UVレジン液とは?成分や種類を初心者にも分かりやすく紹介

豆知識

透明感があって手軽にかわいいアクセサリーや小物などが作れ、ハンドメイドの材料として人気の高いUVレジン液。

メディアでも色々と紹介され、UVレジンを使ってオリジナルの作品を作りたいと思う方も増えています。

そんなUVレジンとはどんなものなのか、成分や種類をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■UVレジン液とは?含まれる成分について

UVレジンは、樹木から分泌される粘液が固まった樹脂で、透明な液体をしています。

最近は豊富なカラーの商品も販売され、自分で好みの色にすることも可能です。

型に入れたり小物に塗り、色々なパーツで装飾したら仕上にUVレジン液を紫外線に当てることで、UVレジン液が紫外線に反応して硬化します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

■UVレジン液の固め方

紫外線硬化樹脂とも言われるUVレジンは、名前の通り紫外線によって固まります。

硬化時間は厚みにもよりますが、天気がいい日に紫外線にあてれば約30分~1時間で固まり、速乾タイプも販売されています。

また、紫外線照射器やUVライトを使うと大幅に硬化時間を短縮でき、約1~2分ほどで固めることができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

■UVレジン液の種類をそれぞれ解説

UVレジン

UVレジンは紫外線やUVライトで固まる樹脂でできた液体です。

晴れた日に太陽光n当てれば、30~1時間ほどで固まります。

専用のUVランプを使用すると、硬化時間はレジン液の種類によって多少前後しますが、1~2分で硬化します。厚みがあるものは約4~5分で固めることができます。

 

 

 

 UV-LEDレジン液

UVレジンよりも早く固まるUV-LEDレジン液も人気があります。

使い方はUVレジンとほとんど違いはなく、UVランプを使って硬化させることができますが、UV-LEDランプを使用すると30秒~1分、厚みがあっても2~3分ほどで固まります。

 

 

 

スポンサーリンク

■UVレジン液の使い方の注意点

UVレジン液に触れると人によってかぶれることがあるので、肌に直接触れないように注意しましょう。

さらに、UVレジン液は硬化させると、わずかながらガスが発生します。

人体に影響がないレベルですが、臭いがこもると一層臭いも強くなり、具合が悪くなる場合があるります。長時間の作業や硬化させている時はこまめに換気しましょう。

 

 

 

■まとめ

UVレジンは材料が少なく完成まで時間もかからないので、簡単にハンドメイドが楽しめます。

レジン液やライトなどは100円ショップや身近な手芸用品店で販売されているので、初心者の方でも気軽に始められるので、ぜひオリジナルの作品を作ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました