ウスターソースの賞味期限とは?大量消費レシピも ご紹介

豆知識

家庭用調味料として定番のソースですが、ウスターソースの出番はあまりなく、いつの間にか賞味期限が切れてしまっていた、なんて経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そんな賞味期限が切れてしまったウスターソーも捨てるのはもったいない!

賞味期限近いから大量消費したい、そんなお悩みをお持ちの方に、大量消費できるレシピや、賞味期限切れの見分け方などご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

未開封・開封後ウスターソースの賞味期限

ウスターソースにはお酢や香辛料の他にも、砂糖や食塩が含まれているため、微生物が活性化しにくく、比較的長く保存することができます。

商品によって差がありますが、未開封であれば賞味期限は約2年のものが多いです。賞味期限が切れてもすぐに腐るわけではないので、未開封なら半年~1年過ぎても問題ありません。

開封してしまうと劣化が早まり、香辛料の香りが飛んでしまったり、味や風味が落ちるため、早めに使い切りましょう。

目安として、冷蔵保存で2ヶ月前後で使い切るのがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

■賞味期限切れのウスターソースはどう変化する?

味の変化

劣化が進むと酸味や苦みが強くなるので、普段と違うと感じたら迷わず捨てましょう。ウスターソースにはお酢が使われているため酸味があり、気付かない場合もあるので気を付けましょう。

 

臭いの変化

野菜や果物を多く含むウスターソースは、傷み始めると異臭を放つようになります。

野菜の腐った臭いや酸っぱい臭いがした場合は、絶対に口にしないようにしましょう。

スパイスのいい香りが特徴なので違和感を感じやすく、劣化が激しいか見極める時には確認してみてください。

 

見た目の変化

保存状態によっては、注ぎ口にカビが生えることがあります。

粘度が低いウスターソースでも、多少の液残りがあり、付着したソースは綺麗な布や、キッチンペーパーなどで拭き取るのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■ウスターソースの大量消費に向いているレシピ

★カレー

家庭の定番料理のカレーに隠し味でウスターソースを加える事が多いですが、ルーを使わなくてもウスターソースをメインに使って美味しいカレーができます。

ウスターソースの残りが多い場合は、カレーに活用してみてはいかがでしょうか。

 

https://twitter.com/ACTORMIDNIGHT/status/1365582228424548352?s=20

 

 

★焼きそば

屋台やお店でもウスターソースは、焼きそばを作る時に使う定番の調味料です。

ウスターソースをメインに使って、他の調味料で味を整えれば焼きそばが作れます。少ない材料で簡単に作れるので、大量消費にぴったりです。

 

 

 

★ハヤシライス

スパイスや野菜の旨味が詰まったウスターソースは、ハヤシライスのベースにおすすめです。

ハヤシライスのルーと原材料も似ているので、トマトピューレやケチャップを加えるだけで、ハヤシライスが作れます。

 

 

 

★煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグに欠かせないデミグラスソースですが、ハンバーグを焼いた後の肉汁にウスターソースやケチャップを加え、コンソメなどで整えればデミグラスソースが作れます。

デミグラスソースは色々な料理に活用できるので、覚えておくといいかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

商品によって賞味期限や、使い切りの目安はメーカーによって多少の差があります。

目安として2ヶ月とご紹介しましたが、メーカー公式HPにも記載があるので、確認しておくのがおすすめです。

賞味期限が近かったり、使い切れそうにないと思ったら、ご紹介した大量消費できるレシピをぜひ活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました