穴あけパンチの代用品8つを分かりやすく紹介!!

代用・生活

一般的に事務用品として使用する穴あけパンチはとても便利ですがあまり使用頻度が少ないですよね。

 

使ってもスケジュール帳を作る時や、ルーズリーフ用に穴を開けたり、プラバンでストラップを作ったり年に数回程度ではないでしょうか。

使おうと思っても最後にいつ使ったか覚えてないし、どこにしまったか覚えてないなんて方多いと思います。

使用頻度も少ないし、また買うのも買いに行くのも面倒、という方のために穴あけパンチの代用品ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■穴あけパンチは代用できる!おすすめ8つ紹介

★キリ

電動の物もありますが、今も木材に穴を開ける工具として使割れているキリを、穴あけパンチの代用として使用することができます。

先端が鋭く強度があるので、厚みのあるもの、プラスチック製のもの、穴あけパンチでは難しいものまで開けられます。

 

★鉛筆

筆箱を覗けば必ずある鉛筆を使えば穴あけパンチの代わりになります。

穴あけパンチで開ける穴のサイズと大差なく、鉛筆の先端の差し込む深さを変えれば調節できるので、自分の好みによって穴のサイズを変えられます。

 

★竹串

厚みのあるダンボールは穴あけパンチでは開けられません。

業務用の穴あけパンチであれば可能かもしれませんが、持っている方はほとんどいないと思います。縦の力に丈夫な竹串を使って穴を開けることができます。

 

★カッター

文房具でも使用頻度が高いカッターを持っている方多いと思います。

手紙や宅配物の開封から紙の切断など、ハサミより自由度が高いのでカッターを好む方もいるのではないでしょうか。

カッターを使って穴を開けることができるので、活用してみてください。

 

★彫刻刀

彫刻刀にも種類があり、細い線を掘る三角刀、カッターのような切出刀など、一般的なものは何本かセットになって販売されています。

その中に丸みのある丸刀や半丸刀と言われるものがあり、反転させると綺麗な丸に切り抜くことができます。

刃が丈夫な彫刻刀を使えば紙以外に強度のあるものに穴を開けることができます。

 

★千枚通し

目打ちとも言われ、穴あけパンチが開発されるまで紙に穴をあける文房具として使われていたのが千枚通しです。

原始的ですが、穴をあける専用の作りになっていて、紙が滑りやすく紐を通しの穴が付いた千枚通しもあります。

 

★ルーター

プラモデルやネイル、工作などに使用するルーターはビットを回転させ、好きな線を描く以外にも穴を開けることができます。

硬すぎてヒビが入ってしまったり、割れてしまう物にも使用できるので、穴あけパンチでは開けられない硬いものや、厚みのあるものも簡単に穴を開けることができます。

 

★ハトメパンチ

レザークラフトや手芸などでよく使用されるハトメパンチは、材料に穴を開け強度を持たせるために金属の輪を取り付けるために使用します。

1穴パンチと見た目も作りもよく似ていて、100円ショップでも気軽に購入できるので、活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

いざ使おうと思っても見当たらない時に役立ちそうなものがありましたか?

自宅にもある鉛筆やカッターなどの身近なものから工作やクラフト、最近流行りのDIYをする方が使う工具などもご紹介しました。

使用頻度が少なく、使用用途が限られてしまうので新しく穴あけパンチを買いたくない方は、穴あけパンチの代わりに代用品を新たに購入して色々なクラフトや趣味に役立てみてもいいと思うので、自分に合ったものを活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました