ピュアオリーブオイルとは?エキストラバー ジンとの違いも紹介

豆知識

日本ではオリーブオイルは2種類に分類され、エキストラバージンとピュアと呼ばれるものがあります。

オリーブオイルと言えばエキストラバージンが有名で、使用している方も多いのではないでしょか。

一方ピュアは、あまり名前も実態もあまり知られていません。

いったいピュアオリーブオイルはどんな味なのか、エキストラバージンとの違いについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

■ピュアオリーブオイルとは?

オリーブオイルには独特の香りや苦み、辛味などが特徴ですが、それが苦手という方も少なくありません。

ピュアオリーブオイルは香りが少なく、苦みや辛みが抑えられているので、苦手な方が愛用しているオリーブオイルです。

一般的に、ピュアオリーブオイルはオリーブオイル独特の香りや風味がないので、加熱用に使用され、仕上げにエキストラバージンを使用します。

ですが、繊細な食材の味を邪魔しないため、生食でもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■ピュアとエキストラバージンオリーブオイルの違い

エキストラバージンは、オリーブの実から搾ったオイルをそのまま商品として販売しています。

一方ピュアの場合は、一部のオリーブオイルを精製し、香りや風味を除いたオイルを混ぜて商品にします。

そのため、エキストラバージンよりオリーブオイルの独特の香りや風味が抑えられ、食材の味や風味を邪魔しない優しいオリーブオイルに仕上がっています。

見た目もエキストラバージンと大きく違い、透明に近い色のものから、黄色っぽい色をしていて、エキストラバージンより薄い色をしています。

 

 

 

スポンサーリンク

■ピュアオリーブオイルが合うおすすめ料理

★アヒージョ

オイル料理と言えばアヒージョですね。加熱するため、ピュアオリーブオイルがピッタリの料理です。

オリーブオイルの癖がないので、バケットにたっぷり付けても美味しく召し上がれます。

 

 

★揚げ物

オリーブオイルはコレステロールを下げる効果があるので、健康を気にする方は、揚げ油にピュアオリーブオイルを使うのがおすすめです。

サラダ油よりさっぱりしているので、胸やけや揚げ物特有の重さがない仕上がりになります。

 

 

★マリネやカルパッチョ

生食用はエキストラバージンと言われていますが、ピュアオリーブオイルは癖がなく、食材の味を邪魔しないので、生魚や生野菜にピッタリです。

さらに、オリーブオイルは臭み消しの役割があるので、魚介類との相性がよく、シーフードやお刺身にかけても美味しくなります。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

オリーブオイルは健康や美容にいいので、苦手な方も使いたいと思っている方は少なくありません。

エキストラバージンはオリーブオイルの香りや風味が楽しめますが、逆にそれが苦手な方はピュアオリーブオイルを試してみてください。

ピュアオリーブオイルは料理の味を変えにくいので、ご紹介した料理以外にも、色々な料理に合わせることができますので、活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました