片栗粉にダニは発生する?発生原因や片栗粉を使った掃除方法を紹介

豆知識

お好み焼き粉でアレルギーを発症した、という話題があったのをご存じですか?

しばらく放置していたお好み焼き粉にダニが繁殖して、知らずに食べた親子が重大なアレルギーを引き起こしてしまったというものでした。

粉は生鮮食品のように悪くならない印象がありますが、虫がわいてしまうことがあります。
片栗粉はどうなのでしょうか。

今回は片栗粉にダニは発生するのか、また片栗粉を使った掃除方法も合わせて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■片栗粉にダニは発生する?

片栗粉は小麦粉に比べて、ダニの発生は少ないといわれています。

しかしダニが繁殖しやすい温度に置いてあると、小さなすき間から袋に侵入することも。

片栗粉にダニが発生する原因は、2つあります。

・ダニが好む20~30℃の気温、60%以上の湿度の場所に置いてあること
・密閉状態を保っていないこと

この2つが主な原因です。

 

 

スポンサーリンク

■片栗粉にダニが発生しないための対策方法

ダニの発生を防ぐためには、いくつかポイントがあります。

・開封後は冷蔵庫で保管すること
冷蔵庫は温度が低く、ダニが繁殖しやすい温度を避けられます。
開封した後に冷蔵庫へ入れれば、安心できますね。

 

・密封容器を使う
袋をそのまま使い、輪ゴムで留めてあるだけだと少しのすき間をかいくぐって中にダニが入ってきます。

タッパーなどの密封容器や、ジッパー袋を2重にしてダニの侵入を防ぎましょう。

 

・開封前でも温かいところには置かない
まだ袋を開けていなくても、中には穴をあけて侵入する猛者もいます。温度や湿度が上がりにくいところに保管するようにしましょう。

冷蔵庫と室内の温度に差があるため結露することがあります。水分からカビが生えることもあるので、なるべく早めに出し入れするように心がけてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

■片栗粉は掃除に使える!どんな効果があるの?

片栗粉には液状のものと合わせると、トロトロになる性質があります。
液状のものを汚れに塗っても、流れてしまったら効果は出にくいですよね。
片栗粉で粘度を高めたものを汚れにつけておくと、洗浄成分が汚れにしっかり貼りついて効果を発揮できますよ。

 

スポンサーリンク

■効果あり!片栗粉を使った掃除方法

片栗粉自体には、洗剤のような汚れを落とすはたらきはありません。

カビや水垢を落とす成分に、とろみをつけて汚れに長い時間貼りつき、浸透させることで汚れ落としの効果を発揮するというものです。

片栗粉を使った代表的な掃除方法を紹介します。

 

片栗粉と漂白剤でカビを落とす
漂白剤やカビキラーといった洗剤はカビの部分に塗ることはできますが、放置時間のうちに流れてしまうのがネックです。
液だれしないように片栗粉と混ぜることで、長くその場にとどまってカビに無駄がなく薬剤を浸み込ませます。

 

片栗粉とクエン酸で水垢をおとす
クエン酸は水垢やカルキといった、カルシウムを落とす作用があります。

ポットの中のように長く水をためて置ける場所であれば問題はないですが、キッチンシンクの角などはそういうわけにはいきませんよね。

そんなときに片栗粉で粘度をつけたクエン酸でパックすると、水垢の白い模様がきれいになくなります。

カルキが固まりになっている部分も柔らかくなって、簡単にポロっと剥がれ落ちてくれますよ。

 

 

スポンサーリンク

■片栗粉×クエン酸で簡単!便利なクエン酸ジェルの作り方

<材料>
・クエン酸(粉末)・・・3g
・水・・・100ml
・片栗粉・・・10g
・鍋
・スプーン、や割りばしなど混ぜるもの
・ハケ(なくても可)

<作り方>
全てを鍋に入れて中火にかけます。
とろみが出てきたら完成です。

熱いとヤケドしてしまうので、少し冷まして人肌くらいになったらハケなどで汚れに塗りましょう。

 

 

スポンサーリンク

■片栗粉×キッチンハイター!お掃除ジェルの作り方

台所のシンクの隅が黒ずんでしまうことがありますよね。あれは黒カビです。

キッチンシンクのような丸い面があっても、片栗粉とキッチンハイターがあればしっかりカビがおとせますよ。

<用意するもの>
・片栗粉
・キッチンハイター
・割りばしのような混ぜるもの
・混ぜ合わせるときに使う容器
・ハケ(なくても大丈夫です)

<作り方>
容器の中に片栗粉:キッチンハイター=1:1を入れて混ぜてペースト状にします。
それをハケで塗れば完成です。
白いカルキの固まりが黒くカビてしまっても、これで落とせますよ。
片栗粉とキッチンハイターは「カビ」を落とすためだけのものです。
白いカルキ部分をきれいにしたいときは、上の章で紹介したクエン酸ジェルできれいになります。
一度に両方使うと有毒ガスが出てしまうので、片方ずつ時間を空けてから行うようにしてください。
スポンサーリンク

■まとめ

● 片栗粉にもダニは発生する
● ダニの発生を防ぐために冷蔵庫に入れて密封容器で保管するのが望ましい
● 片栗粉とクエン酸で水垢やカルキのかたまりが落とせる
● 片栗粉とキッチンハイターでシンクの黒カビに効果がある

いつも食べている片栗粉にダニが入っていたら怖いですよね。

温度と湿度に気をつけて保管するようにしましょう。

掃除に便利な使い方も紹介しました。カビと水垢の汚れは落とせる成分が違いますので、うまく使い分けてきれいにしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました