タープテント重りの代用品はコレ!おすすめ商品も知りたい!

代用・生活

キャンプやグランピングなどで使うことの多いタープテント。

3密にならない遊び方として始める方も増えているようです。

 

タープテントが急な強風で飛んでいかないようにしてくれるのが「タープテント重り」。

事故が起こってしまわないようにするには必須の道具です。

 

しかし、他の使い道がないことから

「わざわざ買うのもなんだかなぁ」

と思う方も多いのではないでしょうか。

 

気持ちはわかりますが、事故防止のために重りは用意するようにしましょう。

そこで今回は、そんな困った時に役立つ『タープテント重りの代用品』についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

■タープテントの重りには何キロ必要?

一概に「何キロあればOK」ということができません。

なぜなら、どれだけ対策をしていても、急激な突風に煽られてしまうとテントが飛んでしまう可能性はあるからです。

とは言っても一定の目安はあります。

少し強い風位であれば、支柱一本ごとに10kgの重りがあれば大丈夫でしょう。

重ければ重いほど安心ですが、携帯性も考えた時に最低必要なのが10kg×4つです。

しかし、重りを付けていても危ないときは危ないので、風が強いときはすぐにテントを片付けるのが一番の対策になります。

 

 

スポンサーリンク

■タープテント重りの代用品

★水の入ったペットボトル

お茶やジュースのペットボトルをタープテント重りの代わりに使うことができます。

現地、もしくはお家でペットボトルに水を入れ、紐でテントにくくりつければOKです。

数が必要になるのでかさばってしまいますが、現地で水を調達できれば軽いので持ち運びやすいというメリットもあります。

手軽に手に入れることのできる代用品です。

 

★折りたたみポリタンク

折りたたみ式のポリタンクを持っていれば、タープテント重りの代用品として使うことができます。

ペットボトルであればかさばってしまうところですが。折りたたみポリタンクはかさばらないので運ぶのも便利です。

大きめのサイズを買ってもかさばらないので、気になる方は大きめサイズを用意しても良いと思います。

 

★ブロック+ロープ

家庭菜園をする方であれば、コンクリートブロックが余っている家庭もあるのではないでしょうか。

ブロックとロープを組み合わせれば、タープテントをしっかり押さえることができます。

ブロックはどんな形のものでもOKですが、重さは最低10kg以上のものを使うようにしましょう。

ロープの両端をブロックとテントの支柱にくくりつけるだけです。

ロープはピンと張らないと意味がないので、しっかり張るようにくくりつけましょう。

 

★石や土

これはその場にある大きめの石や土を重り代わりに使う方法です。

これなら持って行かなくても自然に手に入りますね!

土の場合は容器が必要ですが、いらないペットボトルなど入れ物だけ用意しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

■タープテント重りのおすすめ商品2つ紹介

★ウォータータンク2個セット

折りたたみポリタンクと専用バッグ、ロープがセットになった商品です。

1つ15リットルなので、4つあればとりあえずは安心してテントを立てることができます。

使わないときは折りたたんでおけるので、片付けに場所を取らないのがいいですよね。

 

★マルチウエイト6kg 4個セット

「ウォータータンクだと水を抜いたり入れたりが面倒…」

そんな方におすすめなのがこちらの重りです。

6kgと少し軽いですが、取っ手がついており持ち運びに便利。

また、BBQをすると、飲み物やタレをこぼして重りが汚れてしまうことがあります。

マルチウエイトは錆びない素材でできているので、すぐに水洗いできますし、汚れを簡単に拭き取ることも可能です。

安全に使うには少し軽いですが、重りを乗せると同時に、テントを周りの木や柱にくくりつけるなど併用することで風対策をすることができるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・タープテントの重りは最低10kg×4つは欲しい

・重りを付けていても危ないときは危ないので、風が強いときはすぐにテントを片付けるのが一番の対策

・タープテント重りの代用品としておすすめなのは以下の3つ
【水の入ったペットボトル、折りたたみポリタンク、ブロック+ロープ】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました