コンソメに含まれる栄養素とは?アレルギーの場合の代用品も紹介

豆知識

洋風の料理に欠かせないダシといえば、コンソメですよね。

スープやピラフに入れるだけで、ぐっと味がよくなるコンソメですが、どのような栄養が入っているのかを考えたことはありますか?

野菜や肉といった食材に比べると、調味料の栄養は気にしたことがない、というのが本音かもしれませんね。

今回はコンソメの栄養や、アレルギーについて解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

■コンソメに含まれる栄養素とは?

コンソメキューブ1個(5g)で計算します。

タンパク質・・・0.35g
炭水化物・・・2.1g
ビタミンB6・・・0.02g
脂質・・・0.2g

食塩・・・2.2g

炭水化物と脂質が多めです。

食塩は栄養ではありませんが、ミネラルの一つです。

コンソメは1個の大きさの割に、食塩がたくさん入っている調味料のため、あえてのせました。

 

 

スポンサーリンク

■コンソメ1日の適正摂取量はどのくらい?

キューブであれば2個以下がベストです。

コンソメには塩分が多く含まれているため、1日の適正摂取量は食塩の量で考えます。

メーカーによっても差はありますが、コンソメキューブ1個当たりの塩分量は2.5g前後です。

成人男性で7.5g、成人女性で6.5~7gを1日以内に抑えるようにいわれているので、3個食べるとオーバーしてしまう計算になってしまいます。

他の食事と合わせると2個でもすでにオーバーしていることもありますから、気をつける必要がありますよ。

 

 

スポンサーリンク

■コンソメアレルギーとは?どんな成分に反応するの?

コンソメには特定アレルギーが物質が含まれることが多いです。

主に含まれるアレルギー物質は以下のものです。
・乳成分
・小麦
・牛肉
・大豆
・鶏肉

乳成分は乳糖由来のため、アレルギーが出にくいといわれています。

コンソメのアレルギーとして最も多い原因は「小麦」です。

小麦は形を作るためや香辛料などにダイレクトに入っているため、反応しやすいからです。

成分表示に「小麦」とのっていても、「ダイレクトに使われているものなのか」、「しょう油を作るときに入った小麦なのか」と使われる場面が違うことがあります。

しょう油の場合は製造過程でグルテンが分解されて、小麦アレルギーの反応が出にくいです。

しかしそうでない場合は、反応が出やすいので注意しなければなりません。

どちらか由来のものかは成分表示ではわからないことが多いので、直接メーカーに問い合わせるしか方法がありません。

 

 

スポンサーリンク

■コンソメアレルギーの人へ!コンソメの代用品3つ

・野菜の切れ端

ネギや人参、玉ねぎの皮などが使えます。切れ端をダシとして使いたいときは「お茶パック」や「水切り袋」などに入れて使うと便利です。

切れ端を乾燥させてからフードプロセッサーで細かくして、粉末にしたものを使うという方法もあります。

・ベーコン(加工肉)

ベーコンは塩漬けされた豚肉です。水分が抜けているため豚肉のうま味が凝縮されていて、いいダシが出ます。

塩分も含まれているため、コンソメに近い味付けに仕上がりますよ。
豚肉アレルギーがない人に使えます。

・ブイヨン

ブイヨンには肉のエキスが入っていないものがあるため、豚肉や牛肉のアレルギーがある人でも使えることがあります。

小麦もしょう油にのみ含まれるものもあるため、表示やメーカーのサイトを確認してみるといいですよ。

 

 

■安心!アレルギー対応のコンソメを2つ

★無添加ブイヨン(アレルギー特定原材料等27品目不使用)

アレルギー特定原材料の27品目を使っていないため、アレルギーが心配な人にも安心して使えるコンソメです。

味がしっかり付けられるのに、塩分が控え目なのもうれしいポイントです。

 

 

★化学調味料不使用 ベジタブルコンソメ

化学調味料不使用 ベジタブルコンソメ【常温便】 - 食物アレルギー対応食品の「辻安全食品オンラインショップ」
新アレルギー食品・アトピー対策・除去食 通販オンラインショップ/通信販売

アレルギー特定原材料28品目が入っていない安心のコンソメです。

植物性100%のコンソメのため、動物性を避けたい人にも安心して使えますね。
離乳食にも安心して使えますよ。

 

 

■アレルギー対応ではないけど無添加にこだわりたいならコチラ

★化学調味料無添加 コンソメ(マコーミック)

香料や着色料、化学的に作られた調味料が含まれていないコンソメです。
小麦、乳、大豆、鶏肉、牛肉の材料は含まれていますので、アレルギーに気をつける必要がありますが、化学調味料を避けたい人にはおすすめです。

 

 

■まとめ

● コンソメは炭水化物や脂質が多い
● 食塩が多く含まれていて、1個で1日の塩分上限量の1/3にもなる
● 特定アレルギー原材料が含まれているものが多い
● アレルギー対応のコンソメもあるので、心配な場合はアレルギーの原因物質がないものを選ぶこと

コンソメのおいしさは野菜やお肉のエキスと、食塩がメインであることがおわかりいただけたと思います。
いろいろな食材が組み合わさっていることで、アレルギーの心配も出てきますが、対応が可能な商品もあります。上手に使えるといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました