白ワインビネガーの代用品はコレ!お酢やレモンを使った代替えを紹介

代用・調味料

サラダやマリネに使うと料理をワンランクアップさせてくれる「白ワインビネガー」。

フルーティな香りとさっぱりした味わいが美味しいですよね。

 

あまり使わない方のために白ワインビネガーの代わりにあるものは何かないのでしょうか?

そこで今回は、そんな困った時のための『白ワインビネガーの代用品』をご紹介します。

ぜひ参考にして、今日の料理をワンランクアップさせてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

白ワインビネガーとは?

そもそも白ワインビネガーとは何なのでしょうか?

白ワインビネガーとは、ぶどう果汁から造られる「食酢」のことです。

 

白ぶどうの果汁をアルコール発酵させた後、酢酸菌で発酵させると、酢に変わります。

レモンやリンゴのようなフルーティな香りが特徴で、味わいもさっぱりしています。

クセも少ないので、サラダやマリネ、カルパッチョなどに様々な料理に使うことができます。

 

ワインビネガーの種類には、白ワインビネガーの他に「赤ワインビネガー」「シャンパンビネガー」「シェリービネガー」があります。

原材料が違い、それぞれに香りや味に特徴があります。

 

 

スポンサーリンク

白ワインビネガー代用

お酢(果実酢)+白ワイン

白ワインビネガーと原材料が同じ白ワインと、お酢を合わせることで白ワインビネガーの代用品を作ることが出来ます。

お酢を果実酢(リンゴ・ざくろ・オレンジ)などに変えて使うのもありですね。

お酢は主なものに穀物酢と米酢がありますが、すっきりとして何にでも合う穀物酢がおすすめです。

 

加熱する場合は問題無いのですが、加熱しないで使う場合は混ぜるだけだとアルコールが残ってしまいます。

 

気にならない方は問題無いですが、アルコールが苦手な方は、一度鍋に入れて沸騰させてアルコールを抜きましょう。

 

レモン+白ワイン

レモンの爽やかな酸味と白ワインを混ぜても白ワインビネガーの代用品になります。

 

要は、酸味+白ワインでおおよそ白ワインビネガーの代用品を作ることが出来るのです。

 

レモン特有の酸味が入るので、普通の白ワインビネガーとはまた違った柑橘類の爽やかな酸味を楽しむことができます。

 

お酢+白ワインの時と同じように、アルコールが気になる方は、一度鍋に入れて沸騰させてくださいね。

 

赤ワインビネガー

先ほどご紹介した、ワインビネガーの仲間である赤ワインビネガーも白ワインビネガーの代わりとして使うことができます。

 

https://twitter.com/Tacco82108017/status/1289152290876604417

 

同じ酢として代わりにはなりますが、原材料が違うので味や香りは別物です。

 

別物として楽しむのであれば十分に代用品として活躍しますよ。

 

お酢+白ぶどうジュース

白ワインのアルコールが苦手な方におすすめなのが、お酢+白ぶどうジュースの組み合わせ。

白ワインビネガーのフルーティな香りと風味を白ぶどうジュースで、酸味をお酢で表現することで、より近いものを再現することができます。

 

白ワインの時のように、鍋に入れて沸騰させる必要が無いので手間もかかりません。

白ぶどうジュースが冷蔵庫のあるのであればおすすめの代用品です。

 

果実酢+白ワイン

果実酢とは、果汁を原料としたお酢のことです。

 

いろんな果汁で作られておりそれぞれ個性はありますが、どれもまろやかでフルーティな香りがあることが特徴です。

 

そのままでも十分白ワインビネガーの代用として使うことも可能なのですが、白ワインを加えることでより風味豊かになります。

 

お酢・レモンそのまま使う

白ワインビネガーを切らしている場合、お酢・レモンをそのまま使うというのもアリです。

 

もちろん白ワインビネガーのような風味にはなりませんが、いずれも料理をさっぱりとしてくれ、料理の質をワンランクアップさせてくれます。

 

最終手段ではありますが、別のものとして美味しくいただきましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・白ワインビネガーとは、ぶどう果汁から造られる「食酢」のこと

・ワインビネガーの仲間には原料違いで、「赤ワインビネガー」「シャンパンビネガー」「シェリービネガー」がある

・・白ワインビネガーの代用品には以下の6つがおすすめ
【お酢+白ワイン、レモン+白ワイン、赤ワインビネガー、お酢+白ぶどうジュース、果実酢+白ワイン、お酢・レモンそのまま使う】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました