ネックピローの使い方は?家で使う方法や代用品を3つまとめて紹介

代用・生活

飛行機やバスなどを利用する際にあると便利な「ネックピロー」。

旅行時や、出張時に持っていこうと思っていたのに、「持ってくるの忘れちゃった…」なんてこともあるはず。

そこで今回はそんな困った時に役立つ「ネックピローの代用品」をご紹介していきます。

是非参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

■ネックピローの使い方とは?効果的な使い方もご紹介

ネックピローの使い方はとてもシンプル。形の出来上がっているものであればスポッと首にはめるだけです。
空気を入れるタイプのものは、使う前に膨らませる必要があります。好みの固さに調節して首に当てるようにしましょう。

ネックピローは移動時に枕のように使うのが一般的ですが、リモートワーク時の首のサポートにも使うことができます。

パソコンに向かう姿勢を長くとっていると首が痛くなってきますよね。そんな時ネックピローを装着すれば、頭の重さを支えてくれるので楽に作業できるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

■ネックピローの代用品

★厚手のマフラー

今が冬であれば、マフラーを着けている人も多いはず。マフラーをネックピローの代わりに使うのはいかがでしょうか。
薄手のマフラーは厚みが足りず役割を果たせないので、使うのであれば厚手のマフラーがおすすめです。

マフラーはもともと首に巻くものなので肌触りも良く、違和感を感じることなく巻けるのでおすすめです。

厚みが足りなければタオル等を使って厚みをもたせるといいでしょう。

 

★ひざ掛け

今乗っている飛行機やバスに、ひざ掛けが準備されていませんか?
ひざ掛けは厚みのあるしっかりとしたものが多いので、ネックピローの代用品にぴったりです。

しかし、ひざ掛けをネックピローにしてしまうと足が冷えてしまいます。ひざ掛けが複数枚ある場合におすすめの方法です。

 

★タオル

夏であれば、汗拭き用にかばんの中にタオルが入っていませんか?ネックピローとして使うことができますよ。

くるくるっと丸めて、首に当てるだけなので簡単に準備できます。

 

 

 

スポンサーリンク

■簡単!ネックピローをタオルで自作する方法

ネックピローはわざわざ買わなくても、タオルを使えば簡単に作ることができますよ。

タオルを4つ折りにして首の幅程度にします。(短ければ3つ折りにしてください)これを輪ゴムで止めれば自作ネックピローの完成です。

「これでは格好悪い」という方はお気に入りの布で袋を作って入れるとおしゃれになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

■ネックピローを家で使う!おすすめの使い道を3つ紹介

★仮眠用のまくら

「ちょっと仮眠」という時にもネックピローが役立ちます。椅子に座りながらの仮眠にももちろん使えますが、机でもソファでも枕代わりに使うことができるので便利です。

 

★エリザベスカラーの代用

エリザベスカラーとは傷を舐めないように病院で処方してもらえる首回りのガード板のことです。
ネックピローをエリザベスカラー代わりに使うこともできますが、ペットによっては嫌がってしまうかもしれません。

 

★座っているときの腰のサポート

座った時にできる腰と椅子の隙間にネックピローを挟むことで、腰の負担を軽減してくれます。
リモートワークが増えてきて「腰がしんどい…」という方におすすめです。

 

 

■大人気!ネックピローのおすすめ商品を2つ紹介

★自由に曲げられるネックピロー(GUAPO)

バスや飛行機でネックピローを使っていると「後少し形が変わればいいのに…」という悩みが出てくることもあるはず。

GUAPOの自由に曲げられるネックピローなら、名前の通り形を自由に変えることができるので、欲しいところに枕を持ってこれます。これならどこでも心地良く眠れそうですね。

今のネックピローに満足できていない方におすすめ。

 

★ヨックネール トラベルピロー

首にはめるのではなく、置いて使うタイプのネックピロー。

両端が厚めで真ん中が薄くなっているため、頭をしっかりホールドしてくれます。おかげで移動中でも熟睡できます。

「首にはめるタイプはちょっと苦手…」という方は試してみる価値がある商品です。

 

 

 

 

■まとめ

・ネックピローの使い方は、形の出来上がっているものであればスポッと首にはめるだけ

・パソコンの作業時に使うと頭の重さを支えてくれるので楽に作業できるようになる

・ネックピローの代用になるものは以下の3つ
【厚手のマフラー、ひざ掛け、タオル】

・ネックピローを家で使う時のおすすめの使い道は以下の3つ
【仮眠用のまくら、エリザベスカラーの代用、座っているときの腰のサポート】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました