オリーブオイルは犬猫が食べても大丈夫?効果や使い方などもご紹介

スポンサーリンク
豆知識

料理はもちろん、赤ちゃんにも使える便利なオリーブオイルは、人間だけでなくペットの犬や猫にもメリットがたくさんあります。

とはいっても、どんな使い方をしていいのか、食べさせても大丈夫なのか不安ですよね。

そんな方のために、犬や猫に与える効果や、使い方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■オリーブオイルは犬猫が食べても大丈夫?

オーガニックのオリーブオイルは犬猫が食べても大丈夫です。

それどころか、犬猫の健康にとっていいことがたくさんあります。

キャットフードやドックフードにもオリーブオイルを加えてあるものが多く、獣医さんも進める犬猫が食べても安全な食品です。

 

 

スポンサーリンク

■犬猫に与えてもいいオリーブオイルの使い方や効果

★柔らかぷにぷに!肉球マッサージ

乾燥しやすい肉球は、オリーブオイルを付けてマッサージしてあげましょう。オリーブオイルは保湿力が高く、固くなった肉球も柔らかくなります。

 

 

★ツヤツヤふんわり!毛肌のお手入れ

ペットフードではなかなか補えないポリフェノールやビタミンが豊富に含まれているため、毛艶を保ち、皮膚のアンチエイジングにもなります。

食事に混ぜたり、そのまま毛に馴染ませてあげるのもおすすめです。

 

 

★便秘改善!毛球症にも

食事に加えても便秘改善効果がありますが、嫌がる場合、綿棒にオリーブオイルを染み込ませて肛門を刺激すると、腸が活性化され便秘改善になります。

猫は特に、毛玉をうまく排出できず、毛球症になりやすいので、獣医さんも進める方法です。

 

 

★素早いエネルギー源

犬猫の体は筋肉が非常に重要です。オリーブオイルを摂取することで、筋肉の分解を防ぎ、タンパク質の摂取効率を高めてくれます。

食欲のない犬猫もカロリーを補えるので、うまく活用しましょう。

 

 

★耳の感染症予防

耳の肌に沿って数滴オリーブオイルを垂らします。

その後、オリーブオイルを染み込ませた綿棒で、耳の中をくるくる優しく撫でます。耳の中が綺麗になり、オリーブオイルが抗菌作用の役割をしてくれます。

 

 

スポンサーリンク

■犬猫にオリーブオイルを使う時の注意点

猫は特にアレルギーが多いので、いきなり多めのオリーブオイルを与えないようにしましょう。

少量のオリーブオイルを舐めさせて、下痢や皮膚の痒み、元気がなくなったりした場合は、獣医に相談しましょう。

そして、犬の場合は、便秘になることがほとんどないため、下痢や軟便になりやすく、体調を見て調節しましょう。

 

 

スポンサーリンク

■犬猫にオリーブオイルを食べさせる1日の目安量

オリーブオイルは脂質で、犬猫にとっても大事な栄養素ですが、与えすぎは消費カロリーオーバーになります。

犬は犬種よって体型に大きな差があるので、犬猫の体重5kgにつき1日ティースプーン1~2杯が目安です。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

犬猫でも人間と同じように健康効果があり、獣医に進められ、実際に使用している飼い主さんも多くいらっしゃいます。

オリーブオイルを嫌ったり、アレルギーが出る場合があるので、ご紹介した注意点を含めて様子を見ながら使いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました