絞り袋での上手な絞り方や代用できるもの5つご紹介

代用・生活

ホイップクリームを絞る時に使う「絞り袋」。

デコレーションケーキを作る時に大活躍しますよね。

 

しかし、誕生日の時くらいしか使わないので、

「絞り袋をわざわざ買うのもなぁ…」

という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回この記事では、そんな困った時に役立つ『絞り袋の代用品』についてご紹介していきます。

 

また、上手な生クリームの絞り方も一緒に解説していきます。

 

この記事を読めば、絞り袋を持っていなくても生クリームでデコレーションをすることができます!

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

絞り袋の代用品5つ

ラップ

意外かもしれませんが、ラップを絞り袋の代わりに使うことができます。

言葉で説明しても伝わりにくいので、こちらの動画を参考にしてください!

ラップで簡単絞り袋

応用すれば口金をつけることも可能です。

 

 

ジップロック

お肉や野菜などを保存できるジップロックを使って絞り袋の代用品とすることも可能です。

 

ファスナーが付いているので密封でき、中身が飛び出してこないという特性を活かしたものです。

 

生クリームをジップロックに入れ、角の部分をハサミで好みの大きさに切ればOK。

中身をそのまま保存することもできますよ。

 

ビニール袋

ビニール袋を絞り袋の代わりに使うこともできます。

使い方はジップロックと同じです。

 

ビニール袋の場合ジップロックより柔らかいので、2枚重ねで使うと強度が上がり使いやすくなります。

 

 

ラッピング用の袋

ラッピング用のツルッとした袋も絞り袋の代用品になります。

使い方は他の袋と同じ。

大小さまざまあるので必要に応じて大きさを使い分けることができるのがいいところです。

 

 

マヨネーズの空き容器

マヨネーズの空き容器はクリームを絞るのにぴったりです。

 

あらかじめ星の形がついた容器もあるので、プロが絞ったのと同じように絞ることが簡単にできます。

 

マヨネーズやケチャップの容器が空いたら1つストックしておくと、いざという時に役に立ちますよ。

https://twitter.com/pomemoko916/status/1252528384472526855

 

 

スポンサーリンク

絞り袋の代用を使用する上で気をつけること

絞り袋の代用品を使う時の注意点は2点です。

 

1つは、中身が逆流しないようにすること。

代用品でクリームを絞る時、袋の上の部分をねじるか、親指に巻きつけて作業をするとクリームが逆流して飛び出して来ないようにすることができます。

 

 

もう1つは、きれいな状態で使用することです。

シュー生地など絞った後焼くものの時はそんなに気にしなくても大丈夫です。

 

ですが生クリームやバタークリームなどそのまま口に入れるものを絞る時は、しっかりアルコールなどで殺菌してから使うのが好ましいです。

 

特にマヨネーズの空き容器を使う場合、しっかり洗浄、殺菌して使うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

多種多様!生クリームの絞り方7つ紹介

星口金

ケーキのデコレーションや、クッキーなどの生地を絞り出す時に使います。

 

形をしっかり残すコツは、あまり押し付けないように絞ることです。

 

また、クリームの固さが柔らかすぎると星型が残りません。

少し固めにするときれいに絞ることができます。

 

 

丸口金

丸い形や、棒状に絞り出したい時に使う口金。

シュー生地やエクレア生地、デコレーションケーキに使うことが多いです。

 

丸い形に絞り出したい時のコツは、絞り袋を垂直に持ってゆっくり絞ること。

 

じわじわっと中心丸い形を作っていくイメージで絞っていくとうまく絞ることができます。

棒状に絞る時は天板に押し付けずに45度程度に傾けると、きれいに絞りやすいです。

 

 

葉っぱ口金

葉っぱの模様を絞り出すことができる口金です。

口金を前後に動かしながら絞ることで、葉っぱの形を作り出すことができる個性的な口金です。

 

口金が無い場合でも、絞り袋の先端をVの字に切ることで葉っぱ型に絞ることもできます。

 

 

バラ口金

バラの形や、フリルのような模様に絞ることができる口金です。

この口金には向きがあり、先の細い方を上にして絞ります。

 

ケーキの側面や、表面に絞ると豪華な印象のケーキを作ることができます。

 

 

サントノーレ口金

フランスの伝統的なお菓子「サントノーレ」のクリームを絞る時に使う口金。

先ほどのバラ口金の大きいバージョンです。

 

ケーキの上に絞るとかなりインパクトのある飾りを作りることができるのでおすすめです。

 

 

モンブラン口金

名前の通り、モンブランクリームを絞る時に使う口金です。

細い糸上のクリームを絞ることができます。

上の方から垂らすようのがきれいに絞るコツです。

使った後にきれいに洗浄しないと次使う時に詰まってしまうので、しっかり洗うようにしましょう。

 

 

シュークリーム口金

こちらも名前の通り、シュークリームに使う専用の口金です。

生地を絞るときではなく、シュー皮にクリームを詰める時に使います。

 

シュー皮の裏から口金を刺して、クリームを詰めることができます。

穴からクリームが飛び出してきたら、クリームがたくさん入っているサインです。

 

 

スポンサーリンク

生クリームの絞り方!絞り袋で上手に絞るコツ

クリームを袋に入れすぎない

クリームを袋に入れすぎると、絞る部分が大きくなってしまい絞りにくくなります。

 

また、絞る部分を手で触る時間が長くなってしまうので、生クリームが温まって傷んでしまう可能性もあります。

 

パンパンに入れずに、必要な分だけを少しずつ入れるようにしましょう。

 

 

絞りを正しく持つ

絞り袋には、絞りやすい正しい持ち方があります。

 

代用品を使うときと同じですが、絞り袋い上部は軽くねじるか親指に巻きつけ、利き手でしっかり包み込むように持ちましょう。

 

反対の手は下の方で添えるだけ。

つまんだり、握ったりする必要はありません。

 

 

クリームは絞る前にしっかり冷やす

クリームは温まってしまうとパサパサになって見た目、食感ともに悪くなってしまいます。

 

絞り出す時はどうしても手の熱に当たることになるので、パサパサになってしまいやすいです。

 

それを予防するために、クリームは絞る前にしっかりと冷やしてから使うようにすると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・絞り袋の代用品としておすすめなのは以下の5つ
【ラップ、ジップロック、ビニール袋、ラッピング用の袋、マヨネーズの空き容器】

・口金には多種多様あり、いろんな形に絞り出すことができる

・絞り袋で上手に絞るコツは、
【クリームを袋に入れすぎない、絞りを正しく持つ、クリームは絞る前にしっかり冷やす】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました