マタニティパジャマの代用まとめ!もったいないという方は必見!!

スポンサーリンク
代用・生活

お腹が多くなってくると、普通のパジャマでは窮屈です。そんな時におすすめなのが「マタニティパジャマ」。ゆったりとしていて、着心地も良い素材です。

しかし、わざわざ買わなくてもいいのではないか、他のもので代用できないかと思う方も多です。

今回は、マタニティパジャマの代わりとなるアイテムをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

マタニティパジャマの選び方

マタニティパジャマといっても様々なタイプがあります。妊娠中から出産後まで快適に過ごすためにパジャマを選ぶ際は以下のポイントに注意すると良いです。

まず一つ目は、

ウエスト部分が調節できるズボンを選ぶことです。妊娠中はお腹の大きさが変化します。それに合わせて、ズボンを変えていくのは大変なので、ウエストを調節できるズボンを選びましょう。

二つ目に

丈の長さにも注目です。丈の長いものはパジャマに見えにくく、1日を通して使うこともできます。パジャマ姿をあまり人に見られたくない人は、おしゃれなデザインのマタニティパジャマを選ぶと良いです。

また、丈の長いものはズボンを履かなくて良いため、身動きも楽ですよ。

 

最後に季節も考えておきましょう。春夏に着るなら、コットン素材がおすすめです。汗を吸収し、通気性も良いですよ。

秋冬ならパイル素材・タオル素材などの厚手パジャマがおすすめです。冷え性の方は、裏起毛のものを選んだり、カーディガンを羽織ったりするのもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

授乳口は無くても大丈夫?

授乳口がついているパジャマなら、脱がずにそのまま授乳ができるので楽ですが、もちろんなくても大丈夫です。着替えのタイミングで授乳を行えば、問題ありませんね。

授乳口があってもあまり使わなかったという方もいらっしゃいます。好きなタイプのパジャマを選ぶと良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

マタニティパジャマを代用で済ますなら

マタニティパジャマを買わずに、他のもので代用したいという方は以下のアイテムがおすすめです。

男性用の洋服

男性用の洋服は女性物と比べると、大きめに作られているので、ダボッと着ることができます。お腹が大きくても安心ですね。

要らなくなったら、旦那さんにあげれば良いので、無駄なく使えそうです。

 

 

大きめのゆるいワンピース

大きめのワンピースもおすすめです。普段着るサイズより大きめのものを買いましょう。

ワンピースはデザインも豊富でパジャマとしてだけでなく、部屋着としても使えますよ。お腹が大きくても、着替えがスムーズにでき、身動きもしやすいですよ。

 

 

大きめのシャツワンピース

ワンピース同様にシャツワンピースも使えます。シャツなので、気軽に外にも出歩けますね。

 

コットン素材だと肌触りも通気性も良いのでおすすめです。

 

 

前開きパジャマ

前開きパジャマは授乳がしやすいです。急に陣痛などが来ても、脱ぎやすいので、すぐに対応ができます。

授乳口付きのパジャマなら、どこでもすぐに授乳ができるのでおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・マタニティパジャマはウエスト調節できるズボンだと良い。

・丈が長く、前開きのタイプは授乳がしやすい。

・肌に優しいコットン素材がおすすめ。

・マタニティパジャマの代用は以下のアイテムがおすすめ。
【男性用の洋服・大きめのゆるいワンピース・大きめのシャツワンピース・前開きパジャマ】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました