ハンバーグ玉ねぎなしでもOK!玉ねぎの代わりになるかさましレシピ紹介

代用・食品

ご家庭でも、お店でも、玉ねぎをハンバーグに入れるのは一般的で、料理番組はネットのレシピにも必ずと言っていいほど使われます。

でも一方で、主張が強い野菜の玉ねぎが嫌いなお子さんは多く、大人の方でも懸念する方もいます。

なぜ玉ねぎなのか、なんのために玉ねぎを使うのか明確な理由を知らない方が多いと思います。

その理由がわかれば嫌いなお子さんでも食べれて、むしろ玉ねぎを使うより代用したものの方が好きなハンバーグが見つかるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

■そもそもなんで玉ねぎを入れるの?

★飴色玉ねぎを使った時

そもそも、玉ねぎは糖質の多い野菜で加熱すると甘くて美味しくなります。

でも実は加熱によって、余分な水分や、辛味成分のアリシンが飛び、甘味を感じるようになります。

短時間の加熱でも十分甘味が出ますが、じっくり炒めることにより茶色く色づいた飴色玉ねぎができます。

これはメイラード反応という化学反応を起こしているためです。

玉ねぎに含まれるアミノ酸やたんぱく質と糖が結び付き、加熱で水分が抜け、旨味が凝縮された塊になります。

トースト、おせんべい、お肉やお米の焦げって、美味しいですよね。

それも同じメイラード反応によるものです。

ハンバーグに飴色玉ねぎを入れるのは、この旨味をプラスするためなのです。

 

 

 

★生のまま使った時

生のまま練り込むと肉の臭み消しになり、ハンバーグを焼いたときに加熱されることで、程よく甘味が増し、玉ねぎから出た水分がお肉をふっくらさせ、肉汁と混ざり脂っこさを軽減してくれるので、さっぱりとしたハンバーグに仕上がります。

 

玉ねぎの食感にアクセントが出るみじん切り以外に、すりおろしを使用したり、練り込まずスライスした玉ねぎを、ハンバーグの下に敷き、蒸し焼きにしたりと、玉ねぎの役割は同じでも、色々な焼き方があります。

 

 

★節約

玉ねぎを使ったハンバーグは旨味とコクがプラスされるだけでなく、玉ねぎを増やすことで節約にもなります。

老若男女問わず好きなものの大定番で、特に小さいお子さんや成長期のお子さん、食べ盛りのお子さんは、大きなハンバーグが出てきたら大喜びされること間違いないですね。

 

 

★ダイエットや健康面

低カロリーなもので、かさ増しすることで、脂っこさをなくし、ヘルシーに仕上がり、他の栄養素も摂取できる。

ダイエットでカロリーを気にする女性や、胃や腎臓に負担がかからず、お肉を制限されてる方など、健康面で気を付けている方でも、旨味を出す玉ねぎを加えることで、満足感があるお肉料理が味わえます。

 

 

スポンサーリンク

■ハンバーグの玉ねぎの代用

★キャベツ

キャベツも玉ねぎと同じく加熱すると甘味が増し、水分が多い野菜です。

玉ねぎ独特の香りもなく、家庭に常備していることが多い野菜として、玉ねぎの代わりに使うのにはもってこいの食材だと思います。

 

★もやし

もやし自体に独特の味もなく、色々な料理に応用でき、とっても安いので、家庭でも大活躍の市食材ですね。

もやしは加熱してもシャキシャキ感があるので、食感がアクセントになり、普段とは違ったハンバーグになります。

 

★セロリ

セロリは繊維質なのでダイエットの方や、野菜をあまり摂らない方、便秘の方におすすめです。

セロリの風味や、コンソメにも使われるセロリには旨味があり、美味しさがアップします。

 

★パン粉 多めに入れる

つなぎとしてパン粉は使いますが、パン粉を多くするとふっくら仕上がり、かなりのかさ増しになり、食べ応えある逸品になります。

 

パン粉が肉汁を吸うことで、旨味が逃げずジューシーになり、揚げ物では大活躍ですが、普段使うことが少なく、ご家庭に余ってることも多いと思います。

とてもお財布に優しい食材なので、いざというときにおすすめです。

 

★豆腐

節約や、健康面を考えて、ハンバーグのタネに豆腐を入れる方も多く、豆腐ハンバーグのメニューが出るくらい人気ですよね。

ダイエットしてるけどたんぱく質摂りたい方や、年々増加傾向にあるヴィーガンの方、がよく豆腐を利用しますね。

ヘルシーだけど、野菜よりも食べ応えあるハンバーグになるので、男性にも食べ盛りのお子さんにもおすすめできます。

https://twitter.com/jing1809t/status/1285127245737033729?s=20

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

玉ねぎを使ったハンバーグも美味しいですが、他の食材でも十分美味しいハンバーグになり、食材次第で、普段とは違うハンバーグが味わえるので、是非お試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました