水着で体系カバーは可能?ヨガウェア・水着の代わりも5つ紹介

代用・生活

ハードなウエイトトレーニングより、有酸素運動で体改善ができるヨガが注目を集め、サップヨガやホットヨガ、ビーチヨガなど色々なヨガが登場しています。

それに伴ってスポーツメーカーもウェアに力を入れ、レディースの可愛いデザインのものが増え、水泳とヨガ兼用のウェアも販売されています。

でも可愛いウェアを着たいけど、体のラインを出したくない、この体系じゃまだ着れない、痩せてからじゃないと恥ずかしいなんて思う女性も多いのではないでしょうか。

ウェアも安くなく、どんなものを選べばいいか悩み、とりあえず着れるものがあればそれで代用したいですよね。

そこで、体型カバーできるウェアと、ヨガウェア水着の代用品をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■ヨガウェア・水着の代用品

★競泳水着

競泳用の水着があれば代用品として着用できます。ちょっと足元隠したい方はロングタイプを選んだり、スポーツウェアを上から着用してもいいかもしれません。

 

★フィットネス水着

着脱が楽な前開きタイプで、ロングタイプのパンツとのセットで販売されていることが多く、温水プールやジムのプールでよく見かけます。体型カバーを意識した作りになっているので代用品におすすめです。

 

★エアリズム

ユニクロが販売しているエアリズムは安く高機能でとっても人気が高いです。キャミソールやタンクトップにもパットが付き、速乾性が高いので、ホットヨガなどで重宝します。

https://twitter.com/yumnomi/status/977770669038424064?s=20

 

★ランニングウェア

ランニングウェアの中にはトライアスロン用に水陸両用のものがあり、レギンスパンツやショートパンツ、インナーやアウターを中心にセット売りもされています。

 

★ビキニ

最近はサップヨガやビーチヨガが注目され、お持ちのビキニを着ている方も多く、気軽に始められます。汗がベトついたり気になる方は動きやすいアウターがあるといいでしょう。

 

★タンクトップ・ブラトップ

こちらも代わりとして使うことは可能です!ただタンクトップは一枚ではきれず水着用のパットをつけるかして対応する必要があります。

私自身もたまに代わりに使うことはあります。。。

 

 

スポンサーリンク

■体系カバーができるおすすめヨガウエア

<トップス>

★ドレープタンクトップ

襟元や袖にひだの入ったタイプで、柔らかでしなやかな印象を与えてくれます。ゆったりとしたシルエットになります。

https://twitter.com/niwa_aya/status/1143728192676491264?s=20

 

★カシュクール

カシュは「隠れる」クールは「胸元」を意味し、着物のように上衣があるようなデザインです。胸元がVラインを作るので引き締まった印象になります。

https://twitter.com/ruri21diet/status/1323557514521161728?s=20

 

 

★タックプルオーバー

袖や首元にひだができ、立体的なシルエットになります。ふんわりしたデザインで動きやすく女性らしさが出ます。

 

★ドルマンスリーブ

二の腕などが気になる方は袖ぐり(脇の部分)がゆったりとしているので、腕のを隠したい方におすすめです。

 

★バタフライスリーブ

袖口が広くなり腕の太さをカバーできるデザインで、優雅な印象になります。

 

 

★フレアスリーブ袖やウエストがお花のようにふんわり広がり、気になるウエストや二の腕を細く見せてくれます。

 

★ドローストリング

ウエスト周り、ウエストサイド、腕などに紐が付き、自由に絞ることができ、引き締め効果があるので体型カバーできます。

 

★カスケード

カスケードは滝を意味する単語で、縦のラインに立体感のあるラインができるので、シャープな印象になります。

 

 

<パンツ>

★サルエルパンツ

股上深くもたせヒップのシルエットをカバーしてくれるデザインです。膝部分から裾に向かって細く作られ、下半身の体型をカバーしてくれます。

 

★バルーンパンツ

ギャザーやフレアを入れて風船のようにふんわりさせ、裾が絞られたパンツです。ゆったりと通気性もよく動きやすいです。

 

★ワイドパンツ

全体的に幅の広いパンツを言います。ゆったりとした作りで動きやすく、裾まで幅が変わらないので足の太さが気になる方におすすめです。

 

★ジニーパンツ

スカートのようにボリュームがあるデザインになっています。カジュアルウエアとしても人気が高く、下半身の体型をを隠してくれます。

 

★ドレープパンツ

緩やかなひだがあることでゆったりとした印象になり、動くことで生地がしなやかに変化し、女性らしさがでます。

 

★ガウチョパンツ

裾に向かって広がったシルエットをもち、七分丈のものが多いのがガウチョパンツです。ゆったりとしていて邪魔にならない裾丈なので動きやすくなっています。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

ウェアにも色々種類があり、なにを選べばいいか、場違いな思いもしたくないですよね。

ご紹介した代用品は水着としても使用できるので、ホットヨガやサップヨガにも使用でき、体系カバーをしてくれるものがあります。

あまりらいんが出るものの着用を避けたい方は、ご紹介した体型カバーしてくれるおすすめのヨガウェアを参考に購入を考えてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました