トマトピューレの代用品はこれ!無くても大丈夫!これらを代わりに使う

代用・食品

「トマトピューレ」という食品を聞いたことがあるでしょうか?

パスタソースやミネストローネを作る際に使われるトマトですが、あまり馴染みがないため、常備しているご家庭は少ないかと思います。

今回は、「トマトピューレ」とは一体どんなものなのか解説していきます。

「トマトピューレの代用品」についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

■トマトピューレとは?

「トマトピューレ」とは、ひとことで言うと、トマトを煮込んで裏ごしした状態のことを言います。

基本的にトマトと水だけを煮込んで作ります。

裏ごしした後、さらに煮詰めて水分を飛ばしているので、トマトの味が凝縮されています。

 

しっかりとピュレされたものだけでなく、トマトの形をしたものもあるので、料理によって使い分けができますね。

パスタやミネストローネの他、カレーやシチューなどに加えたり使い道はたくさんあります。

 

 

 

スポンサーリンク

■トマトピューレの代用品

レシピに書いてあるトマトピューレがない時は、他のトマトでも代用できます。ここでは3つご紹介していきますね。

☆生のトマト

トマトピューレはトマトからできているので、もちろんトマトそのままを使っても良いです。

生トマトで調理する場合は、水分をしっかりと飛ばしてから使いましょう。

煮詰めてしまうので、思ったより量が少なくなることを予想して、分量は多めに入れておくのがベストです。

 

☆ケチャップ

ケチャップは、トマトピューレに砂糖、塩、酢などを混ぜて作られています。

様々な調味料が入っている分、味は濃くなってしまいます。

水で薄めるなどの対策はできますが、ケチャップで代用する場合は、料理そのものを薄味にして使うと良いです。

くれぐれも水を入れ過ぎて、水っぽくならないように注意しましょう。

 

☆トマトジュース

トマトを潰して裏ごしして、種や皮を取り除いて作った飲み物が「トマトジュース」になります。

煮詰めて使えば、トマトピューレの代わりにもなります。

食塩が入っているトマトジュースもあるので、味付けには注意が必要です。

水分が多いので、煮込み料理におすすめです。

 

★トマト缶・トマトペースト・トマトソース

この3つも代用でつかうことが可能です。

トマト缶・・・トマトを水煮したもの

(水分が入っているため味つけを加える必要があります)

トマトペースト・・・トマトピューレを濃縮させたもの

(トマトピューレをさらに濃縮しているため場合によっては薄めて使う必要がある)

トマトソース・・・生のトマトをにんにくやオリーブオイルで煮込んだもの

(ピューレと違いにんにく玉ねぎなどが入っている場合があるのでトマト以外のうま味がプラスされる)

これらも代用品として使うことはできますがない場合がほとんどだと思いますので参考までに書いておきますね。

 

☆ミートソース

場合によってはこちも代用として使うことは可能です。

おすすめはミネストローネなどのスープに使うと野菜と肉のうま味がプラスされいつもと違う一味が楽しめるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

■トマトピューレの作り方

トマトピューレは意外と簡単で自宅でも作れてしまいます。以下でレシピをご紹介しますね。

☆簡単に作るなら

トマト6個で2人分のトマトピューレができます。

1. トマトのヘタを取り、乱切りにしておきます。

2. トマトを鍋に入れ、水分を出すように30分ほど煮詰めます。

3. 煮詰まったら、裏ごしして、皮と種を取ります。

4. 裏ごししたものを鍋に戻し、中火で2/3くらいになるまで煮込みます。

5. トマトピューレを煮沸した瓶に入れます。

6. 瓶の蓋を開け15分、閉めて20分鍋で煮ます。

7. 取り出して、熱気が冷めたら冷蔵庫に入れて完成です。

4の際に、お好みで塩を入れると味が整いますよ。

 

☆プロ仕様の本格派レシピ

調味料を加えることによって、プロ並みのトマトピューレを作ることができます。

トマト1個に対して、

・ニンニク 1/2個(みじん切り)
・オリーブオイル 小さじ1杯
・塩 ひとつまみ

を用意しましょう。

トマトを煮詰める際に、調味料を追加しましょう。

煮過ぎないことがポイントです。

小さめのトマト1個でもピザ1枚分のトマトピューレが完成します。

 

☆ミニトマトでも作れる?

実はミニトマトでも、トマトピューレが作れます。

ミニトマトの場合はすべて半分に切って使います。

 

皮付きで煮詰めて良いので、手間がかかりません。オタマで潰しながら、煮詰めると良いです。

 

水は一切入れなくても作れますが、焦がさないように注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・トマトピューレとは、トマトを煮込んで裏ごししたもの。

・トマトの味が凝縮されているため、パスタやミネストローネ、ミートソースに使える。

・トマトピューレの代用は以下の3つがおすすめ。
【生のトマト・ケチャップ・トマトジュース】

・トマトがあれば、簡単にトマトピューレが作れる。

・調味料を加えることで、本格的な味が楽しめる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました