犬用オムツの代用するならこれ!ないって時はこれを使おう

代用・生活

老犬になると、歩行困難でトイレも決まった場所でできなくなくなります。そのため、乾もオムツをつけるのが大切です。

しかし、わざわざ犬用のオムツを買うとなるとコストもかかります。人のオムツでは代用できないのでしょうか?

今回は、犬用オムツに関してまとめていきます。犬用オムツのおすすめ代用品もご紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

犬用オムツにはこんなサイズがある

犬用オムツにも人間と同じように様々な種類やサイズがあります。超小型犬のSSSサイズ〜大型犬のLLサイズまで大きく6種類に分かれています。

犬種によって大体のサイズは決まっていますが、さらに細かく測りたい場合は、お腹周り・足のつけね・お尻からしっぽまでの長さをメジャーで計測すると良いです。

初めてオムツを付ける場合は、オムツは危険なものでないと教えてあげましょう。

急に身体を押さえつけてオムツをつけようとすると暴れてしまいます。履いた後におやつをあげるなどしてしつけておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

犬用オムツは男の子と女の子で別?

犬用オムツは商品によって、性別が分かれていることがあります。犬も性別によって、排泄方法が異なります。

それぞれに適した範囲をカバーできるようになっているので、異なる性別のオムツを使用してしまうと、排泄物を上手くカバーできないことがあります。

 

一般的に犬用オムツは巻くタイプとパンツタイプがあります。巻くタイプは、オスや老犬に適しています。巻いてテープで止めるだけなので履かせやすいオムツです。

一方、パンツタイプはメスに適しています。犬の腰からお尻までを幅広くカバーするため、尿漏れなどがしづらいという特徴があります。

 

 

スポンサーリンク

犬用オムツの代用はこれ!

犬用のオムツは代用ができます。以下でおすすめをご紹介していきます。

人間用紙オムツ

人に使う紙オムツはおすすめの代用品です。1枚あたりおよそ20円と犬用のオムツを買うよりコストも抑えられます。

人間用の紙オムツを使用する場合は、お尻に尻尾の穴を開けることを忘れないようにしましょう。切り込み周辺はガムテープなどで固定するのが良いです。

 

 

人間用布オムツ

紙オムツが代わりになるのであれば、布オムツもおすすめです。布なので、洗濯すれば繰り返し使えます。経済的ですね。

好きなように加工できるので、性別問わず使えるのも魅力の一つですよ。

 

 

ビニール袋+タオル

ビニール袋とタオルを合わせて、オムツ代わりにすることもできます。タオルをベルトなどで巻きつけておきましょう。

ビニール袋は漏れてしまった時に使えるので便利ですよ。そのままゴミに出せるので、手間もかかりません。

 

 

未使用オムツ+タオル

もちろん、オムツにタオルをつけておくのもおすすめです。二重に巻きつけることで漏れる心配もありません。

タオルの柄にこだわることもできるので、洋服代わりとしても重宝します。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・犬用オムツは犬種によってサイズが異なる。

・犬用オムツは巻くタイプとパンツタイプがある。

・性別によって履く種類が異なる。

・初めてオムツを付ける場合はオムツは危険なものでないとしつける。

・犬用オムツの代用品は以下のアイテムがおすすめ。
【人間用紙オムツ・人間用布オムツ・ビニール袋+タオル・未使用オムツ+タオル】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました