レモンオリーブオイルの効果とは?作り方やおすすめの使い方も紹介

スポンサーリンク
豆知識

オイルブームの先駆けとなったオリーブオイルは、美容や健康にいいことで知られ、多くの方が使用していますが、時代と共に様々なオイルが登場してきています。

その中でも今注目されているレモンオリーブオイルは、オリーブオイルよりもたくさんのメリットがあり、話題になっています。

そんなレモンオリーブオイルにはどんな効果があるのか、作り方やおすすめの使い方も一緒にご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■レモンオリーブオイルで得られる効果

★肝機能を高める

食生活の乱れやストレスを感じると、肝臓が疲れやすくなってしまい、体の中を毒素が巡回し続けます。

オリーブオイルとレモンには解毒作用があり、血液を綺麗にする肝機能の手助けをしてくれるので、疲れやすかったり疲れが取れない体には効果的です。

 

 

★アンチエイジング効果

抗酸化作用があるオリーブオイルとレモンには、ビタミンが豊富に含まれています。

髪や肌、爪など体の隅々の細胞を活性化し、豊富な栄養を行き渡らせることができるため、綺麗な状態を維持してくれます。

 

 

★ダイエット効果

オリーブオイルには血糖値やコレステロールを下げる働きがあり、ダイエット効果が期待できることは有名です。

レモンにも同様の働きがある他、代謝に関わる胆のうや肝臓の機能を高めるため、脂肪燃焼効果があると言われています。

 

 

★便秘解消効果

レモンと言えば独特の酸っぱさをもつクエン酸という成分が有名ですね。

クエン酸は腸を刺激する作用があります。

オリーブオイルは腸の中で潤滑剤としての役割があり、レモンと組み合わせることで、便秘解消効果が期待できます。

 

 

スポンサーリンク

■万能調味料!レモンオリーブオイルの作り方

レモンをよく洗い、キッチンペーパーでよく水気を拭いた後、なるべく白いワタの部分を避けて皮を剥きます。

煮沸消毒した保存容器に皮とオリーブオイルを入れ、2日間寝かせて完成です。

オリーブオイル250mlに対し、レモン2個分の皮を漬けるのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■レモンオリーブオイルのおすすめの使い方

★ドレッシング

レモンオリーブオイルだけでドレッシングとして十分使えるため、お好きな野菜にかければ美味しく召し上がれます。

お好みで塩を加えたり、減塩や糖質などを気にしている方におすすめの使い方です。

 

 

★炒め物や和え物

油っぽさがないオリーブオイルと、酸味の効いたレモンがアクセントになり、イタリアンとエスニックの中間のような味わいに仕上がります。さっぱりしたい夏場には重宝します。

 

 

★バケットやトースト

レモンオリーブをシンプルに味わえる使い方は、バケットと組み合わせることです。

レモンの香りが鼻に抜けて、ちょっとおしゃれな気分が味わえます。お好みでチーズなどを乗せるのもおすすめです。

 

 

★フルーツヨーグルトやアイスクリーム

整腸作用のあるヨーグルトにかければより便秘解消効果が期待でき、お好みでフルーツを乗せれば、栄養豊富な逸品になります。

調理の手間がないので、朝食や食後のデザートに合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

★肉や魚料理

臭みのある魚は特に、レモンオリーブオイルがピッタリです。

オリーブオイルには臭み消しの効果があり、レモンの風味も加わるため臭みが気にならず、おしゃれなイタリアン風の味わいになります。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

レモンもオリーブオイルも美容やダイエット、健康にいい食材で有名ですが、組み合わせることによって、より高い効果が期待できます。

レモンオリーブオイルは料理に使いやすく、オリーブオイルの癖が苦手な方も使用できます。

作り方も簡単なので、ご紹介したレシピを参考に、レモンオリーブオイルを作って、食事に取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました