たこ焼きソースとは?特徴や代用品を分かりやすく紹介

代用・食品

たこ焼きが名物の大阪は、たこ焼き器が一家に一台あるのが当たり前で、たこ焼きソースはポピュラーですよね。

 

最近はたこ焼き器を持っている家庭も増え、家族や友人でたこ焼きパーティーをする方も多いのではないでしょうか。

 

ですが出身地の違いで使うソースが違い、甘味が強いもの、辛味が強いもの、違いが大きく馴染みのないものだと違和感があり、食が進まなくなってしまうます。

 

でもお店に売ってなかった、何種類もソースいらない、買いに行くのも面倒だったりしますよね。

 

そんな時のために、たこ焼きソースがなくても代用品になるものご紹介します。

 

スポンサーリンク

何が違う?たこ焼きソースの特徴

たこ焼きソースはお好み焼きのソースをベースにアレンジして作られています。

 

お好み焼きのソースの代表としてオタフクソースがありますが、かなり甘味とが強く、粘度がありますが、たこ焼きソースは甘味も粘度もそこまで強くありません。

 

たこ焼きの生地は醤油や魚介出汁を使ったすまし汁で作られ、生地との相性がいいものにするためソースにも醤油が入っています。

 

生地に塩気があるのでソースがあまり絡まないように、粘度の低いソースになっています。

 

 

スポンサーリンク

たこ焼きソースの代用品4つ

・お好み焼きソース

たこ焼きソースはお好み焼きソースとよく似ていて、鰹や昆布などの和風だしやお肉の旨味も入ったソースで、大きな違いはなく代用品におすすめです。

 

お好みソースは甘味ととろみがあるので、醤油が多く入っているたこ焼きソースに近づけたい場合は、お好みで醤油を混ぜてアレンジしてみてください。

 

・とんかつソース

ソース自体はイギリス発祥のものですが、とんかつソースは日本独自のもので、粘度と甘みがあるソースになっています。

 

ソースの中では一番粘度と甘みが強いとんかつソースは、たこ焼きソースの粘度の高さと、まろやかな口当たりが似ているので、代用品としておすすめです。

 

・ウスターソース

甘味が強いソースに馴染みがない地域もあり、ウスターソースしか使っていないご家庭もあるともいます。

 

そういった場合はウスターソースでも十分代用品として使えます。

 

ご家庭にあるもので、馴染みのあるソースを使うことで、しっくりくる味に仕上げることができます。

 

・焼きそばソース

コショウや醤油が効いている焼きそばソースは、甘味が少なくスパイシー感が強いソースです。

 

ですが、日本人の口に合うように鰹などの魚介エキスが加えられ、たこ焼きのソースと似た原材料で作られているので、代用品として十分使えます。

 

なかなか使い道がなく、焼きそばソースが余っている場合は、代用品として使う価値がありますので、是非使ってみてください。

 

・中濃ソース

関東の方には馴染みがある中濃ソースは、常備している方も多く、たこ焼きパーティーでもたこ焼きパーティーでも中濃ソースを使う方が多いのではないでしょうか。

 

ごく一般的で馴染みのあるものなので代用品としておすすめです。

少し甘味のあるたこ焼きソースに近づけたい場合は、めんつゆを入れると出汁も加わり、より近いものになるので、試してみてください。

 

・焼肉のタレ

たこ焼きソースと似た粘度で、焼肉のタレが冷蔵庫に余っている方は代用品として使ってみてください。

 

たこ焼きソースは醤油が多く含まれるソースで、他にも野菜エキスや魚介エキスなど日本人に馴染みのある味付けになっています。

 

焼肉のタレもまた、同じ原材料を使っているので、たこ焼きソースの代わりに使えます。

 

 

スポンサーリンク

手作りもおすすめ!たこ焼きソース簡単レシピ

材料
醤油・・・大さじ1
ウスターソース・・・大さじ2
水・・・大さじ1
レモン汁・・・大さじ1
トマトケチャップ・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ4
たこ焼きソースの作り方

 

 

スポンサーリンク

まとめ

たこ焼きソースは基本的にソースがベースになり、醤油や鰹などの魚介エキスも含まれています。

代用品に使う粘度に合わせて、めんつゆを入れたり、粉末の鰹出汁を入れても美味しく仕上げることができます。

自家製のたこ焼きソースもご紹介しましたが、自宅にあるもので簡単に作れるので、そちらも是非参考にして作ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました