コンビニ・100均にはどんなクッキングシート がある?ラッピングアイデアも紹介

スポンサーリンク
豆知識

お菓子作りに必要な道具の一つにクッキングシートがあります。

クッキーやケーキなどの焼き菓子をつくるときに敷くことで、食材が道具から取れやすくするための紙です。

ホームセンターなら必ずあるものですが、100均でも高品質なシートもあるんですよ。

今回はコンビニや100均で買えるクッキングシートについて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■コンビニで売ってる?値段も紹介

コンビニでの取り扱いはかなり限定的です。

セブンイレブンにはセブンプレミアムの商品の中にクッキングシートがありますが、ローソンは他メーカ品、ファミリーマートは取り扱いそのものがないとのことでした。

仮に取り扱っていても、置いてあるお店はあまりないと思った方が良さそうですね。

 

セブンイレブンで取り扱いのクッキングシートは、

セブンプレミアム クッキングシート30cm×5m(税込217円)です。

価格も決して安いとはいえないので、買い物先の候補としては弱いですね。

 

スポンサーリンク

■100均のクッキングシート

★ダイソー

<特徴>
● 有名キャラクター商品がある
● サイズは無地30cm×5m、25cm×6m、柄入りは25cm×3m(または4m)

無地のものから柄入りまで豊富な品揃えです。柄入りはディズニーやミッフィーなどの有名キャラクターが入っているものもあります。

どちらかというと可愛らしい柄が多い印象ですね。

幅が25cmのものはオーブンの天板によっては小さいこともあります。使うときは天板の大きさを確認して買った方が良さそうです。

ダイソーには「プレミアム」と名のついたグラシン紙のシートもあります。

 

 

★キャンドゥ

<特徴>
● 日本製
● 大きさは幅25cm×2.5m(他サイズもあり)

こちらも柄入りのシートの取り扱いがあり、幅が25cmになっています。ダイソーと同じですね。

キャンドゥのクッキングシートは表面が少しざらざらしています。

中には油が下に通ってしまうシートもあるのですが、こちらは油を通さず、のせた食材がきれいにはがれるという点で使いやすいのが特徴です。

どちらも100均なので、100円で買えます。

ホームセンターなどで購入すると200円以上することもあるので、かなりお値打ちといえます。普段そんなに使わないから少しだけあればいい、という人にはぴったりですよね。

100均の商品は季節や店舗などによって、入荷する商品の内容がすぐに変わることがあります。まずはお店へ行って確認してみるのがよさそうです。

 

 

スポンサーリンク

■セリアのクッキングシートがおすすめ

キャンドゥでも柄が入っているクッキングシートがありましたが、セリアのクッキングシートもオシャレなものがあります。

柄の入ったものは料理だけに使うのは少しもったいない気もしますよね。
セリアには無骨なカッコいい柄のものもあって、使い道もさまざまですよ。

 

● ピクニックや遠足のお弁当に
お弁当箱の仕切りや、サンドイッチの包み紙、手作りハンバーガーの包み紙として使うとオシャレな上に、味移りを防げるといった実用面でも活躍します。

 

● 菓子鉢の代わりやピーナッツの殻入れにも
箱状に折って、お菓子を入れてテーブルに出せばお皿の代わりにもなります。ポテトチップやフライドポテトといった油がついたものも、これで出せばお皿を洗わずに済みますよ。

ナッツ類の殻を入れるのにチラシを使う人もいますが、これならテーブルがオシャレに。殻と殻入れを一緒にまとめて捨てられます。

 

● インテリアに
額に入れたり、コルクボードに貼ったりしてインテリアとしても。ブルックリン調のカッコイイ柄を飾れば壁が締まった雰囲気に変身しますよ。

 

スポンサーリンク

■ラッピングアイデア(セリア)

キャンディのように両端をねじって口を閉じれば、食品をそのまま可愛くラッピングできます。

無地のものも少し透けているので、他のラッピング用紙と重ねて口をリボンで閉じれば、ひと手間加えた袋のようにラッピングできます。

また、クッキングシートにリボンで持ち手を付けてそのまま渡せる手提げバッグを作ることも。オシャレでセンスが光るラッピングが完成します。

 

セリア公式HP 無料手作りレシピ(作り方)ダウンロード「クッキングシートでトートバッグ」

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

● クッキングシートはコンビニでも買える
● 100均のクッキングシートは大きさも柄もさまざま
● お菓子作りだけでなく、お弁当やインテリアにも使える
● ラッピングにも使えてオシャレ

柄がついているクッキングシートはオーブンだけではなく、使い方の用途がとても広いですよね。

手作りのお菓子をプチギフトとしてプレゼントしたいときにも、ピッタリのアイテムです。うまく使いこなしてセンスが光る贈り物をしたいですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました