ウロコ取りの飛び散らない方法やおすすめの代用品を11選まるっと紹介

代用・生活

魚料理は日本人にとって馴染み深く、定番の焼き魚や刺身から煮つけや揚げ物など色々な魚料理が食卓に並ぶと思います。魚を自分で捌く方も多く、自宅でウロコを取ると飛び散りが気になりますよね。

そもそもウロコ取りなんて持ってないし、下処理として必要なのかと思ってしまいます。
そこで、ウロコ取りの代用品や飛び散らない方法、ウロコを取らなくていいレシピもご一緒にご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■ウロコがウロコ取りで飛び散らない方法とは?

★ビール袋に入れる

【60代一人もん料理】鯛の捌き方-其の壱「台所が汚れない!ウロコの取り方(かき方)」

袋の中で作業することで、ウロコが飛び散るのを防ぎます。そのままゴミに捨てられるので、片付けも楽になります。魚のサイズや作業のしやすさが変わってくるので、なるべく大き目の袋がおすすめです。

 

★ラップを流し台に被せる

【掃除が簡単】キッチンバサミで下処理する方法!!ウロコ飛び防止の方法も紹介!!イサキの塩焼きが旨い

流し台にラップを被せて飛び散るのを防げます。透明なので作業しやすく、水で流してまとめられるので、片付けの手間がなくなります。

 

 

スポンサーリンク

■ウロコ取りの代用になるものを11選つ紹介

★ペットボトルのキャップ

ペットボトルのキャップは細かい凹凸があり、身の柔らかい魚でも、ウロコを引っ掛けて綺麗に取ることができます。飛び散りも少ないので、代用品におすすめです。

【裏技】魚のウロコを簡単に取る方法

 

 

★ヘラ

ゴムベラがウロコの隙間に入るので、ウロコが飛び散らずに取ることができます。ゴムやシリコン製のものは身を傷付けにくいので、身が柔らかい魚にもおすすめです。

 

★包丁

家庭でウロコを取る時に一番使われているのが包丁ではないでしょうか。柔らかい身には包丁の背を使い、硬い身には刃の方を使うことができます。

【簡単おもてなし料理】まな板を汚さない技!うろこ取り・つぼ抜き

 

★ピーラー

ピーラーの刃の逆の部分を使ってウロコを取ることができます。力を入れずに取れ、曲面に沿ってくれるのでとてもやりやすい代用品です。

 

 

★キッチンバサミ

キッチンバサミには色々な機能があるのをご存知でしょうか?切るだけでなく殻割りや栓抜き、缶切りなどに使え、ウロコ取りが付いているものも多くあります。

ハサミの刃をよく見ると凸凹している部分があれば、それがウロコ取りとしての機能があるので、試しに活用してみてください。

【SUP(サップ)100均のハサミで下処理】100均で売っていた、キッチンバサミ。サカナの頭や内臓を取るのに便利です。

 

 

★缶のフチ

缶のフチを使えばウロコが取れます。釣りに行った際に自宅で下処理したくない方におすすめです。自販機さえあれば手に入るので、活用してみてください。

 

 

★ネット

三角コーナー用のネットや、ミカンの入っているネットなど、網目の大小関わらずに代用品として使用できます。小さいウロコの魚に使用でき、ぬめりがある魚にもおすすめです。

ハゼのウロコ取り・捌き方・料理方法を全て見せます!ハゼ釣りは食べるまでがハゼ釣りだ!《2020年》

 

 

★スプーン

ご自宅にあるスプーンなら何でもかまいませんが、深さと大きさがあるスプーンがウロコ取りには向いています。計量スプーンの一番大きいものでも使用できるので、活用してみてください。

キムニーの魚のウロコの取り方

 

 

★大根

大根の断面を使ってウロコを取ることができます。大根は丁度いい硬さがあり、そこにウロコが刺さるので綺麗に飛び散ることなく取れます。使った大根は臭み消しに使えるので、試しに使用してみてください。

魚をさばく▶︎大根で魚の鱗が飛び散らないで簡単にとれる!【しず(えぼだい)の焼魚】Fish scales can be taken easily with japanese radish

 

 

★金たわし

鍋などを洗う際に使う金たわしは、サバ、アオハタ、ヒラメなどのぬめりのある魚におすすめです。面倒な背びれや胸びれの際などにも食い込んでくれるので、怪我をしにくく綺麗にウロコが取れます。

イシダイの鱗は細かくて硬いので、うろこを取る時は硬いタワシ、ステンレスタワシがおすすめ。鱗かきの時は、腹びれと背ビレが硬くて危険なのでご用心ください。釣太郎の底物魚石鯛の魚体特徴説明。
https://twitter.com/resetbyworkout/status/1129969409353605120?s=20

 

 

★バターナイフ

バターやマーガリンなどに使うバターナイフは、ウロコと持ち手の距離ができるので、手を怪我の心配がなくなります。細さがあり、ひれの際まで綺麗にウロコをとることができます。

バターナイフでうろことり

 

 

スポンサーリンク

■簡単揚げるだけ!ウロコを取らない!食感が楽しい松笠揚げ

唯一ウロコを取らない料理として、料亭でも提供されるのが松笠揚げなんです。ウロコがサクサクで身はふっくらに仕上がります。高級魚のアマダイを使うことが多いですが、他の魚でも作れるので是非作ってみてください。

甘鯛を使ってサクサク松笠揚げを作る

<作り方>
1,ウロコを取らず、三枚おろしにします

2,腹骨と中骨をピンセットなどを使って取ります

3,塩を振って30分程度放置し、余分な水分を抜きます

4,キッチンペーパーで水分を拭き取り、食べやすい大きさに切ります

5,片栗粉を薄めに付けます

6,皮目を下にして180度の油で揚げていきます

7,皮目が綺麗に開いたら完成です
https://like526blog.com/coupknife/
スポンサーリンク

■まとめ

魚の下処理で欠かせないウロコを取る作業で、面倒な飛び散りを防ぐ方法や、飛び散りにくいウロコ取りの代用品をご紹介しましたが、身近なものがたくさんあったと思います。

あまり気が進まなかった方も、ご紹介した内容を参考に活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました