クッキングシートでサンドイッチやお弁当の簡単な作り方を紹介

スポンサーリンク
豆知識

料理に便利なクッキングシートは、使い方も幅広く、今となってはおしゃれな柄もたくさん販売され、ラップサンドやサンドイッチのラッピングに使う方も多いのではないでしょうか。

柄があるものが加わることで、お弁当も華やかになり、おしゃれなカフェランチのような雰囲気になります。

そんなラッピングやお弁当を作ってみたい!という方のために、クッキングシートを代用した包み方や、お弁当アレンジをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートを使ったサンドイッチの包み方

クッキングシートを敷いたランチボックスにサンドイッチを入れるだけで、おしゃれなカフェ風のランチボックスになります。

もう少し食べやすくしたいと思う方はサンドイッチを包んでみてください。

 

<サンドイッチの包み方>

100均クッキングペーパーで・サンドイッチの包み方

1,シートの長い辺を半分に折ります

2,端を1cm幅で3回くらい折ります

3,シートを開いて、サンドイッチを真ん中に置きます

4,先程の折り目に合わせて折っていきます

5,サンドイッチの左右に沿わせてペーパーをおさえます

6,シートの片側を三角に折り、後ろに折り込みます

7,反対側も同じように折ります

8,シートの上から包丁でサンドイッチを切って完成です

 

 

スポンサーリンク

■サンドイッチを包むコツ

ソースがはみ出してしまったり、野菜から水分が出てきてしまうので、心配な方はラップに包んでからクッキングシートで包みましょう。

ラップを巻くことで汁が垂れたり、バラバラになるのを防ぐことができます。

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートで作るお弁当カップの簡単な作り方

クッキングシートを敷くだけでも、洗い物が楽になる真似したくなる活用法です。お弁当をもっと華やかにしたい方は、お弁当のカップをおしゃれなクッキングシートを代用してみてください。

 

<お弁当カップの作り方>

クッキングシートで代用!レシピやトースターにも使える箱の折り方

1,正方形を作ります
2,半分に折り、さらに半分に折ります
3,開いて三角形に折り、さらに三角形に折ります
4,開いて四隅を中心に合わせて折ります
5,四角形1/4で折り、4ヶ所に折り目をつけます
6,開いて端を内側に折り込みます
7,反対側も折り込んで完成です

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートでお弁当を詰めるコツ

お弁当を詰める時は、大きいものや幅を取るものから入れていくと、崩れたり中で混ざったりするのを防ぐことができます。

クッキングシートを折ってお弁当カップを作れますが、サイズが合わなければ、コップの底に合わせて型をとれば、どんなサイズのおかずにも合わせやすく、崩れないようにきっちり詰めることができます。

https://twitter.com/mutsuki14/status/1074662737794392064?s=20

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートでチョコペンコルネの作り方

プロのパティシエも、クッキングシートでコルネを作って使用します。自宅でも簡単にデコレーションを楽しめるので、活用してみてください。

 

<コルネの作り方>

【チョコペン】一般男性パティシエによるパイピングの練習方法【コルネの作り方も解説】

1,直角三角形にカットしたシートを用意します
2,シートを巻いて、先端を先に作ります
3,先端を持ったまま、シワを作らないようにシートを巻いていきます
4,一番飛び出た部分を中に折り込んだら完成

 

スポンサーリンク

■クッキングシートのチョコの剥がし方

キャラクターや色々なデザインをチョコペンで書いた後、剥がす時が一番緊張しますよね。ラインを描いて、カラーチョコで埋めたら、最後に必ず背面を埋めて、厚みをもたせます。

そうすると剥がす時も割れずに、クッキングシートから剥がせます。細いラインのデコレーションは割れやすいので、しっかり固めてから剥がしましょう。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

クッキングシートと言えば料理に便利なアイテムでしたが、おしゃれなデザインが販売され、活用できる幅がとっても広くなりました。

少し工夫すれば、サンドイッチもお店のような仕上がりにすることができ、色々なものにクッキングシートを代用することができます。

ご紹介したお弁当カップもコルネも多くの方が活用していますので、ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました