パイの表面などに塗る卵黄の役割と代用できるモノを紹介

代用・食品

サクサクとした食感で、バターが効いてるパイは生地から作ると大変ですが、今は冷凍のパイシートが売られています。

 

家で作るのがとっても簡単で、甘いアップルパイやジャムやチョコを使ったパイや、季節の食材、サツマイモやカボチャを包んだり、キッシュやシチューに使ったり、パイを丸めるだけでクロワッサンにしたり、色んなアレンジができますね。

 

必ずと言っていいほど仕上げに塗る卵黄

 

わざわざ卵白と卵黄を分けて、卵白が残ってしまい、もったいないですよね。

 

でも塗らないと美味しそうな照りが出なくて見た目が少し残念になってしまいます。

 

そんな時に役立つ卵黄の代用品ご紹介します。

 

スポンサーリンク

■パイの表面に塗る卵黄の役割は?

パイ作りの仕上げに、必ず卵黄を塗るレシピがほとんどで、パンやスイートポテト、和菓子でも卵黄を塗ることが多いです。

 

卵黄の役割は意外と単純で、艶を出して、綺麗に美味しそうに見せてくれるためです。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

見比べてみると一目瞭然で、卵黄を塗らないものより、塗った方が美味しそうです。

 

もう一つ卵黄を塗る役割は、パイ生地を焦がさないこと。

 

いい焼き具合ならいいのですが、パイ生地は薄い層が何層にも重なってできているので、焦げやすいので、焦げるのを防ぐためにも卵黄を塗ります。

 

スポンサーリンク

■卵黄の代用

★みりん

照り焼き料理によく使われるみりんですが、照りを出すために使われています。

 

原材料には砂糖とアルコールが使われ、お菓子作りに使うイメージはありませんが、和菓子の栗まんじゅうや、焼きまんじゅうに、焼き色や照りを出すために使われることがあります。

 

加熱することでアルコールが飛び、照り意外に、深みと甘みが加わり、美味しく仕上げることができ、代用品におすすめです。

 

★はちみつ

トーストやパンケーキ、ヨーグルトなどにかけたり、ご家庭に常備している方も多いと思います。

 

はちみつを使うことで、照りも香りもよくなります。

 

身近なもので代用品を探して、はちみつがあれば是非使用してみてください。

 

★メープルシロップ

メープルシロップはスーパーでも簡単に手に入り、パイとの組み合わせもよく、代用品に向いています。

 

メープルシロップを塗ることで、メープルのいい香りと、パイ生地の焼けた香りを楽しむことができ、素敵なパイに仕上げることができます。

 

★バター・マーガリン

トーストに使ったり、もちろんパイを作る材料にもバターを使うので、手元にある代用品としてバターやマーガリンがおすすめです。

 

オーブンで焼くといい色に焼き色を付き、バターやマーガリンのいい香りはパイとの相性は抜群によく、美味しく仕上げることができます。

 

★砂糖

オーブンで焼いた時に砂糖が溶けて、砂糖をキャラメリゼしたような、いい色合いと照りが出ます。

 

砂糖のみでは取れてしまうので、牛乳を塗ってから砂糖を塗すと、綺麗に出来上がります。

 

多めに塗るとほろ苦さが出て、いいアクセントに仕上げてくれます。

 

★食用油

食用油は、サラダ油やオリーブオイルなど炒め物など料理に使う物なら何でも大丈夫です。

 

油が照りになり、いい焼き色がつきます。

 

お食事用に魚やお肉を使ったパイに使うのはもちろん、スイーツパイでも、塗る量が少量なので、油の香りも気にしないで済み、ご家庭にある身近なものなので、代用品におすすめです。

 

★マヨネーズ

マヨネーズには卵と油脂が含まれているので、焼き色と照りを出してくれます。

 

スイーツのパイに使用すると少し塩味が気になるかもしれませんが、パイ生地にバターを使用しているのでそこまで気になりません。

 

お食事パイであれば、コクが出て塩味も気にならず、問題なく使用できます。

https://twitter.com/sobasukiusa/status/1238763223785951233?s=20

 

★ジャム

チーズケーキやパウンドケーキを乾燥から防ぐために、ジャムを塗ることがあります。

 

綺麗な照りをしっかり出してくれるので、見た目が綺麗に仕上がります。

 

さらに、甘酸っぱいジャムがほんのり味わえて、美味しいパイに仕上げることができます。

 

ジャムを使ったパイであれば、そのままパイ生地にすぐに塗ることができ、代用品としておすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

実際、卵黄を塗る量も少量で、味に影響が出ない程度。

自分で作って食べるだけなのに、ちょっと面倒な工程で、分けた卵白の処理や、余った卵黄の使い道を考えたら、なくしていい工程ならそうしたいと思っている方も多いと思います。

ご説明した通り、卵黄の役割は艶を出すためなので、なくても大丈夫です。

ですが、パイ生地は薄い層が重なり、1層1層焼けやすく、すぐ焦げて黒くなってしまうのを防ぐために、是非代用品を使って、パイ生地をカバーしてあげてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました