ケッパー(ケイパー)の代用はこれ!家にあるモノで代わりを見つける!

スポンサーリンク
代用・食品

フランス料理イタリア料理といった洋食が身近になってきた近年では、それまで見たことも聞いたこともない食材や香辛料がレシピに記載されることもしばしば。

「ケッパー」もその一つ。ワンランク上の料理を作ろうと思った時、レシピに「ケッパーを少々」と記載されていることがあります。

しかし、馴染みのない食材なので、近くのスーパーで売っていないこともあります。わざわざ買いに行くなんて手間のかかることしたくありませんよね。

そんな時は、ケッパーの代用品を使ってみるもの一つの手ですよ。

 

今回は、そんなケッパーの代わりになってくれる食材や調味料が7つご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

■ケッパー(ケイパー)ってそもそも何??

ケッパーとは、地中海沿岸原産に自生しているフウチョウソウ科の低木のことです。ケイパーのつぼみを酢漬けしたものが香辛料として一般流通されています。

別名「ケーパー」、「ケイパー」、「カープル」とも言われ、日本名では「棘風蝶木トゲフウチョウボク」や「西洋風蝶木セイヨウフウチョウボク」と呼ばれています。

特有の風味と酸味があり、料理の隠し味としてサラダやパスタ、魚料理など様々なものに使われます。

ポン酢やダシを入れる感覚に近いですね。

そんな万能香辛料のケッパーですが、発祥の地ギリシャでは酢漬けより塩漬けの方が主流です。好みにはなりますが、酢漬けに比べ、塩漬けの方が酸味が少なくて物足りなさを感じるかもしれません。

日本では、塩漬けを滅多に見ないのですが、もし塩漬けのものを使うとしたら、塩抜きが肝心です。

塩分濃度が非常に濃いので、何度か水を入れ替えながら塩抜きを行うと良いです。塩加減を調節しながら、お好みの味にしてみてください。くれぐれも塩分の摂り過ぎにはご注意ください。
↓ケッパーはどんな味がするのか入れることでどんな効果が得られるのかをまとめた記事はこちら
スポンサーリンク

■ケッパーの代用

さて、ここからは、ケッパーの代用品をご紹介していきます。
いつも冷蔵庫に入っているもので代用できるので、気軽に取り入れることができますよ。

★代わり1 ピクルス

ピクルス」には、ケイパー同等の酸味があります。また、ピクルスは、野菜を刻んで酢漬けしたものなので、食感も似ています。

https://twitter.com/sayurix5/status/1023899735596261376?s=21

キュウリや玉ねぎ、レンコンなどいつも使っている食材で代用できるますよ。

みじん切りにすると、よりシャキシャキした食感を楽しめます!!

 

★代わり2 ラッキョウ

カレーに使われる「ラッキョウ」でも代用できます。
ラッキョウもピクルスと同じく細かく刻むと良いです。

 

ラッキョウは甘酢漬けをしているので、少し甘味もあります。
見た目が白いのでケッパーとは異なりますが、味や食感はケッパーの代わりとしてぴったりです。

 

★代わり3 玉ねぎ+きゅうり+お酢

「玉ねぎ+きゅうり+お酢」は、想像するだけで酸っぱさが感じられますね。
漬物として使われている食材や調味料なので、もちろんケッパーの代用としておすすめです。

お酢はお好みで濃さを調節しましょう。

 

★代わり4 漬け物

特にじっくり時間をかけて作った「ぬか漬け」がおすすめです。

ぬか漬けは、野菜の栄養素を高める効果があり、健康にも良いです。

塩をたくさん漬けるため、使用前には塩抜きが必須になります。
水を入れ替えながら、塩分を落としていきましょう。

 

★代わり5 オリーブ

食品だけでなく、スキンケアとしても使える「オリーブ」。
特にグリーンオリーブは、色合いが似ているので、見た目もケッパーの代わりとして楽しめますよ。

やや苦味のあるフルーティーな味わいなので、味に関してもケッパーのそのものです。

オリーブからできるオリーブオイルについての記事詳細をまとめました

 

★代わり6 梅干し

「梅干し」もご飯に添えることでアクセントになったりと、付け合わせにはぴったりの食材です。

 

特にカリカリ梅は、食感もケッパーに近いです。火を通すと、よりケッパーに近い歯ごたえを感じることができます。

 

★代わり7 みょうが漬け

「みょうが」は漬け物にすることでケッパーの代わりとなります。
夏野菜として冷麺やパスタに使えます。爽やかな風味で暑い夏にぴったりの味わいになります。

https://twitter.com/r_yukari_n/status/1270574285640200198?s=21

 

 

スポンサーリンク

■用途で使い分ける

ケッパーの代わりとなるものは様々ありますが、それぞれ使い分けが大切になってきます。

例えば、魚料理はレモン汁オリーブを、和食は山椒の酢漬けと言ったように相性の良い組み合わせがあります。

その食材の特徴を上手く掴んで、料理に取り入れてください。

ケッパーを使うよりもあなた好みの仕上がりになるかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・ケッパー(ケイパー)は、地中海沿岸原産に自生しているフウチョウソウ科の木を酢漬けしたもの。
・特有の風味と酸味があり、料理の隠し味としてサラダやパスタ、魚料理などに使われる。
・なかなか手に入りにくい。
・ケッパー(ケイパー)の代用品は、以下の7個。
【ピクルス、ラッキョウ、玉ねぎ+きゅうり+お酢、漬け物、オリーブ、梅干し、みょうが漬け】
・料理のジャンルで使い分ける。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました