ペグハンマー代用品はコレ!気になるメリットデメリットも紹介

代用・生活

タープやテントの設営に欠かさせないのが、ペグと打ち込むためのペグハンマー。ペグハンマーは文字通りペグを地面に打ち込んだり、抜くときに使う専用のハンマーで、キャンプ道具の中でも重要な役割をしてくれます。

ですがアウトドア専用の道具は割高で、代用品を駆使する方は少なくありません。ペグハンマーもまた代用品を活用する方が多い道具で、見た目はハンマーと変わらず、本当に必要なのかと思ってしまいますよね。

そこで、ペグハンマーの必要性や、汎用性が高いペグハンマーの代用アイテムをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

本当に必要?ペグハンマーのメリットデメリット

ペグ打ちが簡単

ハンマーのヘッドが重く、打撃面も広く作られているので、初心者や女性でも固い地面にしっかりペグを打ち付けることができます。

 

衝撃が少ない

真鍮や銅製のヘッドはペグを打ち込んだ時の衝撃を和らげてくれます。薪を割ったりテーブルを出したりキャンプの設営は重労働が多く、負担が少なくなる道具はキャンプで活躍します。

 

ペグ抜きがスムーズ

地面にしっかり刺さったペグは男性でも抜くのが難しく、片付けがスムーズにいかないことがあります。ペグハンマーのほとんどは打撃面の反対側がペグ抜きになっています。

ペグ抜き機能が付いてないハンマーを使用する場合は、ペグ抜き専用のものがあり、100均でも購入できます。

 

安全ストラップ付き

ヘッド部分が重く、手が滑って怪我をするリスクを軽減するため、ペグハンマーにはストラップが付いています。邪魔だと思う方もいらっしゃいますが、安全面を考えてストラップを活用しましょう。

 

重い

ペグハンマーは一般的な金槌の2倍の重さがあり、もちろん重さがあればペグ打ちが楽ですが、その反面キャンプではいかに荷物を軽くするかが重要視されるので、代用品を使う方が多いアイテムです。

 

ヘッド交換が必要

真鍮や銅製の柔らかい金属は衝撃を吸収をしてくれるメリットがありますが、ヘッドが潰れたり欠けたりします。

キャンプの回数やペグの本数、地面のコンディションなどで変わってきますが、約1年で交換が必要になり、交換には1,500円、メーカー専用であれば約3,000円かかってしまいます。

 

素材によって壊れやすい

ペグハンマーのシャフト(持ち手)には色々な素材が使われますが、プラスチックや木製は折れやすかったり、柔らかい金属や細いシャフトは曲がってしまうことがあります。

 

 

スポンサーリンク

ペグハンマーの代用品

★薪

BBQやキャンプで必須になる薪は、太くしっかり乾燥されているので強度があるので、ペグハンマーの代わりになります。木くずが飛ぶことがあるので、使用する場合は気を付けて使用しましょう。

https://twitter.com/shino_manalourd/status/1269540336491102210?s=20

 

★石頭ハンマー

車移動であれば打ち込み重視で、石頭ハンマーを使う方もいます。ハンマーの中でもトップクラスに重みがあるので、しっかり地面に打ち込めます。

 

★ミニハンマー

ハンマー1本でも500gの重さがあるので、かなりの負担になってしまいます。収納性や重さの問題で悩んでいる方には、コンパクトで軽量なミニハンマーがおすすめです。

 

★石

キャンプ場やBBQ場は山間部や川沿いに多く、石が転がっています。扱いやすそうな石があれば代用できます。シャフトがないので手を打ち付けないよう気を付けて活用してみてください。

 

★斧

薪割りで活躍する斧は、キャンプでも多くの方が使用しています。荷物を増やしたくない、ペグハンマーを忘れた時でも活用できるアイテムです。

 

★多機能ハンマー

1つ1役だと荷物が多くなったり重くなるので、キャンプやアウトドアでは汎用性が高い多機能のマルチツールが人気です。ペグハンマー機能がある400g前後の軽量マルチツールもあるので、活用してみてください。

 

★100均で購入する

100均でもペグハンマーの代わりになるゴムハンマーやネイルハンマーが販売されています。うっかり忘れてしまったり、購入に踏み切れない方におすすめです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

アウトドア用品は実用性が高く、品質に拘っているのでかなり割高になってしまいますが、代用品でも強度があるので十分活用することができます。

ご紹介したペグハンマーの代わりになるアイテムは比較的安く身近な場所で手に入るので、初心者の方やなかなか高くて手が出せない方は活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました