クーベルチュールチョコレートの代用で品はコレ!お手ごろな代わりを紹介

代用・食品

「クーベルチュールチョコレート」という言葉をご存知の方は多いもの。

しかし一方で、実際にどのようなチョコレートのことを差すのか、説明できる方は少数にとどまります。

 

 

今回はそんな、意外と知らないクーベルチュールチョコレートに焦点を当て、手軽に代用できるいくつかのアイテムと合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

■クーベルチュールチョコレートとは

クーベルチュールチョコレートは、ケーキなどの製菓の仕上げに主に使われる、脂肪分の高さが特徴のチョコレート。

 

製菓に用いるのに最も適して味わい、そして口どけを研究し、作られています。

 

とはいえ、脂肪分が高いというだけでクーベルチュールを名乗ることはできず、

カカオ分35%以上、カカオバター31%以上が含まれている

カカオバター以外の代用油脂は5%以内に収まっている

という厳しい国際規格が定められています。

例外的に、日本では製菓用のチョコレート全般を差してクーベルチュールチョコレートと呼んでいる場合があります。

 

カカオとココアバターの占める割合が高く、カカオ本来の濃厚な味わいが楽しめるほか、液状にしたときのなめらかな流動性・固まったときの美しいツヤが特徴です。

 

特に、ガトーショコラショコラなどのしっとりとしたチョコレートの味わいを出したいお菓子に使用したり、製菓をコーティングしたりするときに用います。

 

クーベルチュールには、フランス語で「カバー(おおう)」という意味があります。

スポンサーリンク

■クーベルチュールチョコレート代用

美味しいチョコレート菓子作りの必需品・クーベルチュールチョコレート。

しかし、取り扱っている場所が限られるうえ、少々お値段が張ってしまいます。

そこで、手軽に買えてそれなりに味を近づけられる代用品はないものか、調べてみました。

★ビター・ブラックの板チョコ

どのスーパーでも必ずと言っていいほど売られている、市販の板チョコ。

中でも、カカオ分の多いビターチョコレートやブラックチョコレートなら、クーベルチュールの代用として使っても違和感がありません。

ビター・ブラックチョコレートはそのまま食べることを目的としているため、カカオの苦みと酸味が主張するように作られています。

 

甘味をプラスして和らげてあげると、クーベルチュールチョコレートに近い味わいを出すことができます。

 

材料費が安く済み、なおかつ既にテンパリングされた状態になっているので、適温で鍋にかける手間も不要なのが嬉しいポイント。

 

稀にですが、製品によっては加熱中に含まれる乳成分が分離してきれいに固まらないことがあるので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

■代用品使う時の注意点

代用品は使う場面が限られる

市販の板チョコはクーベルチュールチョコレートに比べて粘り気があり、コーティングに使う際にはややコツが必要です。

 

また、一度溶かすと温度変化に弱くなり、溶けやすくなってしまうため、繊細なチョコレート飾りを作るのにも向いていません。

 

含まれるカカオ分をよく見てから購入する

カカオ分が低すぎると、クーベルチュール特有のカカオの香りが再現されず、まったく異なる味わいに仕上がってしまいます。

 

カカオ分が少ないということは、逆にそれ以外の添加物の割合いが多いということでもあります。

 

余計な添加物も風味の邪魔をする原因になりかねません。

 

他メーカーのチョコ同士を混ぜて使うのは厳禁

混ぜたら相乗効果でもっと味が豊かになりそう!

と思ってしまいますが、チョコレートはカレールーのようにはいきません。

 

同じビター・ブラックチョコレートでもメーカーそれぞれに配合が異なり、混ぜ合わせることでそのバランスが崩れ、固まらなくなってしまうことがあります。

 

固まったとしてもうまく馴染まず、仕上がりが悪くなる…なんてことも。

一つの製菓には、必ず同じメーカーのチョコレートを使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

■クーベルチュールチョコレートにも種類がある

クーベルチュールチョコレートは、大きく分けると3種類に分類できます。

 

ダーククーベルチュールチョコレート、ミルククーベルチュールチョコレート、ホワイトクーベルチュールチョコレートの3つです。

 

ダーククーベルチュールチョコレート

ダーククーベルチュールチョコレートはダークとも呼ばれ、クーベルチュールの中でも人気のある種類です。

 

カカオマスに砂糖や香料などを加えることで作られ、カカオ本来のシンプルな風味を楽しむことができます。

 

ミルククーベルチュールチョコレート

ダーククーベルチュールチョコレートにミルクを加えたものがミルククーベルチュールチョコレートです。

ほどよい甘さと優しい口当たりで、子供から大人まで親しみやすい風味をしています。

 

ホワイトクーベルチュールチョコレート

カカオマスが入っていない白いタイプもあります。

 

カカオマスが含まれないため国際規格にはそぐわないのですが、こちらもホワイトクーベルチョコレートの名前で広く流通しています。

 

抹茶・苺・プラリネなどと混ぜて使用することが多い種類です。

 

 

■まとめ

・クーベルチュールチョコレートは、製菓に最適に作られたカカオの風味豊かで脂肪分の高いチョコレート
・カカオ分の多い市販のビター・ブラック板チョコで代用可能!
・代用品は粘度が高く、コーティングに使うには不向き
・代用品を選ぶときには「カカオ分」に注意。他のメーカーのものと混ぜない
・クーベルチョコレートは大きく分けて3種類。用途に応じた使い分けを

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました