サラダ油大さじ一杯は何グラム?カロリーや糖質量もご紹介

豆知識

レシピなどで大さじ1とよく目にしますが、計るものによって重さが変わってきます。

水や砂糖、そして油はそれぞれ全く違った重さになるのですよ。

今回はサラダ油がどれくらいの重さで、カロリーはどれくらいなのかを中心に解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

■水より軽い?サラダ油大さじ一杯は何グラム?

大さじ1杯12gです。

水が大さじ1杯で15gなので、水よりも軽いといえますね。

サラダ油以外の油の場合、大さじ1はオリーブオイル18g、ごま油は12gくらいの重さです。さほど大きな差はないといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

■サラダ油大さじ一杯のカロリーと糖質量

100gあたり921kcalなので、大さじ1で計算すると110kcalくらいになります。

糖質量は「0(ゼロ)」です。

110kcalといえばご飯を軽めによそったものと、さほど変わらないカロリーです。

炒め物に使うときなどは大さじ1杯くらい簡単に使ってしまいますし、揚げ物の場合は比較にならないくらい大量の油を使います。

カロリーのことだけ考えると、ちょっと怖いですね。

 

 

スポンサーリンク

■サラダ油・ごま油・オリーブオイルそれぞれのカロリー差

どの油も100gあたり921kcalで、差はありません。

サラダ油のひとつでもある大豆油やコーン油、調合油も同じカロリーです。原料は違いますが、カロリーは同じであるため、いくら健康をうたっていても摂り過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

参考までに動物性油脂のラードや牛脂は、100gあたり940kcalと植物油脂より高めのカロリーです。

 

スポンサーリンク

■低カロリーサラダ油のメリット・デメリット

低カロリーサラダ油というものも店頭には並んでいますね。

実は低カロリーサラダ油、といってもサラダ油自体のカロリーは変わりません。

では、何が違うのかメリットとデメリットにわけて見ていきましょう。

<メリット>
・油が体に吸収されにくいためカロリーオフできる
・食品の油切れがいい
・口当たりが揚げ物の割にさっぱりしている

 

<デメリット>
・食べ過ぎると結果的にカロリーオーバーになる
・加工方法は変わらないので、加熱精製によって出てしまう有害成分が心配

 

 

■ヘルシーで低カロリーなサラダ油商品

揚げ物は大好きだけど、やっぱりカロリーが気になる!そんな人にはこのような商品はいかがでしょうか。

 

ヘルシーオフ(日清)

日清ヘルシーオフ/日清オイリオ
揚げ物のカロリーが気になる方に、天ぷらなどの揚げ物の吸油量を最大20%抑制したはじめての食用油です。しかもコレステロールゼロ。

フライなどの揚げ物をした際、食品への油分の吸収を最大20%もカットしたサラダ油です。カラッとした仕上がりが特徴で、コレステロールも0です。

 

 

ヘルシーリセッタ(日清)

ヘルシーリセッタ  日清オイリオ
日清オイリオグループのホームページです。健康オイル、食用油、 サラダ油、ごま油、オリーブオイルなど油に関する情報が満載!また、ヘルシーメニューや生活習慣病対策など健康に関する情報も満載です。

中鎖脂肪酸(MCT)を配合したサラダ油です。中鎖脂肪酸は体に吸収しづらい油で、脂肪をつきにくくするはたらきがあります。

消費者庁お墨付きの「特定保健用食品」でもあります。油の酸化をおさえる製法で作られています。

 

 

■まとめ

● サラダ油は大さじ1杯あたり12gの重量で、カロリーは約110kcal、糖質は0である
● 植物油脂のカロリーはどれも同じ
● 低カロリーサラダ油のカロリーは普通の食用油と変わらないが、体内への吸収率が違う
● カロリーが低いからといって摂り過ぎると、結果的にカロリーオーバーになる可能性もある

サラダ油以外にも植物性の油は見かけるようになりましたが、どれもカロリーが同じだとは知られていないのではないでしょうか。低カロリーをうたったものや、体にいいといわれている油も摂り過ぎると、結局はカロリーを簡単にオーバーしてしまいます。上手に適量使うことが大事ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました