トマト缶の代用品はこれ!気になる保存方法についてもまとめました

代用・食品

パスタやイタリアンに使えるトマト缶。

様々な料理に使えますが、入っている量も多いため、一缶使い切るのに苦労することも。

今回は、トマト缶の保存方法を詳しく解説していきます。

 

トマト缶は他のトマトでも代用できるので、そちらも併せてご紹介していきますね。

 

 

 

スポンサーリンク

■使いかけのトマト缶保存と注意点

開封前のトマト缶は、缶詰なので常温で保存ができます。

しかし、一度開けてしまうと冷蔵庫や冷凍庫に入れておくのがベストです。

 

☆冷蔵保存の場合

使い切れなかったトマト缶を冷蔵庫で保存する場合は、タッパーや瓶に移しておきましょう。

缶のまま入れてしますよ、金属のニオイがトマトに移ってしまいます。

また、完全に密閉できていないため、腐りやすくなってしまいます。

 

☆冷凍保存の場合

冷凍保存する場合は、空気が入らないようにラップで密閉しましょう。

冷凍保存であれば、1ヶ月ほど保存ができます。

ジップロックなど小分けにしておくのもおすすめです。

 

☆食べられる期間の目安

冷蔵庫に入れていても、食べられる期間は2,3日です。

それ以上は冷凍しておくのが良いかと思います。

パスタや煮込み料理など様々なものに使えるので、使える時に一気に使ってしまいましょう。

 

 

スポンサーリンク

■トマト缶の代用品

ここからはトマト缶の代わりとなるトマトをご紹介していきます。トマトといえど、いろいろな製法があるので、知っておくと便利ですよ。

 

☆トマトジュース

トマト缶は開けたら、すぐに使わなければいけませんが、「トマトジュース」であればペットボトルなので冷蔵庫で保存することができます。

パスタにも合いますよ。トマト缶と同じ分量を入れれば良いので、作り方も簡単です。

食塩無添加のトマトジュースを使用するのがおすすめです。長めに煮詰めると、味とコクがしっかりと出てきますよ。

 

☆トマトピューレ

トマトの水煮を煮詰めたものが「トマトピューレ」になります。

トマトが3倍に濃縮されていて、味が濃いです。水やコンソメで薄めて使います。

煮込み料理の場合は、水をあまり使わなくていいので、調理時間も短縮されますよ。

ソースやスープに向いている代用品です。

 

☆生トマト

もちろん、生のトマトでも代用できます。

トマト缶と違い、添加物がないので体にも優しいですね。

売られているトマトは完熟前のものなので、ものによって味が違うかもしれません。

材料を選ぶ時は、なるべく完熟したトマトを選びましょう。

味を調節しながら、煮込んでいくと良いですね。

 

☆ケチャップ

最後に「ケチャップ」です。

ケチャップは調味料として作られているため、甘みが強く出てしまいます。

トマト缶に近づけるには、キャベツの芯や人参、玉ねぎ、長ねぎなどの野菜を使って、だし汁を作り、ケチャップを少しずつ入れながら煮詰めると良いです。

ミネストローネやミートソースもケチャップで作ることができます。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・トマト缶は一度開けたら、2,3日で使い切らなければならない。

・冷凍保存なら1ヶ月ほどもつ。

・缶のまま保存するのではなく、タッパーや瓶に移して保存する。

・トマト缶の代用品は以下の4つがおすすめ。
【トマトジュース・トマトピューレ・生トマト・ケチャップ】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました