離乳食作りに便利!ハンドブレンダーの代用品10選ご紹介

スポンサーリンク
代用・生活

ハンドブレンダーは専用の容器がなく、入れ替える必要がないので、ポタージュなどの野菜スープを鍋のまま撹拌かくはんできるので、洗い物が増えずに非常に便利な調理器具です。

ですが、ミキサーやフードプロセッサーなど似たようなものを既に持ていると、場所もとるし購入を躊躇してしまいますよね。

でもレシピにはハンドブレンダーと書かれていたり、代わりになるものがわからないなんてことありませんか?

そんな時に役立つハンドブレンダーの代用品をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■ハンドブレンダーの代用品

★泡立て器

泡立て器はハンドミキサーとも言われ、お菓子作りによく使われます。

材料を混ぜたり、ホイップやメレンゲを作る時に使うのが一般的ですが、魚のすり身やお粥など柔らかいものを細かくできるので、使い方次第で料理の幅が広がります。

 

 

★ミキサー

ハンドブレンダーでは氷を砕くのは厳しいものが多く、スムージーを作るのにはミキサーの方がいい場合があります。

ハンドブレンダーはミキサーをコンパクトにしたもので、仕上がりに大きな違いがないので、代用品におすすめです。

 

 

★マッシャー

マッシュポテトやコロッケを作るのに便利なマッシャーを代用品として使うことができます。

お粥を潰すこともでき、加熱すれば野菜も簡単に潰せます。

果物のスムージーや野菜のポタージュでも果肉が味わえて美味しく仕上がります。

 

 

★フードプロセッサー

食材をみじん切りにしたり、ミンチにするのに使われるフードプロセッサーは、他のミキサー系の器具と比べて大きくなります。

ポタージュなど固形が嫌な方は裏ごしが必要になりますが、食材そのものが少しあった方がいい方におすすめです。

長く回せば小さくなるので、お好みで調節してみてもいいかもしれません。

 

★包丁でみじん切りにする

使い慣れている包丁であれば、下ごしらえの段階で食材の大きさを調節でき、細かくできるので、ハンドブレンダーを使わなくても、包丁で十分です。

加熱した野菜であれば、さらにフォークで潰したり、便利な調理器具がなくても、ご家庭にあるもので代用できます。

https://twitter.com/gacha_pin_life/status/1202580702870376454?s=20

 

 

★フォーク

一人暮らしや調理器具が揃ってない家庭でもフォークで代用できます。

マッシャーよりも目が細かいので、ハンドブレンダーに近い仕上がりになります。

ハンドブレンダーを出すほどでもない量であればフォークを使った方が片付けの手間もなくなります。

 

 

★すり鉢

昔から使われてきたすり鉢は、調味料を加えながら食材を細かくでき、滑らかな口当たりになるまですり潰すことができます。

便利な調理家電は分解して、刃に気をつけながら洗い物する面倒があります。

すり鉢はそのまま加熱できるメリットもあり、少量の離乳食を作る時は非常に便利です。

 

 

★ミルサー

自家製のふりかけや、出汁を粉末にしたり、アーモンドプードルを作ったりできます。

ハンドブレンダーよりも細かい粒子に仕上げることができるので、代用品におすすめです。

ミルサーとミキサーを掛け合わせた1台2役のミルミキサーも販売され、使いこなせば料理の幅が広がる万能器具です。

 

 

★おろし器

粉砕、撹拌などの機能をもったミキサーやフードプロセッサーなどの調理家電は便利ですが、似たようなものばかりで、場所もとるのでなかなか全て揃えるのも難しいですよね。

ご家庭にもよくあるおろし器でハンドブレンダーの代用ができ、仕上がりもより滑らかになります。

 

 

★ぶんぶんチョッパー

準備や片付けが面倒になってしまう調理家電は、便利な反面忙しい方にとって逆に手間になってしまいますよね。

高価な調理家電は揃えるのも大変ですが、ぶんぶんチョッパーは1000円以下でコンセントを挿したりする手間もなく音も静かで、ハンドブレンダーよりメリットがあるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

ハンドブレンダーは便利な調理家電ですが、ミキサー系を既に持っていれば、代用品として十分使うことができます。

また、調理家電もない方はマッシャーやすり鉢などを使って食材をすり潰すことができ、どの家にもあるフォークでも代用品になります。

ご家庭にあるものや、身近なものを使いこなせば料理の幅が広がりますので、色々試してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました