エンボスヒーターの代用品はコレ!家にあるモノで代わりを探す!!

代用・生活

日常ではあまり聞き慣れないエンボスヒーターは、最近人気のレジンクラフトによく使われます。レジン液のように粘度がある液体は気泡が入りやすく、取り除く作業は結構根気がいります。

そこで便利なのがエンボスヒーターですが、一般家庭にあるものではありません。

そこで、エンボスヒーターの代用になる身近なアイテムをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

そもそもエンボスヒーターとは?

エンボスヒーターはハンドメイドで使用されるアイテムで、名前の通りエンボス加工をするために作られたハンディタイプのコンパクトなヒーターです。

扇風機やドライヤーと違い優しい風で、クラフトの際に加工しやすいのが特徴です。

種類によって様々ですが、低温なら約120度、高温になると約250度の温風を出し、温度調節可能なものや温度切り替えができるタイプがあります。

 

 

スポンサーリンク

エンボスヒーターの役割

★エンボス加工
お手紙やラッピングに使われるエンボス加工は、専用のパウダーを使って浮き上がらせます。その際にエンボスヒーターを使ってパウダーを溶かし、綺麗なエンボスに仕上げることができます。

エンボスヒーター持ってる方必見!エンボス加工してみたよ。

 

★プラバン作り
エンボスヒーターは高温の温風が出るため、プラバンを作ることができます。

トースターで熱して作ることが多いと思いますが、形がいびつになることがあります。エンボスヒーターは局部に当てることができるので、綺麗な平に仕上げることができます。

ドールハウス道具 エンボスヒーターでプラ板の作品を作る

 

★レジンの気泡を取り除く
元々粘度があるレジン液は気泡が入りやすく、なかなか取り除けません。特に気温が低い冬場はレジン液が冷えて粘度がますので、根気のいる作業で面倒に思う方も多いと思います。

そんな時はレジン液を温めて緩くすることで気泡が抜けてくれます。

レジンでエンボスヒーターの使い方

↓UVレジンについての記事も書いています。興味ある方はこちらもどうぞ↓

UVレジンが固まらない場合の解決方法

 

★プラスチック粘土
お湯を使ってプラスチック粘土を柔らかくし、色々な形に加工しますが、お湯を使わずにエンボスヒーターでプラスチック粘土を柔らかくすることができます。

高温のエンボスヒーターを使えば一気に柔らかくなり、こまめに温めることで細かい細工に時間をかけることができます。

【初心者必見】レジンを使わないで、透明感のあるアクセサリーを作りたい!【おゆまる・イロプラ】

 

★キャンドル作り
人気のキャンドル作りはインテリア代わりになり、気軽にオリジナルキャンドルが作れるキットも販売されているので、自宅でキャンドルを作る人が増えています。

温風を当てることでキャンドルを溶かし、作る際に垂らしてしまっても溶かして拭き取ることも可能になります。

キャンドル作りに欠かせない!とっても便利な「エンボスヒーターの使い方」ほんとにおすすめ♡

 

 

スポンサーリンク

エンボスヒーターの代用品

★ドライヤー

温風を出せるドライヤーはエンボスヒーターと同じような役割があるので、代用品として活用できます。ドライヤーの方が風が強いため、周りの物が飛ばないように注意して使用しましょう。

https://twitter.com/tack_lime/status/1187134574830030848?s=20

 

★湯せん

レジン液は温めると粘度が低くなり、扱いやすくなります。事前に湯煎しておくと気泡が入っても抜けやすく、仕上がりも綺麗になります。

熱くしすぎると作業がしにくく、火傷の危険があるので温めすぎないようにしましょう。

80℃前後の温度がいいですね。

レジンの湯煎効果

 

★歯間ブラシ

歯間ブラシにはブラシタイプやシリコンタイプなど種類がありますが、でれも表面張力の強いので、気泡を簡単に抜くことができます。

ブラシタイプの方が細かい気泡を潰せるので、お好みの物を選んで使ってみてください。

【100均レジン】星のキーホルダー作ってみた&100均グッズで簡単に気泡をとる方法【UVレジン】

 

★ヘアピン

ヘアアレンジに使われるヘアピンの曲がっている部分を使って気泡を取り除くことができます。気泡がすくいやすい形状なので、大きい気泡から小さい気泡まで綺麗に取り除くことができます。

女性なら持っている方も多いと思うので、ぜひ活用してみてください。

https://twitter.com/sakurairon55/status/1055482070716243970?s=20
【爪楊枝を使わない!? 気泡をなくす方法】 レジン 【オリジナル】

 

★ライター

粘度があるレジンでも時間が経てば気泡が浮いてきます。1個1個気泡を取るのが面倒な方はライターの火で表面を熱すると気泡が割れるので、仕上がりも綺麗になります。

型や容器は熱に強く作られていないので、レジンにだけ当たるように気を付けて行ってください。

How to remove air bubbles in resin / レジン中の気泡を除去する方法

 

★暖かい物の上に置く

温かいものの上に置くだけで十分レジン液を温めることができます。お湯を入れた容器にラップを被せ、その上にレジンを流し込んだ容器を乗せれば、作っている途中に入り込んだ気泡も取り除くことができます。冬の時期ならカーペットやこたつの上などにおいて温めるのもありですね!

 

★爪楊枝

最もポピュラーな気泡の取り方です。爪楊枝で気泡を挿して潰したり、すくって取り除くことができます。

色が混ざらないようにこまめに取り換えられるので、使い捨てできるので代用品におすすめです。

⊛質問返信⊛レジン気泡の取り方#18

 

★気泡を取り入れたデザインにする

気泡が入っているデザインにすると潤い感や海中風な仕上がりになり、デザインとしても人気があります。

大きい泡や小さい泡を組み合わせて配置することで色々な表現ができるので、試してみてください。

【UVレジン 100均】(再投稿)泡いっぱいの雫チャーム作ってみました♡UV resin, many bubble drop charms

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

エンボスヒーターがなくても気泡の取り除き方には色々方法があり、ご紹介した身近にある代用品で十分綺麗に仕上げることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました