万能調味料「きな粉」のおすすめ代用品3つご紹介

代用・食品

お餅を始め、スイーツや料理に合わせて使う「きな粉」。

 

大豆からできているので、健康にも良い調味料です。

 

様々なレシピに使えるため、常備しているという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ストックしてあると思っていたのに、残り少なかったりすると慌てて買いに行かなくてはなりません。

 

料理中に買い物に行くのは面倒くさいですよね。

 

そんな時は、代用品を使いましょう。

今回は「きな粉の代用品」ときな粉を使ったおすすめレシピをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

■きな粉の代用品3つ

きな粉がない時は、次の3つの食材で代用ができます。

★すりごま

1つ目にご紹介する「すりごま」は見た目もきな粉に似ていますよね。

 

ごまの風味が強いにので、甘さを足したい時は砂糖を加えると良いです。

わらび餅など和菓子によく合いますよ。

 

★アーモンドプードル

マカロを作る時に欠かせない「アーモンドプードル」。

 

アーモンドを粉末状にしたお菓子になります。

 

粉なので、見た目も近いです。香ばしさがあるので、お菓子にぴったりです。

https://twitter.com/ramune_413/status/1302612462533898242?s=21

アーモンドプードルは高価なので、特別な時に買ってみるのも良いですね。

 

★おからパウダー

豆乳や豆腐を作る際に残った大豆の絞りかすであるおからを乾燥させたものが「おからパウダー」です。

 

食物繊維が豊富で健康的な食材です。

きな粉が少しでもある場合は、一緒に使って風味を出すのも手ですよ。

 

 

スポンサーリンク

■自家製きな粉の作り方

きな粉は大豆と砂糖があれば、自宅でも簡単に作ることができます。

1. 大豆をフライパンで煎ります。

2. 焦げ目がついたら、10分程度冷まします。

3. すり鉢に入少しずつ入れ、粉々にします。

4. お好みで砂糖を加えて完成です。

市販のきな粉とは違い、大豆本来の風味が広がりますよ。

 

 

スポンサーリンク

■電子レンジで超簡単!絶品きなこ餅のレシピ

きなこ餅はレンジでも簡単に作ることができます。

ぜひ試してみてください。

【材料】
・切り餅2個
・きなこ大さじ2
・砂糖大さじ2
・塩少々
1. 餅を半分に切ります。

2. 餅をボウルに入れ、水をかぶるくらい入れます。

3. レンジで2,3分加熱します。

4. きなこ、塩、砂糖を混ぜておきます。

5. 加熱した餅をフォークなどで取り、4に絡めて完成です。

水に浸したまま加熱すると、程よい柔らかさになります。

 

 

スポンサーリンク

■きな粉を使ったおすすめレシピを2つ紹介

次にきな粉を使ったお菓子と料理をご紹介します。

おやつやおかずにぴったりですよ。

★止まらない美味しさ!さくホロきな粉クッキー

きな粉の香ばしい香りと味が口いっぱいに広がる「きな粉クッキー」。

サクサクでお子さんのおやつにどうでしょうか。

【材料】
・薄力粉220g
・きな粉20g
・砂糖25〜40g
・塩2g
・バター100g

こちらで小さめのクッキーが40個ほど作れます。

作り方はとっても簡単です。

1. 材料を混ぜ合わせます。

2. 生地を厚さ5〜7mmくらいに延ばし、好きな形に型どります。

3. 170℃に予熱したオーブンで20分やいて完成です。

生地がまとまらない時は油を少し垂らすと良いですよ。

 

★簡単!ほうれん草のきな粉和え

最後に夕食のおかずとして使える「きな粉和え」をご紹介します。

4人分の材料はこちらです。
【材料】
・ほうれん草1袋
・きな粉大さじ3
・砂糖大さじ1
・醤油大さじ1
・かつお節1袋
1. ほうれん草に塩を入れ、沸騰させたお湯でさっと茹で、よく水洗いをします。

2. しっかり水を切ったら、3cm幅に切ります。

3. ほうれん草と調味料を混ぜ合わせたら完成です。

小さなお子さんでも食べやすく、様々な場面で使えますよ。

 

 

■まとめ

・きな粉の代用は以下の3つがおすすめ。
【すりごま・アーモンドプードル・おからパウダー】

・大豆と砂糖があれば、自宅でもきな粉が作れる。

・レンジで簡単にきな粉餅が作れる。

・きな粉はクッキーや野菜と和えて食べるのがおすすめ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました