アマニ油の効果と味について<魚の代わりになるってほんと? 徹底紹介>

スポンサーリンク
代用・食品

体にいい油として「アマニ油」が注目されています。アマニ油ってどのような油か知っていますか?

「何となく体によさそうだけど、何からできているのかわからない」

「どのような効果があるのか、はっきりわからない」

そんな声も多く聞かれそうですね。今回は、そんなアマニ油の効果を徹底解説します!

 

 

スポンサーリンク

■アマニ油の効果・味

まず、何からできているのかわかりますか?

アマニ油はアマ科の植物「亜麻仁あまに」の種から採れる油です。

最近注目されるきっかけとなったのは、「オメガ3脂肪酸(αーリノレン酸)」の含有量が豊富ということから。

油と一口にいっても種類はさまざまで、それぞれ特徴や効果が異なってきます。オメガ3脂肪酸は体内で合成できないので、食べ物から摂り入れるしかありません。

この脂肪酸は青魚に多く含まれていますが、現代人は昔に比べて魚を食べる量が明らかに減っています。

住まいによっては焼き魚を焼くことさえままならない、なんていうところもあるようですね。

そのような、時代背景からこの良質な油は現代人には足りていないのが現状です。

そこで、注目されたのがアマニ油やエゴマ油といった、オメガ3脂肪酸の含有量が多い油なのです。

オメガ3脂肪酸は血管や血液を健全に保つはたらきが望めるため、コレステロール値の正常化や心臓の病気などのリスクを減らせることが期待できます。

また、アレルギーを抑えるはたらきも見られることから、アレルギーの諸症状の軽減に役立つと考えられています。

腸内環境を改善するはたらきも期待できるので、便秘や下痢といったお腹の不調が気になる人にはいいですよね。

他にも肌荒れや脳の発達まで望めるのですから、年齢問わず摂り入れたい油なのです。

アマニ油の味は少し癖があり、苦みが強いと言われています。

 

 

スポンサーリンク

■ アマニ油はダイエットにいい?

油とダイエットはまるで対極にありますが、適度に摂るとダイエットの補助として手助けしてくれます。

まず、腸内環境が改善されることで体の老廃物も溜まらなくなり、ポッコリお腹が凹む可能性が見込めます。

また、血管を健全にして血行を促進するはたらきがありますので、代謝がアップする効果も望めます。

代謝がアップすれば食べたものが燃焼されますので、ダイエットにはうれしい効果ですよね。

そうはいっても油であることに変わりはありません。

100gあたりのカロリーは921kcalと、他のサラダ油やオリーブオイルといったものとほとんど違いはありません。

ご飯1杯は168kcalですから、決して低くない数字ですよね。

毎日小さじ1杯(4g)であれば約37kcalですから許容範囲だといえます。体にいいといって食べ過ぎに気をつけないと、ダイエットどころか逆に太ってしまいます。

バランスのいい食事を心がけながら、それに少量プラスする、という考えが大事ですよ。

 

 

スポンサーリンク

■ アマニ油はなぜ魚の代わりになるの?

アマニ油には直接魚と同じ栄養素が含まれているわけではありませんが、体内で合成されることによって魚に含まれるDHAやEPAに変換できるものがあります。

それは、「αーリノレン酸」です。オメガ3脂肪酸には青魚に含まれるDHAやEPAと、アマニ油やエゴマ油のような植物性に含まれるαーリノレン酸があります。

αーリノレン酸が体内に入るとDHAやEPAに変換されるとの報告があるため、魚を食べて摂れる栄養も摂り入れられます。

代謝の制約を受けるため、100%変換されるわけではありませんが、補助的な役割は果たしてくれそうですよ。

 

 

スポンサーリンク

■アマニ油は熱に弱い

アマニ油は酸化しやすい特徴があるため、熱にはとても弱い油です。熱を加えてしまうと、魚のような生臭い臭いが出て食べづらくなってしまう場合も。

最も怖いのは、酸化することによって有害な油に変わってしまうことです。

酸化した有害な油は、血液をドロドロにしてしまったり、消化不良をおこして胃腸に悪い影響が出てしまうこともあります。

健康のためと思って食べているアマニ油を、わざわざ体に悪い油に変えて食べることはないですよね。

油というと炒め物に使いたくなってしまいますが、効果を活かすためには生でそのまま、何かにかけて食べるのがおすすめです。

サラダのドレッシングに足してみたり、ヨーグルトや毎日のおかずに少し垂らすだけで大丈夫です。

1日の量は小さじ1杯で大丈夫なので、いつもの食事に簡単に摂り入れられますよ。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

アマニ油の効果や上手な摂り方はおわかりいただけましたか?

● オメガ3脂肪酸がたくさん含まれている
● 血管や血液のはたらきをよくすることが期待できる
● オメガ3脂肪酸(αーリノレン酸)は体の中でDHAやEPAに変換される
● カロリーは高いので食べ過ぎに注意
● 加熱はNG!生で食べること

油と一口に言ってもなかなか奥深いですよね。成人病の原因が油脂の摂りすぎでもあるのに、それを油で回避できるというのもなんだか不思議な感じがします。
それほど、現代人の食生活は栄養のバランスが悪い、ということ。
さまざまな食材をうまく組み合わせて、バランスよくなんでも食べるのが望ましいということですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました