めんつゆ大さじ1杯分のカロリー・塩分・糖質とは?おすすめ商品も紹介

豆知識

麺類以外にも色々な料理に使える「めんつゆ」は、ご家庭でも重宝する調味料です。

ですが、混合調味料なので、塩分・糖質が気になったり、それに伴ってカロリーってどうなんだろうと思う方も多いと思います。

そこで、めんつゆの塩分・糖質・カロリーと一緒に、おすすめの商品をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■めんつゆ大さじ1杯のカロリーはどのくらい?

めんつゆの原料はかつおや昆布のだし、醤油や食塩のため、脂質がほとんど含まれずカロリーが低い調味料です。

醤油とカロリーがあまり変わらず、めんつゆにはだしの旨味や豊富栄養成分が含まれていますが、使いすぎには注意しましょう。

・ストレートタイプ:8kcal

・3倍濃縮:18kcal

 

 

スポンサーリンク

■めんつゆ大さじ1杯の塩分量はどのくらい?

塩分が多い調味料の代表とも言える醤油は、大さじ1杯に含まれる塩分量は2.8gで、めんつゆの方が断然低くいのがわかります。

ですが、めんつゆはそばやうどんのつけ汁に使用することで、1食で摂取する量が多くなりがちなので、めんつゆを使う時は量に注意して使用しましょう。

・ストレートタイプ:0.6g

・3倍濃縮:1.8g

スポンサーリンク

■めんつゆ大さじ1杯の糖質量はどのくらい?

めんつゆの原材料には、砂糖やみりんが含まれているので、糖質が高くなります。商品によって差が激しいので、購入の際は確認しましょう。

また、糖質オフのめんつゆも販売されているので、上手く活用してみてください。

・ストレートタイプ:1.6g

・3倍濃縮:3g

 

 

スポンサーリンク

■カロリー・糖質・塩分が気になる方に人気のめんつゆを紹介

★糖質0つゆ(紀文)

3倍濃縮の100mlの糖質が0gのめんつゆで、それに伴いカロリーも100ml13kcalと低カロリーになっています。

ダイエットや健康を意識して、糖質をやカロリーを気にしている方にぴったりのめんつゆです。

 

https://item.rakuten.co.jp/kibun-shop/720890/

 

 

★本つゆ 塩分・糖質オフ(キッコーマン)

濃縮4倍のめんつゆで、大さじ1杯のカロリー13kcal、糖質2.2g、食塩1.2gと、満遍なく40%カットされた商品です。

さらに、だしの量が通常の1.5倍なので、しっかりとしただしの旨味が感じられるので、深い味わいの料理が作れます。

 

https://item.rakuten.co.jp/soukai/4901515006180/?gclid=EAIaIQobChMIhNPX7ZbO8AIVQ5_CCh3uXg9EEAQYByABEgJuUfD_BwE&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868&icm_cid=759360713&icm_acid=330-744-2500&icm_agid=43773332761&gclid=EAIaIQobChMIhNPX7ZbO8AIVQ5_CCh3uXg9EEAQYByABEgJuUfD_BwE

 

 

★50%減塩 3倍濃縮だしつゆ (ヤマキ)

3倍濃縮のめんつゆですが、塩分量大さじ約0.8gとストレートタイプと同じ塩分量です。

醤油の代わりとして使う場合も減塩になり、使いすぎは禁物ですが、希釈しなくても安心して使える減塩めんつゆです。

 

https://item.rakuten.co.jp/soukai/60112/

 

 

■まとめ

ダイエットや健康を気にする方が年々増加し、調味料選びにこだわっている方も多いと思います。

特にめんつゆは麺類のつけ汁やそのまま食材にかけたりするため、一度に摂取する量が多くなる傾向があるので、使う量に注意しなければいけない調味料です。

減塩やカロリー糖質オフの商品を使用すれば、手軽に安心して料理が楽しめるので、ぜひ活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました