リッチなお味!マスカルポーネとは?おすすめの 代用品 5 つご紹介

代用・食品

ティラミスを作る時によく使われれる「マスカルポーネ」。

 

レシピ本にのっていても、家庭でそんなに使う機会のない材料なので

「マスカルポーネなんてないよ…」

ということもあるのではないでしょうか。

 

 

「マスカルポーネなんておしゃれなもの無いな…どうしよう…」

 

 

今回は、そんな困ったときに役立つ『マスカルポーネの代用品』についてご紹介していきます。

 

 

また、マスカルポーネの栄養価や、価格、レシピなど気になることも調べてみました!

 

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

マスカルポーネとは?

イタリア原産チーズであるマスカルポーネは、乳の味を存分に感じることの出来るフレッシュタイプのチーズです。

 

ティラミスの材料として使われることが多いです。

 

乳の味が強いのは、乳脂肪分が80%と他のチーズよりも高いためです。

 

 

クリーミーで、シンプルにミルクの味を楽しむことが出来るチーズです。

 

 

マスカルポーネチーズには、骨・歯を構成するとされるカルシウムや、皮膚・粘膜の機能維持に役立つといわれるビタミンB2が豊富に含まれています。

 

 

スポンサーリンク

マスカルポーネは高い?

チーズは一般的にお高いイメージがありますが、マスカルポーネの値段はどれくらいなのでしょうか?

 

調べてみたところ、メーカーにもよりますがマスカルポーネは500gで1500円前後のものが多いようです。

 

近いものとしてクリームチーズを調べたところ、200gで500円前後のものが多いので、ほんの少しマスカルポーネの方が割高です。

 

 

作るものや使う用途で使い分けることで、値段を抑えることは可能かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

マスカルポーネで作るティラミスのおすすめレシピ

こちらのレシピは、マスカルポーネに生クリームを加えることで本格的な濃厚ティラミスになっています。

かなり高価なので、誕生日や記念日など、特別な日のスイーツとしていかがでしょうか。

濃厚☆マスカルポーネのティラミス by ゆうゆう0221 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

濃厚☆マスカルポーネのティラミス by ゆうゆう0221
濃厚なティラミスです。本格的な味なのに簡単に作れて美味しいです。バレンタインやXmasにもお薦めです。

 

 

スポンサーリンク

マスカルポーネチーズの代用品 5 つ

リコッタチーズ

リコッタチーズとは、南イタリア原産のチーズです。

乳清(ホエイ)を加熱して作られます。

チーズの中でも低脂肪なのが特徴です。

 

口当たりが柔らかくさっぱりしており、クセが少ないので少し物足りなく感じるかもしれませんが、マスカルポーネの代わりに使うことは出来ます。

 

クリームチーズ

クリームチーズもマスカルポーネの代用品として使うことができます。

まろやかで口当たりも優しいのですが、少し甘みが少なく酸味があるので、出来上がったお菓子に少し酸味が残るかもしれません。

 

クリームチーズ+マシュマロ

クリームチーズの甘みが少ないという欠点を補填するために、マシュマロを使うという方法があります。

 

マシュマロを混ぜる際は、一度レンジで溶かして粗熱を取ってからクリームチーズに混ぜ込みましょう。

 

ヨーグルト+生クリーム

マスカルポーネと同じ牛乳を原料とするヨーグルトと生クリームは、ひと手間加えることで代用品として使うことが出来ます。

 

ヨーグルトと生クリームを混ぜてザルとキッチンペーパーで1日水切りすれば代用品の完成です。

 

時間をかけてしっかり水切りをしましょう。

 

サワークリーム

サワークリームは、生クリームを乳酸発酵させてできる乳製品。爽やかな酸味とコクが特徴です。

 

マスカルポーネと比較すると酸味が強いので、出来上がるお菓子は酸味が出てしまいます。

クラッカーなどに乗せたり、そのまま食べる分には美味しく食べることが出来ます。

 

 

まとめ

・マスカルポーネは、乳の味を存分に感じることの出来るフレッシュタイプのチーズ。ティラミスの材料として使われることが多い

・クリーミーで、シンプルにミルクの味を楽しむことが出来るチーズ

・メーカーにもよりますがマスカルポーネは500gで1500円前後のものが多い

・マスカルポーネチーズの代用品おすすめは以下の5つ
【リコッタチーズ、クリームチーズ、クリームチーズ+マシュマロ、ヨーグルト+生クリーム、サワークリーム】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました