加湿器フィルターの掃除のやり方や代用品2つまとめて紹介

代用・生活

冬は乾燥が気になる季節。そんな時に大活躍するのが加湿器。

使い続けていると定期的に訪れる「加湿器フィルター」の交換時期。

しかし、純正のフィルターって結構高いんですよね…。

必要なものとはわかっているけど

「何か他のものじゃだめなのかな…」

と思う方もいるはず。

そこで今回は、そんな困った時のための『加湿器フィルターの代用品』についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

■加湿器フィルターの代用になるもの2つ紹介

★フェルトタイプの靴用中敷

冬の寒い時に靴の中を温めてくれるフェルトタイプの靴用中敷は、加湿器フィルターの代わりになります。

元々、加湿器フィルターはフェルト生地を加工して作られています。なので、フェルトタイプの靴用中敷を加工すれば、加湿器フィルターとして使うことができます。

100均でも売っているので手軽な代用品として使うことができるでしょう。

 

★食器洗い用スポンジ

食器洗い用スポンジも、加湿器フィルターの代用品としてとして使うことができます。

食器洗い用スポンジは水をたくさん吸うようにできているからです。

 

 

スポンサーリンク

■定期的にやろう!加湿器フィルターの掃除方法

 

加湿器フィルターにはカルキが付着するため、掃除をせず放置すると加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になってしまいます。

また、雑菌やカビが繁殖し悪臭が発生してしまう可能性もあるので定期的に掃除をする必要があります。

まず、バケツに水2リットルに対してクエン酸大さじ1杯をいれ、軽くゆすいだフィルターを浸けます(30分~2時間程度)。

フィルターを浸けている間にトレー、給水タンクも掃除し、しっかりと乾かしておきます。

フィルターの汚れが取れていることを確認したらバケツから取り出し、流水でクエン酸の成分が残らないように丁寧に流します。

水気を切って、フィルターやトレーをセットし直せば終了です。

 

 

スポンサーリンク

■放置厳禁!加湿器フィルターを交換する必要性

加湿器フィルターは掃除をして使い続けても、いつかは交換する必要があります。

交換せずにそのまま放置していると、お手入れしても水あかやニオイが取れない、変色や汚れがひどくなる、白い固まりが加湿フィルター全面に付着する、傷みや型くずれがおこるなど、多くの悪い影響が起こってしまいます。

加湿器フィルターは消耗品と考えて、定期的に交換するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

■お手入れ簡単!フィルターなしの加湿器おすすめ2つ紹介

★USBポータブルマルチ加湿器

会社のデスクに加湿量の多い加湿器が欲しいけど、大きくて可愛くないのは避けたいところですよね。

USBポータブルマルチ加湿器は、直径5cmと小さいのにパワフルな加湿量。水を入れたカップなどに浮かべるだけで使うことができます。

防音フィルターが付いているので周りに音で迷惑をかけることがありません。さらにフィルターもタンクも無いので掃除をするお手入れをする必要がありません。

「会社でできるだけ手軽に使える加湿器が欲しい」という方にSBポータブルマルチ加湿器はおすすめですよ。

 

https://item.rakuten.co.jp/griptone/yo1a001/

 

★超音波式の加湿器(アイリスオーヤマ)

「せっかく買うならおしゃれな加湿器が欲しい」という方ならアイリスオーヤマの超音波加湿器をチェックしてみては?

LEDGERランプがほのかに本体を照らすインテリア性の高いそのデザインは、おしゃれな部屋においても全く違和感がありません。アロマトレーが付いており、加湿と同時に香りを楽しむこともできます。

また、超音波式は水を沸騰させるわけではないので本体が熱くならないのも特徴。お子さんがいるご家庭でも安心して使うことができます。

加湿器の機能性だけでなく、デザインや香りも楽しみたい方ならアイリスオーヤマの超音波加湿器は一見の価値アリです。

 

https://item.rakuten.co.jp/happylifestyleshop/mix4f-79-13/

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・加湿器フィルターの代用になるものは以下の2つ
【フェルトタイプの靴用中敷、食器洗い用スポンジ】

・加湿器フィルターは定期的に掃除、交換する必要がある

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました