赤唐辛子の代用品はコレ!青唐辛子との違いもまとめました!

代用・食品

辛さを足すものとして赤唐辛子は世界でポピュラーなものです。

 

一方、青唐辛子は日本ではあまり使うことがなく、よく目にすると言えば、ピザにかけたりするハラペーニョくらいですよね。

 

辛味があまりなく赤唐辛子のタバスコの方が好きな方もいると思います。

ではなぜ、青唐辛子と赤唐辛子とでは違いがあるのか、そもそも何が違うのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

■青唐辛子と赤唐辛子の違い

イタリアンやメキシカン、エスニック料理、中華料理などなど、世界共通で唐辛子を使う料理はたくさんあり、唐辛子の種類も様々あります。

 

赤唐辛子も青唐辛子も料理によって使い分けたりしますが、一緒に使う場合もあります。では、何が違うのでしょうか、詳しくご説明します。

 

★見た目の違い

青唐辛子にはハラペーニョやインディアンペッパーなど、比較的日本でも目にするもので、タバスコ代わりに、辛味が少ないハラペーニョソースをかけることがありますが、熟成していくと、黄色、オレンジ、赤と色が徐々に変わり、熟してから収穫したものが赤唐辛子になります。

 

同じように色が変わるパプリカやピーマンも唐辛子と同じナス科で、イメージしやすいと思います。

★辛味の違い

赤唐辛子と青唐辛子の辛味は一般的に、熟成が進むほど辛味が強くなり、青唐辛子より赤唐辛子の方が辛いです。

さらに、加熱前後でも辛味が変化し、赤唐辛子は加熱すると辛くなり、青唐辛子は加熱すると辛くなくなるというのも特徴です。

スポンサーリンク

■赤唐辛子の代用

★一味唐辛子

ポピュラーな一味唐辛子は、ほとんどのお家に常備してあると思います。

好きな辛さにも調節でき、赤唐辛子を乾燥させて粉砕したのが一味なので代用品としておすすめです。

 

★粉唐辛子

韓国粉唐辛子とも言う粉唐辛子は、甘味が強く、他の赤唐辛子の調味料に比べて、辛味が少ないです。

量や色の割には辛くないなと思う方もいると思います。

あまり辛味を求めず、ピリ辛で唐辛子の旨味を足したい時におすすめです。

逆に刺激を求めて辛くする時に使うには、少し物足りなさが出るかもしれません。

 

★鷹の爪

日本料理やパスタ、中華など幅広い料理に使える鷹の爪は常備している方も多く、代用品におすすめです。

元々赤唐辛子を乾燥させたものなので、十分代用品として使用できます。

 

★豆板醤

酸味が少しありますが、加熱し他の料理に辛味を足す意味では全く気にならず、発酵調味料の旨味やコクが加わり、美味しく仕上げることができます。

 

★七味唐辛子

赤唐辛子ほど辛くなく、香りが特徴の七味ですが、どの家庭にあるものの一つではないでしょうか。

家にあるもので代用したいものを探している方におすすめです。

 

★柚子胡椒

さっぱりとした味わいの柚子胡椒は日本人にもお馴染みの調味料で、柚子胡椒の中には青唐辛子が含まれています。

料理によっては香りと胡椒の辛味がいいアクセントになります。

 

★レットペッパー、チリペッパー

カイエンペッパーとも言われている辛味の強いスパイスで、赤唐辛子を乾燥させ、粉状にしたものを言います。辛味を出したい、辛いのが好きな方におすすめです。

 

★ラー油

香ばしい香りが特徴がありいい風味を足してくれます。

料理によって合わない場合もあるかもしれませんが、少量で辛味が加わるので、量によっては気にならなくなります。

 

★スイートチリソース

甘味が強い調味料ですが、辛味を抑えられ甘味がコクになり、料理自体の味を変えないので、辛いのが苦手な方や、お子様がいる家庭では活躍します。

 

スポンサーリンク

■番外編:青唐辛子とししとうの見分け方

青唐辛子には様々な種類があり、ししとうも青唐辛子の一種で、甘唐辛子という種類に分類され、ピーマンやパプリカと同じ種類になります。

 

ししとうにも稀に辛味のあるものがありますが、ストレスがかかったり、辛味の遺伝子を持った花粉と受粉することで、辛いししとうになります。

 

見た目はあまり変わらず、種類によって形も様々なので一概には言えませんが、青唐辛子の方が細く長いです。

 

ししとうは日本でも見慣れている方多いと思いますが、比較的小ぶりでシワがあったり、ぼこぼこしていますが、新鮮な青唐辛子はししとうほどシワも凹凸もありません。

 

見慣れているししとうを基準に見てみると違いが分かりやすいです。

https://twitter.com/tama0702_drum/status/1165940596474699776?s=20

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

青唐辛子と赤唐辛子は加熱料理に使うか、非加熱料理に使うかで大きく違いが出てくる野菜なので、使い方次第で料理の幅が広がるのではないでしょうか。

赤唐辛子は身近なもので代用可能で、料理によく使うものばかりです。

色々な代用品ご紹介しましたが、ブレンドしてみてもいいと思いますので、チャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました