ベビーパウダーの使い方や効果と代用品をまとめて紹介します

代用・生活

ベビーパウダーというと赤ちゃんがお風呂上りにつけるもの、という印象がありますが実は大人でも使える便利なアイテムなんです。
汗を抑える効果は何となくわかりますが、ほかにどういった使い方があるのでしょうか。
今回はそんなベビーパウダーの使い方や効果、代用品についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

ベビーパウダーは何からできている?

ベビーパウダーは「コーンスターチ」「タルク」からできています。
コーンスターチはとうもろこしからとれるデンプンで、食用のものはお菓子のとろみをつけるために使われます。片栗粉のような粉状で、水分量を調整できる作用があります。
タルクは滑石(かっせき)という天然の鉱物を削ったもので、肌へピッタリとつけることができる作用があります。ベビーパウダー以外にもファンデーションや口紅といった化粧品などに含まれることが多いです。

 

 

スポンサーリンク

ベビーパウダーの使い方

もともとは汗をかきやすい赤ちゃんの、あせもや股ずれを防ぐために使うものですが、赤ちゃんだけではなく、大人も使えます。

制汗剤の代わりに汗をかきやすいところにつけることで、サラッとした感触を保つことができ、メイクの時には顔に使うことで皮脂を吸着して化粧崩れを防ぐことができます。

メイク道具を洗うのは面倒という人もベビーパウダーを使えば、簡単に掃除できます。メイク道具にまぶしてなじませてから、粉を払うと汚れを落とすことができるので簡単ですよね。

 

 

スポンサーリンク

ベビーパウダーを使う時のポイント

つけすぎないようにすることがポイントです。パフを使うときは、よく揉みこんでやさしくポンポンとのせていくか、サッとなでるようにしましょう。

パフにたくさんつけて大きくたたくと、つけすぎてしまうばかりでなく、粉が舞って吸い込んでしまうこともあるので、注意が必要です。

また、つけすぎたり濡れた肌に使うと、毛穴をふさいでしまい肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
パフを使うことに不安がある場合は、大きめのメイクブラシをつかってサッとなでるのがおすすめです。
色が白いため、のせすぎると白浮きしてしまうこともあります。「ついているかな?」くらいの量を心がけましょうね。

 

 

スポンサーリンク

固形のベビーパウダーもある?

粉状のものがポピュラーですが、固形のものもあります。
粉飛びしないのがメリットですが、広範囲につけるのは少し大変なため、顔や赤ちゃんの体のように小さい部分につけるのがおすすめです。
出先で使いたいときには、粉がこぼれる心配がないので便利ですね。

 

 

ベビーパウダーの効果は?

コーンスターチによる水分量の調整で、顔のテカリや脂浮きを抑えるはたらきがあります。肌が荒れているときなど、ファンデーションを塗りたくない場合に使うことで、肌の負担を少なくしながら毛穴をカバーできるといった効果も期待できますよ。

ニキビの薬を塗っているときも、その上にのせることによってテカリをおさえてくれるのもうれしいポイントですね。

肌のみならず、汗や雨の日の湿気でペチャンコになってしまった前髪につけることで、普段のスタイルに戻すこともできるんですよ。

 

 

ベビーパウダーの代用はこれ

いつも使っているけど、うっかり切らしてしまった!今日は化粧崩れさせたくないから、ベビーパウダーを使いたいけどない!そんなときは代用品を使うこともできますよ。

☆ コーンスターチ

お菓子作りのために家にある人もいるかもしれませんね。コーンスターチはベビーパウダーの原料でもあるので、そのまま使えます。

 

☆ 片栗粉

片栗粉はじゃがいものデンプンを粉にしたものです。水分を吸収してくれるので、汗をかいた後に肌がすれて痛いようなときにも使えます。付け方によっては白色が残ってしまうので、洋服につかないような場所か、目立たない部分につけるようにしましょう。

 

☆ 米粉

米を細かく粉状にしたものです。米の成分として含まれるセラミドは水分の保持効果があるため、一般の化粧品に使われていることもあります。サラッとした感触ですが、乾燥肌の人に向いている粉です。

 

☆ 葛粉

葛のデンプンからできた粉です。葛粉は化粧品に含まれることもあり、顔に使っても問題ありません。しかし、純度100%の葛粉はほとんど出回っていないことが多く、あったとしても高価なものです。あまりコストパフォーマンスがいいとはいえないですが、食用のものを使う際は細かく砕いてから使うようにしましょう。

 

☆ タピオカ粉

キャッサバという芋からとれるデンプンを粉にしたものがタピオカ粉です。上で紹介した代用品と同じく、植物からとれる粉です。葛粉と同じように化粧品に配合されていることもあります。

 

☆ メイクキープスプレー

化粧の上から使うことで、皮脂による化粧崩れを防いでくれるスプレーです。制汗剤のようなサラッとした使い心地のものもあるため代用できます。中にはアルコールが含まれているものもあるため、肌が敏感な人は気をつけるようにしましょう。

 

☆ シルクパウダー

絹を作る過程で出る、フィブロインという成分を使ってできたパウダーです。ミネラルコスメなどで使われていたり、フェイスパウダーとして売られています。この成分は肌なじみがよく、天然保湿成分があることから乾燥が気になる人にもおすすめのパウダーです。

 

 

nまとめ

ベビーパウダーのことがおわかりいただけたでしょうか。
● 皮脂や汗を吸収してサラッとした状態を保てるパウダー
● 化粧直しや化粧の前に使うと、長持ちさせることができる
● 顔以外にも髪に使うことができる
● 使うときは「薄く」つけるようにする

ベビーパウダーは肌にやさしいからといって、そのままにしておくのはよくありません。毛穴のつまりといったトラブルを引き起こしてしまう場合もあるので、1日の最後にはメイク落としでしっかり落とすようにしましょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました