ポン酢しょうゆの代用品はコレ!作り方や使い方も合わせて紹介します

代用・調味料

お造りやお鍋にぴったりな「ポン酢しょうゆ」。よく似たものに「ポン酢」がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

また、ポン酢しょうゆがない時の代用品は何なのでしょうか。

今回は、ポン酢しょうゆの特徴と代用品について詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

ポン酢しょうゆとは

ポン酢しょうゆとは、「柑橘類の絞り汁にしょうゆを加えた調味料」のことを言います。

柑橘類の他、お酢やみりん、鰹節、昆布などの出汁が使われることもあります。ちなみに「ポン酢」という名称は、オランダ語の「pons」という柑橘系のカクテルの名前から来ていると言われていますよ。

よく似たものに「ポン酢」がありますが、ポン酢はレモンやカボス、柚子などの柑橘類の果汁に酢酸を加えたものです。

保存性が高いのが特徴ですよ。また、ご存知の方も多い「味ぽん」は、mizukan(ミツカン)の商品名です。こちらは、味付けポン酢の一種になります。

 

 

スポンサーリンク

ポン酢しょうゆを使う料理

ポン酢しょうゆは和食によく使われる調味料です。しゃぶしゃぶやお鍋料理を食べる際のタレとして活用されます。また、刺身や魚のたたき、焼き魚などにも使われていますよ。

さらに、冷やし中華や餃子のつけダレとして、アレンジすることも可能です。マヨネーズやソースと合わせてドレッシングを作っている方もいます。

 

 

スポンサーリンク

ポン酢しょうゆの代用に使えるもの

ポン酢しょうゆの代用は以下のものがおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

★ポン酢+しょうゆ

ポン酢としょうゆを組み合わせれば、代用することもできます。分量は、ポン酢大さじ1に対してしょうゆは大さじ1弱。ポン酢の方が少し多いイメージです。

ポン酢自体ない場合は、ポン酢も手作りしてみましょう。ポン酢は、柑橘類の果汁に酢酸を加えるだけで作れます。

 

★しょうゆ+お酢+レモン果汁+みりん

ポン酢しょうゆは柑橘類の果汁でできているので、自宅でも簡単に作れます。しょうゆ大さじ1・お酢大さじ1・レモン果汁3滴・みりん大さじ1を混ぜわせてみましょう。

手作りする場合は味見をしながら作ってくださいね。

 

★しょうゆ+お酢+ゆず果汁+みりん

レモンではなく、ゆず果汁でも代用できます。分量も同じなので、簡単にアレンジできます。柚子胡椒を混ぜる方もいらっしゃいますよ。

hana(@hanacoya1)さん | Twitter
hana (@hanacoya1)さんの最新ツイート 晴耕雨読の日々。 パソコンがお疲れ気味のため、ツイッターとツイキャスをしばらくお休みします。またよろしくお願いします。 お高い牛肉の町

ゆず風味のポン酢を使ってみてもいいですね。お好みで調節してください。

 

★しょうゆ+お酢+すだち果汁+みりん

すだちも柑橘系の果物なので、おすすめです。すだちを原料としているポン酢もあるので、ぜひ試してみてください。

サラダのドレッシングやさっぱりとしたお鍋に適していますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・ポン酢しょうゆとは「柑橘類の絞り汁にしょうゆを加えた調味料」のこと。

・ポン酢はレモンやカボス、柚子などの柑橘類の果汁に酢酸を加えたもののこと。

・ポン酢しょうゆは和食によく使われる調味料である。

・ポン酢しょうゆの代用に使えるものは以下の通り。
【ポン酢+しょうゆ・しょうゆ+お酢+レモン果汁+みりん・しょうゆ+お酢+ゆず果汁+みりん・しょうゆ+お酢+すだち果汁+みりん】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました