「洗剤手荒れ」が辛い!食器用洗剤の代用はできるのか徹底紹介

代用・生活

秋から冬にかけて食器を洗うと手が荒れることないですか?
ガサガサするだけでなく、赤くなったりヒリヒリしたりとひどい状態になることも。
油汚れを落とそうとお湯を使うと、とくにひどくなりますよね。
そんな食器洗剤による手荒れの原因と、ケア方法、代用できるものがあるのかを今回は解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

食器用洗剤による手荒れの原因

食器用洗剤を使うことで、汚れだけではなく肌に必要な皮脂なども落ちてしまいます。
本来落とさなくてもいいものまで落としてしまうため、皮膚を保護する機能が衰えて手荒れが起きてしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

手荒れのセルフケア

手荒れを防ぐためにはどのようにすればよいのでしょうか。また、手荒れが起こってしまった際の集中ケアも紹介します。

 

洗剤になるべく触れないように手袋をする
手荒れの原因の洗剤を手につけないためには、手袋が有効です。手袋のゴムにもかぶれてしまう、という人は綿のインナー手袋をしたり薄手のポリエチレン性のものを使うといいですよ。

 

お湯ではなく水、もしくはぬるま湯を使う
お湯は汚れ落ちがとてもよいですが、余計な皮脂も洗い流してしまいます。水洗いだとスッキリしない、という場合はぬるま湯を使うようにしましょう。

 

食器洗いはなるべくすばやく行う
いつまでも洗剤成分が肌についていると、刺激を受けやすくなってしまいます。洗剤をつけて洗う時間とすすぎ時間をわけて、全部の食器を洗い終わってからすすぐようにすると時間がかからず、洗剤が手に触れる時間も減りますよ。

 

肌にやさしい洗剤を使う
界面活性剤が含まれていない洗剤を使うというのも手です。成分にも注目してみましょう。「弱アルカリ性」は洗浄力が強いですが、肌への負担も高めです。「中性」や「弱酸性」の表示があるものを選ぶこともできますよ。

 

すぐに保湿ケアをする
尿素やヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分が入ったハンドクリームなどをこまめに塗るとずいぶん違ってきます。お風呂上りなど手が温まっている状態は血行が良くなっているので、成分が浸透しやすくなっていますので、お風呂上りもしっかり塗りましょう。

 

ひどい手荒れには
まず、せっけんやハンドソープで汚れを落としてから、上でのせた保湿能力の高いハンドクリームを厚めに塗って、ビニールの手袋をはめます。
ハンドクリームでパックをするイメージですね。これでガサガサした状態からしっとりするはずです。

皮膚がぱっくり割れていたり、血が出るような状態になっているときはセルフケアにとどまらずに、すみやかに皮膚科を受診しましょう。場合によっては洗剤以外の物質が原因になっていることも考えられます。
食器洗いだけではなく日常生活にも支障がでてしまいますので、「たかが手荒れ」とあなどってはいけませんよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

食器用洗剤の代用品

油汚れがないような洗剤であれば、何かほかの物で代用できるといいですよね。
いくつか上げて特徴を調べてみましたので、紹介します。

☆ 重曹

重曹は弱アルカリ性のため、油汚れのような酸性の汚れも落としてくれます。ザラザラしているのでフッ素加工といった表面に加工がしてあるものは傷がつきやすいので、気をつけましょう。

 

☆ セスキ

最近よく聞かれるようになったセスキは油汚れを電解水によって分解してくれます。重曹も成分に入っているため、プラスチックのようなものでもスッキリ洗い上げられる優れモノです。

 

☆ ハンドソープ

手を洗う洗剤なのだから代用できるのでは、と思いがちですが実は代用にはあまり向きません。ハンドソープには香料が入っているものが多く、食器に香りが移ってしまうことがあるからです。

どうしても、というときはすすぎに時間を多く使って香りがついていないことを確認しましょう。

☆ せっけん

せっけんも食器用洗剤の代用として使えますが、いくつか注意することがあります。ハンドソープ同様香りが強いものは、食器ににおいがつかないように、よくすすぐ必要があります。

もう一つはせっけんの場合、まとめてすすぎができないということ。せっけんの特徴でもあるのですが、泡がついた状態で水がかかるとそれまで閉じ込めておいた汚れが泡からはなれてしまい、また食器についてしまうのです。

この2点に注意すればしっかりと汚れを落としてくれますよ。

 

☆ ボディソープ

ハンドソープ同様、あまり代用に向いていないものです。

食器へのにおい移りもありますが、ボディソープには肌を保護する成分が入っていることがほとんど。皮脂膜を保護する成分が食器に残ることもあるので、使わない方がよさそうです。これしかない場合は、しっかりすすぎをしてくださいね。

 

☆ シャンプー

汚れを落とすという役目は果たしてくれますが、やはり香りの部分が気になります。使うときはしっかりすすぎをしましょう。

 

☆ 漂白剤

漂白剤には塩素系と酸素系がありますが、酸素系であれば穏やかに汚れを落とすことができます。洗い桶の中に適量を入れてつけ置きをすれば、サッと汚れを落とすことができます。

 

☆ クレンザー

泡立ちは期待できませんが、クレンザーでも汚れを落とすことができるので代用できます。ほとんど成分が変わらないため、油汚れもしっかり落としてくれるはずです。

違いは研磨剤が入っているかどうかの差です。デリケートで傷がついてほしくない食器には使用を控えたほうがいいですが、陶器などは茶渋もしっかり落としてくれます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

洗剤による手荒れのケアと代用品について解説しました。

● 手荒れの原因は必要な皮脂を落としてしまうことにより、肌のバリア機能が落ちてしまうから
● 保湿用品をこまめに使ったり、洗剤を変えることで手荒れを防ぐことができる
● 皮膚が割れるようなひどい手荒れは病院へ行くこと
● 代用品は向かないものもある

ハンドソープやボディソープが向いていないのはちょっと意外でしたね。普段から家においてある人も多いと思うだけにちょっと残念です。でも、香料や余計な成分が入っていなければ大丈夫かもしれません。
天然成分で重曹も代用できることがわかりましたが、ほかにも洗浄力はかなり劣りますが、米のとぎ汁や塩、なんていうものも使えるようです。
毎日使うものなので切らせたくない、食器用洗剤ですがもし切れてしまったときは自分に合った方法で代用できるといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました