タコ糸の代用品まとめ!チャーシューやローストビーフにはこれでOK

代用・生活

チャーシューやハム、煮豚を作る時に使う「タコ糸」。

手の込んだ料理がのっているレシピ本によく使われています。

 

しかし、タコ糸は普段よく使うものではないので、

「タコ糸持ってないよ…」

という方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、そんな困った時に役立つ『タコ糸の代用品』をご紹介します。

 

合わせて、タコ糸をする意味など息になることもご説明していきます。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

タコ糸とは?

タコ糸を使う理由は、出来上がりの形をきれいに整えるためです。

 

タコ糸無しで塊のお肉を調理すると、少し形が崩れてしまいます。

 

お店の場合は、それでは商品としてイマイチなので、タコ糸で縛って形をきれいに整えるのです。

なので逆に言えば、形を気にしない場合はタコ糸を使わないという選択肢もあるということです。

 

でもせっかく作るならきれいに作りたいですよね。

 

なのでこれから、タコ糸の代用になるものをご紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

タコ糸の代用品3つ

ラップ

タコ糸の代わりにラップを使ってお肉の型崩れを防ぐことができます。

 

下味をつけたお肉をラップで巻き、電子レンジでチン。

 

必要であればその後煮込んだり、焼いたりしてください。

 

型崩れしない立派なお肉ができますよ。

 

アルミホイル

アルミホイルで型崩れさせない方法があります。

 

下味をつけたお肉をアルミホイルで巻き、フライパンやグリルで加熱してください。

 

これできれいなチャーシューや煮豚をつくることができます。

 

発火する可能性があるので電子レンジには入れないでくださいね。

 

太めの輪ゴム

太めの輪ゴムもタコ糸の代わりに使うことができます。

 

お肉に輪ゴムを巻きつけ、熱湯で茹でればOKです。

 

ラップで巻いて輪ゴムをすればよりきれいに作ることができます。

 

オーブンに入れたり、グリルをしてしまうと輪ゴムが溶けてしまう場合があります。

 

 

スポンサーリンク

タコ糸はどこで買うの?売ってる場所を紹介

100円ショップ

最近の100円ショップは何でも売っていますね(笑)

もちろんタコ糸も販売しています。

そんなに量がいらないということであれば100円ショップが一番安上がりだと思います。

 

キッチン用品売り場

スーパーやショッピングセンターのキッチン用品売り場でもタコ糸を購入できる場合があります。

 

キッチン用タコ糸として販売されているものもあるので、それを探すと良いでしょう。

 

ホームセンター

タコ糸はホームセンターでも手に入れることができます。

 

もし100円ショップにもキッチン用品売り場にもなければ、ホームセンターであればほぼ間違いなくあると思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・タコ糸を使う理由は、出来上がりの形をきれいに整えるため

・逆に言えば、形を気にしない場合はタコ糸を使わないという選択肢もある

・タコ糸の代用品としておすすめなのは以下の3つ
【ラップ、アルミホイル、太めの輪ゴム】

・タコ糸は100円ショップ、キッチン用品売り場、ホームセンターに行けば手に入る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました