青ネギと万能ねぎの違いとは?青ネギの栄養成分や代 用品を6つご紹介

代用・食品

大阪名物のたこ焼きや、博多とんこつラーメンの薬味に使われるのが青ネギで、長ネギより細く、白い部分が少ないのが特徴ですね。

 

長ネギよりもヌルヌルとした食感が少なく、ネギ臭さもないので、長ネギが苦手な方でも食べやすい食材です。

 

うどんや冷奴などの薬味に使うことが多い青ネギですが、一般的に使われるのは長ネギで、使いたいと思ってもなかなか家にあることも少ないと思います。

 

そこで、青ネギの代用品になるものをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

■どちらも同じ!青ネギと万能ねぎの違い

西日本で栽培される葉ネギの青ネギは薬味としてよく使われます。

 

京野菜の九条ネギなどが有名で、聞いたことある方も多いと思います。

 

青ネギは万能ネギとも言われますが、元々は九州福岡朝倉市、JAあさくらの登録商標名が広まり、青ネギを万能ネギと言われるようになりました。

 

さらに、万能ネギは青ネギを若取りしたもので、小ネギ、細ネギと言われることがあります。

西日本の広範囲で栽培され、府県によってブランドや呼び名が違うので、色々混同されやすいですが、総称して葉ネギや青ネギと思っても問題ありません。

 

スポンサーリンク

■栄養満点!青ネギの栄養成分を紹介

★抗酸化作用で免疫が上がる

ネギ類に多く含まれるβカロテンは風邪予防として有名です。中でも青ネギは白ネギの2倍以上βカロテンを含み、薬味で少量しか加えなくても十分なβカロテンを摂取できます。

 

★美肌にいい

ビタミンKは損傷した肌を作るのを助け、バリア機能を高める効果もあり、アフターケアにもなります。

さらに、損傷した毛細血管の修復を助け、目元のクマを解消するとも言われ、化粧品などの基礎化粧品に含まれています。

 

★丈夫な骨に

カルシウムとビタミンKを多く含む青ネギは、骨粗しょう症予防にいいと言われています。

カルシウムとビタミンKとの相乗効果で、骨が形成される時に必要なタンパク質を活性化し、丈夫な骨を作り出してくれます。

 

 

スポンサーリンク

■青ネギがない!代用できる野菜を6つ紹介

★長ネギ

やはり一般家庭にある長ネギは、青ネギと味はほとんど変わらないので、代用品におすすめできます。

 

地域によって、ご家庭でも青ネギより長ネギを常備している家庭も多いと思います。

 

色味を気にするのであれば、青ネギの緑の部分をみじん切りにして使ってもいいですし、少し硬いと感じる方や色味を気にしない方は、白い部分を使ってみてください。

 

★にら

見た目が似ているにらは、同じネギ属の緑黄色野菜なので、香りや見た目も似ています。

 

加熱調理や生のままでも使えるので代用品に向いています。

 

少し独特の香りがしますが、青ネギと同じアリシンというものなので、香りも変わりません。

 

価格も安く、気軽に購入できるので、是非試してみてください。

 

★あさつき

生では辛味が強く、冷奴や刺身、麺類の薬味に使われ、酢味噌で和えたり、そのまま味噌を付けて食べられます。

 

ネギより、ノビルやラッキョウに近い風味があります。

 

気にしないとなかなかスーパーで見かけることも少ないですが、野生で生えていることも多く、簡単に自宅で育てられるので、お庭で育てている方も多いです。

 

★玉ねぎ

保存も効く玉ねぎはご自宅に余っている方も多いと思います。

 

辛味成分や香り成分は同じものを含み、薬味にしても加熱調理用でも代用品として使えます。

 

緑を加えたい時には向きませんが、味に大きい違いがないので、美味しい料理に仕上げることができます。

 

★カイワレ大根

注目度の高いスプラウト食材。長ネギや青ネギなどのネギ類は香りも強く、風味が苦手な方やお子様も多いですよね。

 

そんな時に、シャキシャキとした食感と、大根に似た風味があり、加熱でも薬味でも味や見た目のアクセントになるので、代用品におすすめです。

 

スーパーでも安定した安さで、栄養価も高く、青ネギに引けを取らない野菜です。

 

★水菜

アブラナ科の野菜で少し苦みが特徴の野菜ですね。

 

生でサラダに加えたり、お肉と炒めたり、色々なものと相性がよく、見た目にも彩りが加えられます。

 

瑞々しい水菜は食感もよく、薬味にしても、ほんのり苦みが加わり美味しく仕上げることができます。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

東日本ではあまり使われない青ネギですが、だんだん流通も発達し、京野菜の九条ネギは特に品質も良く飲食店で使用されています。

でも一般家庭ではまだ使い慣れないと思う方も多く、いつでも家庭にあるものではないですよね。

そんな時は、一般的によく使われるご紹介した野菜を代用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました