余ったホワイトリカーの使い道やおいしい飲みかたについてご紹介

スポンサーリンク
豆知識

果実酒やお酒のベースとして使用されるホワイトリカーは大容量で販売され、買ったはいいけどなかなか減らずに、使い方に困っている方も多いのではないでしょうか。

ホワイトリカーは様々な使い方ができるお酒なので、使い道を知れば余って困ることもなくなります。

そこで、ホワイトリカーの色々な使い道やおいしい飲み方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■ホワイトリカーが余った!おすすめの使い道

フルーツサワー

お好みの果物やシロップを加え、炭酸で割れば女性でも飲みやすいフルーツサワーができます。

ホワイトリカーは無味無臭なので、果物の味がしっかり味わえます。度数が高いホワイトリカーでも割合を変えれば飲みやすいお酒になります。

 

https://twitter.com/maomao5656_tomo/status/1135186418072838144?s=20

 

 

容器の消毒に使う

ホワイトリカーは不純物を除いているため、低濃度エタノールとして活用できます。

実際に梅干しを漬ける際にはホワイトリカーで消毒することがあります。ホワイトリカーは元々食品のため、食品の消毒に適しています。

 

 

 

フルーツや野菜を漬ける

フルーツや野菜をホワイトリカーに3ヶ月ほど漬ければ、美味しい果実酒ができます。

高いアルコール度数と、無味無臭の特徴を活かしたホワイトリカーの定番の使い方です。お好みのフルーツや野菜を漬けて、果実酒を楽しんでみてください。

 

 

 

焼き菓子

焼き菓子にはリキュールやブランデーなどを使って、水分の蒸発や腐敗を防ぎます。

ホワイトリカーも同じ役割があり、焼き菓子を作る時に活用できます。

風味をよくしたい場合は、果実酒を作って、それをお菓子作りに活用してもおいしいので活用してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

■ホワイトリカーを消毒に使う上で気をつけること

長期保存して余っていたホワイトリカーは、アルコールが揮発してアルコール度数が低くなっている場合があります。

そのため、消毒に使う際は1年経過しているものは使用できません。

開封してから1年以内で、しっかり保存してあるものを使用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

■ホワイトリカーの使い道は豊富!梅以外の酒レシピ

りんご酒

りんごをホワイトリカーに漬けると、りんごの香りがしっかり抽出されたお酒になります。小さくカットすれば味も濃いお酒に仕上がるので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

いちご酒

いちごは果汁が出やすく、甘酸っぱい味わいが強いお酒に仕上がります。ホワイトリカーに浸かったいちごも活用方法が広く、お菓子作りやそのまま食べてもおいしく召し上がれます。

 

 

クコの実酒

クコの実は1年中気軽に手に入り、香りや味が出やすく2ヶ月程度漬け込むだけで楽しめます。クコの実は健康や美容にもよく、香りや風味が強い果実酒ができます。

 

 

 

スポンサーリンク

■ホワイトリカーはそのまま飲める?おいしい飲みかた

★炭酸割り

ホワイトリカーは炭酸で割るだけで飲むことができます。炭酸水にお好みで砂糖を加えたり、炭酸飲料や市販のサワーで割ってもおいしいので、手軽に好きなお酒を作れます。

 

 

 

★お湯割り

アルコール度数が高いため、お湯で割るとアルコールが飛んで飲みやすくなります。寒い冬にはショウガを加えたり、昆布茶などを加えてもおいしくなり、色々なアレンジが楽しめます。

 

 

 

★お茶割り

割りものの定番として緑茶やウーロン茶から、風味や香りがよく女性にも人気のジャスミン茶やルイボスティーは健康にもいいお茶なので、色々なお茶で試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

★梅干し割り

梅干しのさっぱりとした酸味が加わり、疲労回復にもなって夏にぴったりのお酒です。

炭酸で割ればスッキリとした味わいで、お湯で割れば体が温まる1杯になります。

はちみつ漬けの梅干しは、酸味がマイルドで飲みやすいので、お好みの梅干しを使ってみてください。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

ホワイトリカーは飲む意外にも、消毒やお菓子作りにも使うことができます。

ホワイトリカーの特徴を活かして、色々なアレンジができる魅力があります。

ご紹介した使い方や飲み方を参考に、ぜひ色々なお酒を楽しんでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました