発酵バターの使い方とは?簡単な作り方やおすすめレシピをご紹介

豆知識

商品パッケージによく目にする発酵バターは、日本でも人気があり、様々な食品に使われています。

最近はスーパーでも気軽に購入でき、自家製の発酵バターも作ることができます。

自分でも作ってみたい、いまいち使い道や使い方がわからない方のために、発酵バターの作り方や使い方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■発酵バターの使い方

★トーストやスコーンに

発酵バターはそのままでもバターの香りが強く、トーストやスコーンなどに付ければ、グッと美味しくしてくれます。

スッキリとした酸味もあるので食べやすく、シンプルに発酵バターが味わえるので、1度は試してほしい使い方です。

 

 

★シチューやホワイトソース

発酵バターの芳醇なバターの香りは加熱するともっと香りが立つので、煮込み料理にもおすすめです。

バターを多く使うシチューやホワイトソースに発酵バターを使ったり、ほんの少し加えるだけでもコクや奥深い味わいになり、ワンランク上の仕上がりになります。

発酵バターを使用したルーやソースもあるので、活用してみてください。

 

 

★ホットドリンクに

人気のバターコーヒーとして発酵バターを使うのはもちろん、ココアや紅茶にもよく合います。

ホットミルクに加えると、発酵バターの風味や香りがシンプルに味わえて、濃厚な牛乳のような味わいになります。

 

 

★白米に

バターライスや醤油とバターを白米に乗せるだけで、お米の甘みを引き立たせ、コクが加わわってとても美味しくなります。

シンプルな食材だけなので、発酵バターそのものを味わうことができ、ご飯のお供に最適です。

 

 

★クッキーやケーキなどの焼き菓子に

お菓子作りに欠かせないバターを、発酵バターにするだけで一気に高級な仕上がりになります。

バターを多く使うパウンドケーキやパイ、バターの香りが特徴のクッキーやフィナンシェなど、焼き菓子に使用すると発酵バターのいい香りが持続するので、焼き菓子を作る際は是非使用してみてください。

るんのさぶ(@Junjou__)さん | Twitter
るんのさぶ (@Junjou__)さんの最新ツイート。サブ垢プロセカ多め ((お菓子と料理の本垢➛➛@Junai__))

 

 

スポンサーリンク

■発酵バターの保存方法や気を付ける事

発酵バターは18度を超えると溶けだすので、それ以下の温度で保存し、保存期間を少しでも長くしたい場合は、2~6度で保存するようにしましょう。

さらに室温でもすぐ溶け、出し入れが多いと風味を損なってしまうので室温に放置するのは避けましょう。

発酵バターは香りや風味が特徴ですが、日が経つにつれてどんどん劣化していきます。

そのため多くの商品が賞味期限1ヶ月~2ヶ月とが短いので、鮮度を保つために小分けにして冷凍するのもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■ヨーグルトメーカーで簡単!自家製発酵バターの作り方

【発酵バター】アイリスオーヤマヨーグルトメーカーで手作り発酵バター Yogurt maker cooking

<用意するもの>
・乳脂肪分40%以上の動物性生クリーム・・・1パック
・ヨーグルトメーカー
・ヨーグルト・・・大さじ2

<作り方>
1,容器に生クリーム1パックとヨーグルトを入れ、よく混ぜます。

2,蓋を閉め、27度で8時間にセットして発酵させます

3,発酵が終わったら冷蔵庫でよく冷やします

4,中までしっかり冷えたら、シェイクして完全に分離するまで撹拌します(ミキサーでもOK)

5,固形物と水分が完全に分かれたら、水分を切ったら完成です
スポンサーリンク

■まとめ

芳醇な強い香りとコクのある味わいの発酵バターは、日にちと共に香りがなくなってしまったり、溶けてしまうと劣化してしまいます。

そのため保存方法や取り扱いは普通のバターと違い、賞味期限も短いので、注意点を参考にしてみてください。

ご紹介したおすすめの使い方は他にもたくさんあるので、賞味期限以内に使い切ってしまうかもしれません。

是非色々なレシピを参考に召し上がってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました