ふくさの代用品はこれ!急な結婚式や香典ではこれを使って代わりにしよう!

代用・生活

結婚式や葬式などで使う「ふくさ」。のし袋が汚れたり水引が崩れたりするのを防ぐことができます。

ふくさは相手を思いやる気持ちも表しているという意味も込められているため、マナー的にも必要不可欠なアイテムです。

しかし、家に「ふくさがない」という方はのし袋を他のもので包まなくてはなりません。

今回は、「ふくさの代用品」についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

そもそもふくさって?

先程もご紹介した通り、ふくさは結婚式でのご祝儀やお葬式での御香典を持ち歩く際に包むものです。

しわや水引が崩れるのを防ぐ他、相手と嬉しさや悲しさを共有するという気遣いを示すことができます。

ふくさは大きく分けて、包むタイプと挟むタイプがあります。

包むタイプは正方形の風呂敷タイプ、金具が付いた爪付きタイプ、台付きタイプです。挟むタイプは金封袱紗というもの。中に挟むだけなので、開閉が簡単で老若男女問わず人気を集めています。

 

正式な場面で一般的に使われるのは、風呂敷タイプです。使用後は小さく折り畳むことができるので、持ち運びにも便利ですよ。

 

 

スポンサーリンク

ふくさの包み方は?

ふくさの包み方は慶事と弔事では異なります。

慶事の場合はふくさを右開きにします。まず、ふくさを広げて四隅を上下左右の位置に置きひし形を作ります。

次に用意した金封を中央より少し左に置き、ふくさの左の隅を持ちながら内側に折ります。上側の端を下側に、下側の隅を上側に折り、最後に右の隅を折って余った部分で金封全体を包んで完成です。

 

弔事の場合はふくさを左開きにします。包む方法は同じですが、左右が逆になるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

ふくさに入っているものの渡し方は?

慣れていないと金封の渡し方も不安ですよね。ここでおさらいしておきましょう。

慶事でふくさを持参する場合は以下の手順を踏みます。

1. 自分から見て右側に開くようにふくさを持ち、開きます。

2. そのまま台の下に折り返し、左手で押さえます。

3. 続いて下側を開き、2と同様に再び台の下に折り返し、左手で押さえます。

4. 右手で金封を引き抜きます。

5. 180°時計回りに回転させ、文字を相手が読めるように状態にして渡します。

弔事の場合は、左右を置き換え、反時計回りにして渡しましょう。

 

 

スポンサーリンク

他にふくさのマナーは?

ふくさを選ぶ際は色や柄にも注目しましょう。

慶事には、暖色系の明るい色が適しています。代表的な色は、赤・オレンジ・えんじ・桃・ローズピンク・金などです。

一方で弔事の場合は紺や緑、グレーなどの寒色系で沈んだ色のふくさが適しています。

柄に関しては、慶弔どちらとも無地のふくさが良いとされています。慶次の場合は、多少柄が入っていても良いですが、お祝い事にふさわしい松竹梅や扇、亀甲といった縁起の良い柄を選んでください。

 

 

スポンサーリンク

ふくさの代用はこれで大丈夫

ふくさの代用は以下のアイテムがおすすめです。

ハンカチ

ふくさの代用は「ハンカチ」がおすすめです。ハンカチはビジネスシーンでも使われるため、応用が利きやすいアイテムですよ。

ハンカチをふくさの代わりにする場合は、新品か折り目のないきれいな状態で使うのが好ましいです。

 

 

ふろしき

昔はふろしきで荷物を運んでいました。こちらも代用可能です。ふくさの種類にも風呂敷タイプがありますよね。一つ持っておくと役立ちますよ。

サイズが大きいので、金封を包む時はなるべく小さめのものを選びましょう。

 

 

スカーフ

綺麗な柄であれば、「スカーフ」でも代用できます。慶事や弔事に相応しい色のスカーフを選んでくださいね。

終わった後も日常的に使うことができるので、用意しておくと役立ちます。

 

 

百均のふくさ

100円ショップにもふくさが売られています。シンプルな色合いで冠婚葬祭にぴったりです。気軽に入手できるのでおすすめです。

紫のふくさは、慶事・弔事どちらにも使えるので便利ですよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・ふくさは結婚式でのご祝儀やお葬式での御香典を持ち歩く際に包むためのもの。

・しわや水引が崩れるのを防ぐ他、相手と嬉しさや悲しさを共有するという気遣いを示すことができる。

・慶事はふくさを右開き、弔事は左開きに包む。

・慶事には暖色系の明るい色、弔事には寒色系の沈んだ色のふくさを選ぶ。

・紫のふくさは慶弔どちらにも使える。

・ふくさの代用は以下のアイテムがおすすめ。
【ハンカチ・ふろしき・スカーフ・百均のふくさ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました