グラニュー糖の代用品はコレ!!砂糖との違いも分かりやすくてまとめました

代用・調味料

お菓子作りには欠かせない「グラニュー糖」。

甘味料の中でもさっぱりとしているので、料理にも使いやすいです。

しかし、日本では砂糖というと上白糖を指すくらいグラニュー糖はメジャーではありません。

なので、常備していないというご家庭も多いのではないでしょうか?

使いたい時にわざわざ買いに行くのも大変です。

今回は、「グラニュー糖の代用品」についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

■グラニュー糖と砂糖の違い

そもそも「グラニュー糖」と「砂糖」は何が違うのでしょうか。

この2つの違いは、粒と味にあります。

グラニュー糖は、粒が大きくザラザラとしているのに対し、砂糖は粒が細くしっとりとしています。

甘さは砂糖の方が強く、コクがあります。

料理の味付けにも使えますよ。

グラニュー糖は、あっさりしているので、コーヒーや紅茶など飲み物に入れることが多いです。

また、グラニュー糖は焦げにくいので、焼き菓子に向いています。

 

スポンサーリンク

■グラムとカロリー

グラニュー糖は砂糖に比べ、カロリーも少なめです。

 

100g当たりわずか3kcalしかありません。

 

なので、砂糖と同じ甘さを出すためには、その分、量を増やさなければなりません。

ダイエット中などでカロリーを気にされる方は、「三温糖」を使うと良いです。

三温糖は、大さじ1で34kcalと砂糖の中でも低カロリーな甘味料です。

 

 

 

スポンサーリンク

■グラニュー糖代用

ここからは、グラニュー糖の代用品をご紹介していきます。ぜひご活用くださいね。

★砂糖

当然、砂糖はグラニュー糖の代用になります。

日本で主流な上白糖はしっかりとした甘さがあるので、入れ過ぎには注意が必要です。

また、グラニュー糖と違い焦げやすいです。

水に溶けにくいという特徴もあるので、何かに溶かす時はしっかり混ぜ合わせましょう。

お菓子作りの際は、ハンドミキサーを使っても良いですね。

 

★ザラメ

綿あめやお煎餅に使われる「ザラメ」もグラニュー糖の代わりとして使えます。

グラニュー糖よりも粒が大きく、高純度の砂糖で糖度が高い砂糖です。

クセがなく上品な甘味で和菓子に向いています。

ザラメの粒が残り過ぎないように、しっかり混ぜわせましょう。

 

★てんさい糖

てんさい糖とは、サトウダイコンから作られた甘味料になります。

サトウダイコンは、寒冷地で栽培されている野菜なので、身体を温めてくれる作用があります。

豊富なミネラルや天然のオリゴ糖も含まれていて、健康にも良いですよ。

色味が茶色なので、チョコレートやドリンクに使用するのがおすすめです。

 

★オリゴ糖

野菜や果物、牛乳に含まれている「オリゴ糖」。

カロリーは上白糖の半分と低カロリーです。

オリゴ糖は、大腸にそのまま届いてくれるので、腸内環境を整える効果も期待できます。

ほんのりとした優しい甘さでクセがないので、使い勝手も良いですよ。

健康志向の方におすすめです。

 

★フロストシュガー

フロストシュガーはヨーグルトに付いている甘味料です。

溶けやすく固まりにくいので、料理にも活用できます。

市販のヨーグルトを買った時に甘み足しとして付属されていますが、フロストシュガー単体でも売られています。

 

グラニュー糖と代わりに常備しておいても良いかもしれません。

 

グラニュー糖と同じで甘味を加えるのに使われるはちみつについての記事。こちらもどうぞ

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・グラニュー糖は粒が大きく、ザラザラしている。

・グラニュー糖は溶けやすく、溶けにくいため、お菓子作りに向いている。

・砂糖と同じ甘さを出すには、調節が必要。

・グラニュー糖は以下のもので代用できる。
【砂糖・ザラメ・てんさい糖・オリゴ糖・フロストシュガー】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました