ケッパー(ケイパー)の味や効果について詳しく紹介

豆知識

フランス料理やイタリア料理を中心に、お魚料理やサラダに用いられるケッパーは、香辛料としても地中海沿岸で料理に加えられる食材です。

日本人には馴染みがなく、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか。

おしゃれな料理に入っているのは目にするけど、そもそもケッパーってどんな味?

どんな効果があるの?

という疑問をお持ちの方のために、ケッパーの味や効果・効能についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■塩漬けと酢漬けで違うケッパーの味

ケッパーは花のつぼみを酢漬けや塩漬けにしたものを言い、「オリーブのような味」と表現されるこがあります。

塩漬けはシンプルに塩のみで、酢漬けはワイン酢などの醸造酢と塩をメインに、商品によっては砂糖が加えられています。

塩漬けはかなり塩味が強く、塩抜きして使う方も少なくありません。単体では酸っぱく塩辛いので、料理のトッピングとして加え、料理のアクセントや味を引き締めるために用いられます。

また、解毒作用もあることから生魚を使った料理に薬味として使います。

 

スポンサーリンク

■ケッパーに含まれる栄養成分

私たち人間の生命維持や身体活動に欠かせない「脂質」「糖質」「タンパク質」の三大栄養素。

ケッパーにはバランスよく含まれ、美容や健康にいい「ビタミン」女性に欠かせない「鉄分」や「カリウム」などのミネラル、腸内環境を整える「食物繊維」が豊富に含まれています。

さらに、カプリン酸やケルセチンを多く含み、それに伴う健康効果が高い食品です。

 

 

スポンサーリンク

■ケッパーの効果・効能

★ダイエット効果
ケッパーの独特の香りと味わいの元となっているカプリン酸は、脂肪を分解する効果があり、ダイエット効果があります。

胃腸内のデトックス作用も高く、代謝もよくしてくれるので、女性に嬉しい効果があります。

 

★生活習慣病予防
運動不足やストレス、普段の生活習慣が原因で引き起こす生活習慣防は、脳卒中・ガン・心臓病など命に関わる病気です。

ケルセチンはビタミンEより強い抗酸化作用があるため、生活習慣病予防に効果があります。

 

★糖尿病予防
インスリンが十分に働かず、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう糖尿病。高血糖状態が続くことで合併症を起こしやすく、全身の臓器に影響を及ぼす病気です。

ケッパーに含まれるポリフェノールの一種であるケルセチンは、コレステロール値や血糖値を下げる働きがあり、糖尿病を予防してくれます。

 

 

 

スポンサーリンク

■ケッパーの販売店

★カルディ

輸入商品を扱うカルディは、ケッパーはもちろん様々な調味料から食品があり、SNSでも話題になる商品がたくさんあります。

ケッパーを加工した商品も人気で、初めて使いたい方も気軽に料理に取り入れやすいと思います。

 

 

★輸入食品スーパー

世界のグルメ旅が味わえる輸入食品を扱うスーパー。豊富な種類の食品が揃い、ケッパーを使った料理の材料も一緒に買って、本場の味も楽しむことができます。

 

 

★ネットショップ

多種多様のケッパーが選べ、レビューが見られるメリットがあります。初めてケッパーを買うのに悩んでいたり、違う商品を買ってみたいという方にもおすすめです。

 

 

■まとめ

イタリアンやフレンチで定番のケッパーは、栄養も豊富で健康効果の高い食材です。

いろんな料理に加える事ができ、塩味が効いているので調味料としても活用できます。

輸入食品を扱うお店やネットショップでも気軽に購入できるので、色んなアレンジを楽しんでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました