クッキングシートの簡単な敷き方や綺麗な剥がし方を徹底紹介

豆知識

お菓子作りに欠かせないクッキングシートは、最も定番の活用法です。そんな便利なクッキングシートですが、スポンジを焼いた時型から綺麗に外せても、クッキングシートが綺麗に剥がせない。

それ以前に型に綺麗に敷けない、などに悩んでいる方は少なくありません。

そんな方のために、綺麗に敷く方法や、綺麗な剥がし方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■失敗しない!クッキングシートの簡単な敷き方

型紙の敷き方 パウンド型、丸型、正方形の型、ロールケーキ型|HidaMari Cooking

★パウンド型
1,型の上部からシートが1~2cm出るように切ります
2,シートの上に型を置き、軽く折り目をつけてから、両端を揃えるように跡をつけます
3,型を外し、しっかり底の大きさに折り目をつけます
4,ハサミを使って切り込みを4ヶ所入れます
5,最後に型にはめ込んで完成です

 

★丸形
1,型の上部からシートが1~2cm出るように、側面用のシートを切ります
2,シートの上に型を乗せ、鉛筆などで線を書きます
3,線に沿ってハサミで底に敷くシートを切ります
4,最後に型にはめ込んで完成です

 

★正方形
1,型の上部からシートが1~2cm出るように切ります
2,シートの上に型を置き、軽く折り目をつけてから、四隅を揃えるように跡をつけます
3,型を外し、しっかり底の大きさに折り目をつけます
4,ハサミを使って切り込みを4ヶ所入れます
5,最後に型にはめ込んで完成です

 

★ロールケーキ型
1,型の上部からシートが1~2cm出るように切ります
2,シートの上に型を置き、軽く折り目をつけてから、四隅を揃えるように跡をつけます
3,型を外し、しっかり底の大きさに折り目をつけます
4,ハサミを使って切り込みを四隅に入れます
5,最後に型に敷いて完成です

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートの綺麗な剥がし方

★焼き上がったらすぐ取り出す
金属製の型は、冷えるとスポンジの表面をすぐに冷ましてしまい、内部との温度差が出てしまいます。

そうなると焼き縮みにムラが出て、表面が傾いたり割れていびつになってしまいます。焼き上がりを見て、再加熱が不要であればすぐにオーブンから取り出しましょう。

 

 

★水蒸気を一気に抜く
取り出したら15cmくらいの高さから型を落とし、底の部分をテーブルに打ち付けます。

その時に衝撃が加わることで、生地の内部にある水蒸気が逃げ、冷める時に変形するのを防ぐことができます。

なんてことないひと手間ですが、綺麗に仕上げる大事な工程です。

その後ゆっくり型から生地を出し、粗熱を取っていきます。

 

 

★ケーキクーラーや網を使う
焼きあがったスポンジはケーキクーラーの上で冷ますことで、下から風が通ることで蒸気を溜めずに、冷めやすくなります。

ケーキクーラーがない場合は、揚げ物用の網が代用に使えます。

 

 

★じっくり冷ます
早く乾かそうと扇風機で風をあてたり、冷蔵庫に入れたりすると、生地が乾燥してパサパサのスポンジになってしまいます。

季節によって室温に差があるので、夏場は冷めにくいですが、そのまま放置しておくのが一番いい冷まし方です。

ケーキの種類によってはしっとり仕上がるように、ラップをかけて乾燥を防ぎます。

粗熱が取れる間に形が整い、完全に冷めたらクッキングシートをゆっくり外せば綺麗に剥がれます。

 

 

スポンサーリンク

■クッキングシートを敷き忘れた場合

セラミックコーティング加工がしてある耐熱ガラスの型なら、そのままひっくり返すだけで綺麗に外せます。

一方金属製の型の場合は、くっつきやすくなかなか取れません。

そんな時は、お菓子作りが好きな方の中には、シフォンナイフを持っている方も多いと思います。型とスポンジの間にシフォンナイフ、なければ包丁や竹串を入れて側面を1~2周させれば綺麗な形に外せます。

油分が多いパウンドケーキなどは、包丁や型を温めると外れやすくなります。

レアチーズケーキの型から外し方( DoCook銀座料理教室)

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

パウンドケーキやスポンジケーキ、上手に焼きあがったのに一番緊張するのが、クッキングシートを剥がす瞬間ですよね。

形がいびつになってしまったり、崩れてしまうと結構ショックだと思います。

ですが、しっかりとポイントを抑えることで、綺麗に剥がすことができます。

綺麗に剥がす方法をご紹介しましたが、綺麗に敷くことも大事なポイントです。

敷き方・剥がし方ご紹介した内容を参考にチャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました