三河みりんの特徴とは?販売店やおすすめレシピも ご紹介

豆知識

日本人にとって定番の調味料みりんは、ご家庭でもよく使う調味料ですが、みなさんはどこのみりんを使用していますか?

みりんの中でも高級な「三河みりん」は、料理人も愛用するほど人気があり、本物みりんの代名詞にもなっています。

そんな「三河みりん」とはどんなものなのか、普通のみりんとどう違うのか、「三河みりん」についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

■三河みりんとは?

本格みりんの代表三河みりんとは?
みりんには加熱せずに使えるアルコール度数1%未満のみりん風調味料や、アルコール度数14%前後の本みりんに分類されますが、本みりんの中には「本格みりん」と呼ばれているみりんがあります。

「本格みりん」とは昔ながらの製法で作られ、一般的な本みりんと違い厳選した素材に、時間と手間がかけられ丁寧に職人さんが手作りしています。

そんな伝統製法を守り続けているのが「三河みりん」です。

さらに、一般的にスーパーに並ぶ黄金色のみりんと違い、「三河みりんは」深い琥珀色で、熟成が進むごとに濃くなります。

1年かけて作られる「三河みりんは」丁寧に熟成されることで、まろやかな甘みと奥深い味に仕上げられ、多くの料理人や無添加に気遣う方などが愛用しています。

 

 

美味しい三河みりんの原材料・味
三河みりんのラベルにも書かれている通り、「もち米」「米麹」「本格焼酎」が使用されています。

本みりんに分類される、アルコール度数13.5%となっていますが、アルコールを感じさせない甘い香りは本格みりんの特徴です。

さらに、甘みが特徴のみりんですが、原材料を見てわかる通り砂糖などの添加物を一切含みません。

米麹の働きでデンプンが糖に変わることで甘みを出しているので、量産品のみりんより熟成期間が長く、添加物を加えなくてもお米本来の自然な甘みの中に、深い味わいを感じることができます。

料理に加えてもいいですが、お酒としてそのまま飲んでも美味しく召し上がれるのが「三河みりん」です。

 

 

 

スポンサーリンク

■三河みりんの販売店

「三河みりん」は本格みりんで有名ですが、気軽に購入できる本格みりんとしても知られています。

お近くのスーパーでも販売されていることが多く、大手百貨店や酒屋さんなどでも購入できます。

もし利用したお店になければ、ネットショップでも入手できるので、利用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

所詮みりんだと思う方もいると思いますが、料理にコクや甘み、旨味や照りを出す万能調味料です。

厳選された素材で、丁寧に作られた本格みりんの「三河みりん」を使えば、料理も本格的に仕上がり、多くの方が家庭でも愛用している名脇役です。

この機会にぜひ家庭でも活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました