パソコンケースの代用品はこれ!!パソコンケースの役割についても解説します

代用・生活

ノートパソコンを持ち運ぶ際に活躍するパソコンケースは、ビジネスシーンには欠かせないアイテムですね。プライベートでも使いやすいデザイン性を重視した製品など、様々な種類が販売されています。

自宅専用のパソコンでも、パソコンケースはとっても役に立ちます。そこで、パソコンケースの必要性や代用品をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

パソコンケースの役割

衝撃から守る

パソコンに物を落としてしまったり、最悪の場合パソコンを落としてしまうこともあります。

パソコンは精密機器なのでちょっとした衝撃にも弱く、一歩間違えれば液晶が割れてしまったり、ハードディスクが壊れてしまうこともあるので、パソコンケースのほとんどにはクッション材が使われています。

 

圧迫から守る

パソコンをそのまま鞄に入れて持ち運ぶと、鞄の中の物がパソコンを圧迫してしまったり、満員電車で身動きが取れない場合など、パソコンに負担がかかるのはよくありません。

ハードタイプのパソコンケースは形を留め、外からの影響を受けにくいタイプもあります。

 

ホコリから守る

ホコリやゴミはキーボードの隙間やパソコンの底から内部に入り、空気がスムーズに流れなくなる原因になります。

さらに帯電を起こしてパソコンが起動しなくなるリスクもあるので、使わない時はしなるべくケースに入れて保管しましょう。

 

液体から守る

基本的に電子機器は液体に弱く、精密機器になれば湿度が高いのも故障の原因になります。自宅でうっかり液体をこぼしてしまったり、芳香剤スプレーをまいてもパソコンケースが守ってくれます。

雨の日はもちろん直射日光で日焼けしてしまったりするので、屋内でもケースが必要になります。

 

 

スポンサーリンク

パソコンケースの代用品

★インナーケース

通勤バッグやリュックの中に、パソコンを入れて持ち運びたい方におすすめのインナーケースは、普段使っている鞄と組み合わせて使います。小物ポケットが付いていたり、シンプルなクッション材で作られているので、安心して持ち運ぶことができます。

https://twitter.com/Hakata_Hands/status/1270995793122476032?s=20

 

★トートバッグ

トートバックはA4 サイズのパソコンを入れても余裕があるので、充電器やマウスなどの周辺機器も一緒に持ち運べます。マチがあるタイプは容量もたっぷり入るので、トートバッグのみで出かけられます。自宅でパソコンを保護したい時にも活用できます。

 

★クッションケース

緩衝材になるスポンジやマットで作られているクッションケースは、電子機器や精密機器を持ち運ぶのにピッタリのアイテムです。A4サイズ以上の取り扱いが少ないですが、それでも15インチまでパソコンを入れることができます。

 

★タオル

急遽持ち運ぶことになったり、たまにはカフェで作業したいと思った方は、タオルで代用できます。クッション材としての役割をしてくれるので、なるべく厚手のものを選びましょう。自宅にあるもので対応したい方は活用してみてください。

 

★緩衝材

緩衝材にも種類があり、ウレタンタイプやバブルタイプなど種類がありますが、どれも配送などで使われているので安心して代用できます。コンビニでも取り扱ってる店舗があるので、急にパソコンケースが必要になった時でも対応できます。

 

★ファスナー付きファイルケース

ケースとして周辺機器もひとまとめにできるので、鞄の中がかさばらなくて済みます。クッション性に劣るので、タオルや緩衝材と組み合わせて使えばより安心です。

自宅のパソコンケースとして収納しておけば、ゴミやホコリを防ぐことができるので活用してみてください。

 

★クラッチバッグ

スマートでデザイン性があるクラッチバックであれば、プライベートや女性でも使いやすい代用品です。厚手に作られているので傷付く心配がなく、ちょっとしたお出掛けなら十分活用できます。

 

★ビジネスバッグ

ほとんどのビジネスバッグは元々パソコンを収納できるポケットが備わっていたり、書類や資料の持ち運びに配慮され、型崩れしないように作られています。そのため、外からの衝撃にも強く、安心して精密機器を入れることができます。

 

マウスパッドの代用品についての記事もまとめましたのでこちらもどうぞ!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

持ち運ぶ機会がなくても、パソコンを守るために室内でもパソコンケースを活用できます。

ご紹介した代用品は基本的にクッション性があるものや、外からの影響から守るもので、パソコーンケースと同じ役割をしてくれます。

万が一のことを考えて複数の代用品を組み合わせれば、より安心して持ち運ぶことができるので、身近な代用品を活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました