心菜」とは、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜を指します。

茎の中が空洞になっているため、その特徴を捉えて、中国語で「空心菜(コンシンツァイ)」と名付けられたそうです。

クセがあまりないので、お子さんにも食べやすい野菜です。炒め物だけでなく、おひたしにも使えます。

空心菜は食感が特徴的です。シャキシャキとしていて、噛み応えがあります。満腹感も感じやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

■空心菜の栄養

空心菜は、緑黄色野菜に分類されます。ほうれん草と同じですね。

栄養価が高く、β-カロテンを多く含んでいます。免疫力の向上やアンチエイジング効果が期待できます。

他にも、鉄分や、葉酸、カルシウムなど健康に良い栄養素が詰まっています。

子供の成長や生活習慣予防の助けになってくれますよ。簡単に料理できるので、日々の食事にも取り入れやすいですね。

 

 

スポンサーリンク

■空心菜の代用品

空心菜は身近な野菜で代用することができます。ここでは、おすすめを5つ紹介していきます。

 

☆ほうれん草

先程も出てきた「ほうれん草」。空心菜と同様に栄養価が高く、代用品にもぴったりです。シャキシャキとした食感も似ています。

おひたしに使う場合は、下茹でをしてから使うのがおすすめです。

 

☆豆苗

「豆苗」はエンドウ豆の若葉になります。自宅でも育てることができるので、取り入れやすい野菜です。

ほんのりとした豆の香りと甘さが特徴です。空心菜とは味が少し違いますが、同じ緑黄色野菜なので、見た目は変わりません。

 

☆水菜

「水菜」もシャキシャキとした食感が特徴です。クセがないので、様々な料理に使うことができます。

空芯菜と比べると、少し細いので、量を多めに入れたり調節してみてくださいね。サラダやスープにも合います。

 

☆小松菜

茎の部分に歯ごたえを感じる「小松菜」も空心菜の代わりになります。こちらもクセのない野菜で、お子さんにも食べやすいです。

小松菜はえぐみの元であるシュウ酸が含まれていないので、健康にも問題なさそうです。炒め物やスープに取り入れることができますね。

 

☆チンゲン菜

チンゲン菜はよく中華料理に使われています。茎部分にしっかりとした歯ごたえがあるので、空心菜の代用にもおすすめです。

チンゲン菜は空心菜と比べると、サイズが大きいので、食べやすいサイズにカットして使うと良いです。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・空心菜はヒルガオ科サツマイモ属の野菜のことを指す。

・シャキシャキとした食感が特徴で、歯ごたえがある。

・β-カロテンを多く含んでいるため、免疫力の向上やアンチエイジング効果が期待できる。

・子供の成長や生活習慣予防の助けになってくれる野菜である。

・空心菜の代用品は以下のものがおすすめ。
【ほうれん草・豆苗・水菜・小松菜・チンゲン菜】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました