バニラビーンズとは?使い方や代用品を詳しく紹介

代用・食品

プリンやカスタード、ケーキやクッキーなどなど、バニラの風味を加えてくれるバニラビーンズは、スイーツ作りには欠かせませんよね。

 

ですが、高価なバニラビーンズは使うのも、買うのも少し躊躇しますよね。

 

代用できるものがあれば、そっちを使いたいと思うかたも多いと思います。

 

そこで、バニラビーンズの代わりになる代用品をご紹介します。

 

スポンサーリンク

バニラビーンズの使い方

バニラビーンズは値段が高騰し、勿体無い使い方には気をつけましょう。

・ビーンズの取り出し方
1.さやに包丁かハサミで縦に切れ目を入れる。

2.刃を使ってこそぐと、簡単に種を取ることができます。
バニラビーンズ/さやから種を取り出す方法

 

・残ったさやでバニラ香るバニラシュガー
1.フードプロセッサーにグラニュー糖とバニラビーンズのさやを入れて撹拌かくはん

2.ふるいにかけて大きな破片を取り除く
【お菓子作り】バニラシュガーの作り方

 

 

スポンサーリンク

バニラビーンズの代用4つ

・バニラエッセンス

バニラビーンズの代用品として最も一般的に使われるバニラエッセンスは、スーパーでも安く購入でき、ご家庭にあるのではないでしょうか。

使う頻度も高く、消費に困らないので代用品におすすめです。

 

・バニラリキュール

バニラリキュールはアルコールに天然のバニラビーンズを浸して、バニラの香りを移しているものが多く、自家製のバニラリキュールを作っている方もいます。

 

お菓子でリキュールを使うと大人な風味を加えてくれるので、リキュールがお好きな方は是非バニラリキュールを使ってみてください。

 

・バニラオイル

バニラオイルは油にバニラを浸して作られ、バニラエッセンスのように揮発きはつしないので、加熱しても香りが強く残るのが特徴です。

 

製品によって香りの強さに差があるため量の調節が必要ですが、代用品として問題なく使えます。

 

・バニラエキストラクト

日本では、バニラエッセンスがよく使われますが、欧米ではバニラビーンズの代わりにバニラエキストラクトがよく使われます。

 

バニラエッセンスと同じように、アルコールにバニラビーンズを浸して作られているので、使い方も変わらず代用品に向いています。

 

・紅茶

バニラ風味の紅茶もありますが、一般的なアールグレイやダージリン、アッサムは香りもよく、甘い香りがするので、代用品に向いています。

 

お好みの紅茶を使って風味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

・ブランデー、ラム酒

バニラの香りではなく、大人な甘い風味を加えてくれるブランデーやラム酒は、お菓子作りでもよく使う酒なので、ご家庭にある方も多いと思います。

身近な代用品として使えます。

 

・リキュール

お菓子で使うリキュールには色々な種類がありますが、中でもアマレットや卵黄を使用したクリーム状のリキュールはそれだけでカスタードの風味が楽しめたり、バニラの風味も加わっていることが多く、代用品に向いています。

 

・バニラアイス

元々バニラの香りやバニラビーンズを使用しているアイスは、気軽に手に入るので、代用品としておすすめです。

 

スイーツ作りでは卵、牛乳、砂糖を使うものが多く、バニラアイスを代用することで簡単にスイーツが作れるので、時短にもなりますのでアレンジして使ってみてください。

 

・トンカ豆

トンカ豆はクマリンと言う香り成分が多く、シナモンや桜の葉にも同じ成分が含まれ、甘いバニラのような香りで、スイーツの香り付けによく使われます。

 

あまりポピュラーなものではありませんが、代用品としておすすめです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

バニラの香りがある代用品のほとんどは、天然のバニラビーンズから香りを抽出したものなので、問題なく使用できます。

バニラビーンズよりも安く手に入れることができるので、バニラの香りをしっかり出せるので、お菓子作りも食べるのも楽しくなると思います。

代用品を使って色々なお菓子を作ってみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました